FC2ブログ
家計簿節約隊の節約術で貯金を増やそう!
家計費を節約するための節約術を通して預金の増やし方をお教えします。

家計簿の簡単な付け方(家計簿節約術→貯金)/家計を助ける節約サイト



毎日の家計費の節約ご苦労さまです。

ここらで一度原点に帰って、足元も見直してみましょう。

まずは家計費の現状分析です。

家計簿をきちんと付けられてる方は比較的簡単かもしれません。

家計簿を付けてない方もこれから1ヶ月間下記の要領で家計簿を付けてみてください。

まずは己を知るところからはじめましょう。

新しい発見があって楽しいかもしれません。

あらかじめ家計費の性質に応じ下記ように分類して家計簿をつけます。

まず固定費と言われ額が変動せず、削ることが出来ないだろうと思われてい るモノです。

具体的には、住宅ローン、家賃、保険料、給食費、NHK・BS・WOWOW料金

新聞代、 夫の小遣いです。

次に準固定費と呼ばれるモノで、主として水道光熱費で、個別に水道代、 電気代

ガス代と分けて記入しましょう。

次に準変動費と呼ばれるモノで、主として電話等の通信費です。

固定電話代、携帯電話代(1台づつ)、プロバイダー代は固定費へ。

次に変動費と呼ばれるモノです。

食費、日用品、ガソリン代、被服費、交際費、外食代、病院代、理美容院代

レジャー代、雑費です。

最後に費目毎に集計して眺めてみましょう。

あらためて感じる部分があると思います。

そうです。

使いすぎている費目、もう少し節約出来る費目等

きっと見えてきます。

家計簿節約隊の節約術で節約出来たお金を貯金に回しましょう!


家計を助ける節約サイト




マイナス金利と住宅ローン(家計簿節約術→貯金)/家計を助ける節約サイト


マイナス金利になっても住宅ローンの見直し方の基本は変わりません。

ブログで自分の家の家計簿を紹介している人達が多くいらっしゃいますが、

やはり住宅ローンは家計費の中でもかなりのウエイトを占め、金額も50,000円

~80,000円といった具合に高額です。

住宅ローンの節約術としては2つの方法があります。

繰り上げ返済とローンの借り換えです。

1.繰り上げ返済

繰上げ返済とは毎月の返済とは別に元金の一部を返済することです。

これにより返済した元金に当たる分の利息を節約出来ます。

繰り上げ返済には、返済期間を短縮する「期間短縮型」と

毎月の返済額を減らす「返済額軽減型」がありますが、

利息を減らす効果は「期間短縮型」の方が高いです。


ではどの位効果があるか見てみましょう。

借入金3,000万円 当初の返済期間35年 金利2% 

ボーナス時の返済無しの場合です。

10年後に300万円繰り上げ返済>すると

「期間短縮型」で返済期間を4年短縮出来

総利息額は約170万円の節約となり

「返済額軽減型」では毎月返済額を

12,000円ほど減らせ、総利息額は約80万円の節約となります。


もうひとつ大切な事として、繰り上げ返済は早くこまめにすることがお得です。

10年後に300万円より、5年後150万円で10年後150万円の方が

20万円ほどお得になります。

2.借り換え

借り換えのメリットは上述の繰り上げ返済には及ばないまでも、繰り入れ返済資金

のない人には有効な方法です。


上記と同じ3,000万円の借入金で金利差0.5%、残りの借入期間25年とした場合

180万円近く利息額が浮くことになります。

但し、登記の手数料等が60万円ほどかかりますので

ネットで120万円>とこでしょう。

月額4,000円の削減になります。


それでは借り換えを行うのに最適な金融機関はどこでしょう。

次の3点を考慮に入れて選んで下さい。

①保証料がかからない。

保証料を金利に置き換えると0.2%位になります。

保証料のかからない金融機関をお選びください。

②繰り上げ返済をするのに金額等の制限がない。
ネットからでもいくらからでも返済が出来、どこのATMからも手数料

がかからない金融機関がいいですね。

③フラット35への借り換え

今話題のフラット35ですが、これは「団信」が0,3%位かかるので、

下手をすると金利差を打ち消してはしまうので注意を要します。

ネットで「住宅ローン借り換えランキング」が掲載されているので

以上の点に御注意され参照してください。

家計簿節約隊の節約術で節約出来たお金を貯金に回しましょう!

