家計簿節約隊の節約術で貯金を増やそう!
家計費を節約するための節約術を通して預金の増やし方をお教えします。

稲盛氏に学ぶ家計費管理のやり方(家計簿節約術→貯金)家計を助ける節約サイト



このゴールデンウイークを利用して、経営の神様と言われている稲盛和夫氏

の本を読み返しました。

稲盛さんの経営手法は一般の家庭にも通用するのではないかと、以前から

思っていたからです。

本を読み終えて私がこのブログで皆さんに紹介してきた節約術とそれを支える

フィロソフィーなるものが、稲盛さんの経営手法と一致していると再確認ができ

ました。

一致しているポイントを要約していきます。

1.稲盛氏は、社員の意識を高めるため、企業の経営状態や実績を社員にも見える

ようにしました。

企業では浸透している「見える化」というやつです。

家庭においても、家計簿や銀行残高を家族全員に公開し、種々の節約術の実践に

協力してもらった方のが、奥さんが一人で抱え込むより、節約術の成果は上がると

思います。

家族も家計の状態を知れば、前向きに節約に協力してくれるようになるからです。




2.稲盛氏は筋肉質経営の大切さを説いています。

奥さん方は節約術というと、すぐにおかずを減らして食費を節約したり、夫の小遣いを

減らしたりしがちですが、これらの行いは家計を不必要にやせさせてしまい、却って

逆効果になってしまいます。

それよりも、家計の大部分を占めている住宅や車のローン、保険などの固定費と言わ

れているものに節約の力点を置いた方が節約術の成果は上がります。

そうすることによって、家計が筋肉質に変わっていくはずです。

3.部門別採算制度の家計への導入

企業では当たり前となっている予算制度ですが、これを家計の応用すると、節約術の

成果はより上がると思います。

決して難しく考える必要はありません。

2番で固定費の節約の重要性に触れましたが、ここでは残りの変動費(財布から日々

払う食費、日用品費等)に対する節約術になります。

月のこれらの予算を組み、仮に10万円だったら、1日当たり3千円と決めて、手帳や

カレンダーに実際に使った金額を書き込み、毎日予算と実績比較を行います。

こうすることにより予算順守の気持ちが強くなり、これを以前私が説明した通り、週

単位で調整することによって家計の予算が無事運営されると思います。

会社も家計も目指すところは一緒だということが、あらため納得した次第です。

家計簿節約隊の節約術で節約出来たお金を貯金に回しましょう!

家計を助ける節約サイト


家計簿節約のための家計簿 (家計簿節約術→貯金)家計を助ける節約サイト


ファイナンシャルプランナーの人で、家計簿は付けなくていいと

おっしゃる方がいらっしゃいますが、私は反対です。


このファイナンシャルプランナーは、家計簿を付けることが目的と

なってしまい、肝心な家計費の節約が二の次になってしまうという

理由でそうおっしゃられています。

果たしてそうでしょうか?

家計簿はどんな形にしろ絶対に付けた方がいいと思います。

1.自分の家の家計体質を知る

よそのうちに比べて食費の割合が多いとか、意外に出納光熱費

を払っているとか、自分の家の家計体質を知らないと、なにに的

を絞って節約を考えるかが分からないと思います。

2.予算を組む

会社では予算というものが必ずあり、これを物差しにして支出等

を管理していくのですが、個人の家庭でも予算があった方が

家計を管理しやすいと思います。

この予算を組む上でも、家計簿があれば作り易いはずです。



3.予算と実績の対比

月毎に予算と実績を比較して、節約が予定通り実行出来ているか

チェックしましょう。

これをやることで、家計の問題点が出て来たリ、次なる節約術

が思い浮かぶかもしれません。

以上の点からも、家計簿は付けた方が断然いいと思います。

食料品の節約術のところで、冷蔵庫内の中身の管理方法として

レシートを冷蔵庫に貼るやり方を紹介しましたが、これはあくまで

冷蔵庫内の管理方法であって、これで家計簿がいらないという

訳ではありませんので。


それではどんな家計簿がいいのでしょう?

それは、これなら続けられそうだなといった、あなたに合った

家計簿がいいと思います。

私の経験からは、最初余り気張らない方がいいかもしれません。

続けることが大切だと思います。

家計簿節約隊の節約術で節約出来たお金は貯金しましょう。

家計を助ける節約サイト

即貯金するには貯金箱が便利です。


在庫=現金の考え方(家計簿節約術→貯金)家計を助ける節約サイト


在庫=現金という考え方をもっと詳しく説明させていただきます。

これも過去のブログのおさらいですが、節約=貯蓄=安心のための大原則ですので

しっかり読んでくださいね。




企業では決算の時、必ず在庫の棚卸しを実際に行います。

そうしないと、利益が確定しないからです。

そして、棚卸しした在庫金額が大きければ大きいほど

利益は大きくなります。

在庫はいずれは売上となり、現金に換わるからです。

ところが、お金に換えることが出来ない在庫=不良在庫

を一杯持ってたらどうでしょう

会社の資金繰りがたちゆかなくなり、

利益は出ているものの、黒字倒産になりかねない。

同じ持つなら、在庫でより現金で持ちたいですよね。

企業が躍起になって在庫削減に取り組んでいるのは

少しでもお金を増やそうとしているからなのです。





大昔は企業の生産計画も月単位で立てられていました。

そうすると、在庫も月単位で持たなくてはいけないので

在庫金額も大きく、ムダも多かったようです。

それが今では、週単位生産は当たり前、

毎日生産計画に挑戦しているところもあります。

在庫も少なくなりますが、物凄い努力が必要です。


冷蔵庫の中を企業の在庫置き場、献立を生産計画

例えると、

その日の献立に必要なものを、必要な量だけ買う。

そうすれば、自然と冷蔵庫の中はキレイになり、

食料品のストックが減った分だけ

財布の中(現金)が増えているはずです。


家計簿節約隊の節約術で節約出来たお金を貯金に回しましょう!

家計を助ける節約サイト





買い物のルール(家計簿節約術→貯金)家計を助ける節約サイト


前回は、「メリハリ」のある消費・支出の大切さと、「整理・整頓」の重要さ

とりわけ、「冷蔵庫内の整理」が大事ですよと述べさせていただきました。

今回は、その「メリハリ」ある消費・支出のあり方を、もう少し