家計を助ける節約サイト

長期のキャッシュフロー表でお金の大切さを知ろう!(家計簿節約術→貯金)



今日は「キャッシュフロー表」のおさらいです。

会社に勤めている方または会社に勤めたことのある方なら

ご存知だとおもいます。

簡単に言いますと、現金ベースで収入や支出を記載し、お金

の流れを見るものです。

これを家計にも応用してみては?というのが今日の節約術の

テーマです。

このブログでも度々紹介しましたが、、各年代別に見て見ても

意外と貯金の出来てない方がいらっしゃいます。

家計のキャッシュフロー表を作ることで、貯金の必要性に気付いて

欲しいです。

このキャッシュフロー表の使い道は2つあります。

1つは、ご主人ないし奥さんが65歳になるまでの長期(1年単位)

のもの、もうひとつは1年毎の予実(予算と実績)対比です。

以下がキャッシュフロー表の項目です。

・収入  夫の手取り年収+妻の手取り年収+その他の年収
・支出  生活費+住居費+教育費+冠婚葬祭費
*生活費は食費、日用品費、通信費、交通費等わかる範囲で細分化
してください。
・貯蓄  収入-支出

です。

これを作ることにより、いつまとまったお金が必要になるか、具体

的にわかるので、長期に亘りそれに備えることが出来ます。

それと、これを作っている最中に自分の家の家計の問題点が把握

出来るようになり、節約ポイントを捉えることが出来ます。


例えばこんな感じです。

・夫 40歳 年収600万円(手取り480万円)
・妻 38歳 年収200万円(手取り170万円)
・子供 10歳と7歳
・期間は奥さんが65歳になるまでの27年間
・収入は夫も妻も65歳時定年まで、手取り年収変わらず、合計年650万円。
 夫の定年後の収入(年金)年200万円。
・生活費も長男が大学卒業するまで年240万円、次男が卒業するまで
 年207万円、次男大学卒業後年174万円。
・住居費(住宅ローン)は27年間変わらず、年130万円。
・教育費とイベント費合計で次男が大学を卒業するまで合計2,657万円。
・年間収支では27年の間、2度だけ赤字になったが、概ね長男が大学に
 入学するまで100万円強の黒字、長男独立後は200万円、次男独立後
 は350万円の黒字。
・夫67歳、妻65歳時の貯蓄額約5,700万円。

収入・支出の内訳は

収入合計 17,640万円
  収入内訳
(夫の手取り年収)13,050万円
 (妻の手取り年収 )4,590万円
支出合計 11、996万円
   支出内訳
(生活費) 5,829万円
(住居費) 3,510万円
(教育費) 2,177万円
(イベント費)   480万円

ということになります。

私自信の経験によると、50歳までの間に1度だけ赤字に陥りました。

次女の大学入学時です。

長女がまだ大学生だったので、正直しんどかったです。

我が家もそういう経緯を経て節約術を真剣に実践するようになりました。

いかがですか、皆さんも早速キャッシュフロー表を作ってみてはいかが

ですか?

家計簿節約隊の節約術で節約出来たお金を貯金に回しましょう!



貯金をして老後の生活に備えましょう!(家計簿節約術→貯金)家計を助ける節約サイト




このブログでも何回か紹介しましたが、年々各世代の無貯蓄世帯が増えて

います。

金融広報中央委員会の調査では、中高齢者世代の無貯蓄世帯比率は

下記のように推移しています。

(年) 50代 60代 70代
2008 22.2 20.9 19
2010 23.9 20.2 18.7
2012 29.1 23.4 23.9
2014 29.5 28.1 30.5
2015 29.1 30.1 28.6

この表を見ると、50代までに何とか貯蓄をしておかないと、そのままずる

ずると、50代、60代、70代を迎えていることがわかります。

この厳しい現実を直視し、私たちに出来ることは何なのでしょうか?

しつこいようですが、まずは家計の見直しが遠回りのようで近道です。

これも、以前のブログに書きましたが、収入が激減する定年後に慌てて

生活費を切り詰めようとしても、なかなかうまくはいかないと思います。

早くから節約クセを身につけ、少しでも貯蓄を増やし、老後の生活に

備えて欲しいと思います。

月2万円でも、20年で480万円、40年で960万円になります。

節約は早い者勝ち、千里の道も一歩から、継続は力なり 

です。





次に家計の見直し方法です。

①冷蔵庫の中の整理・整頓をする。

②電気料金のアンペアチェックをやってみる。
  その結果可能なら電力会社に連絡して1ランク下のアンペアに変えてもらう。

③使ってない電気製品のプラグを抜く。
  「待機電力」の削減です。

④生命保険の見直しをする。
  近所の「保険ショップ」でも「インターネットショップ」でもいいので見積もりを
  とってみる。

⑤住宅ローン・車のローンを組まれている方は金利の安いところに借り換えが
  可能か探してみる。
  現在借りている金融機関に相談に行くのが手っ取り早いと思います。

⑥自動車保険の見直しをする。
  「インターネット各種見積もりサイト」で見積もりをとってみる。

⑦通信費の見直しをする。
  ショップに足を運びより安いプランがないか相談してみる。

⑧普段から節約したい、ないし節約しなければいけないと思っているアイテム
  を書き出してみる。
*車を持たれている方はカーシェアリングを検討してみるのもいいと思います。

⑨家族会議を開き、これから家族の幸せのために皆で協力して節約していく
  ことを約束し合う。

自分自身の幸せのために「家計簿節約隊の節約術で節約出来たお金を貯金に回しましょう!」


家計を助ける節約サイト



投資信託(家計簿節約術→貯金)家計を助ける節約サイト



前回のブログでこのマイナス金利の時代、株式投資や金投資はなる

べく避けた方がいいと言いましたが、その理由を説明したいと思います。

日銀がマイナス金利政策を行うと発表した直後は、1ドル121円台の

円安になたものの、その後は円高が進み、今や1ドル104円台にまで

なっています。

このように円高が進むと、自動車産業など日本経済を支えている輸出

産業全体の業績が悪化し、当然株価は下落していきます。

そういう意味で、企業の収益力や今後の成長力といった株価に影響を

与える要素の分析が、なかなか我々素人には難しいと思われるから

です。

マイナス金利導入後に金の価格は上昇しましたが、金の価格は基本的

にドルを基調に動いていますので、金相場と為替相場の両方を常に

見なくてはならないので、やはりこの不安定な時代は素人は手を出さ

ない方がいいと思うのです。


そして、私のお勧めは投資信託です。

投資信託のポイントを整理します。

①初心者でも簡単に分散投資出来る。

なかでも、市場全体の動きを示す指数と同じ値動きをする「インデックス

投信」がお勧めです。

②毎月一定額を積み立てる。

価格が上がった時には少ない口数を、下がった時には沢山の口数を

買うことにより、値上がりした時の利益を大きくすることが出来ます。

③長く積み立てを続ける。

短期的には相場次第で目減りする場合もありますが、長期的に過去

のトレンドを振り返った場合、預金よりもいい運用成績が出ています。

1点投信での注意事項です。

投信は買う時に「購入時手数料」が、保有中に「管理費用」がかかり

ますので、出来るだけそのコストの安いものを選ばなくてはなりません。

先に挙げた「インデックス投信」は比較的コストは安いです。

家計簿節約隊の節約術で節約出来たお金を貯金に回しましょう!

家計を助ける節約サイト

プロフィール

長年企業のコストダウンの旗振り役を担い、ミスターコストダウンと呼ばれた経験と知識を家庭の節約術に応用し、節約出来たお金を貯金に回せるようにしたい。

スコーピオンZ

Author:スコーピオンZ
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム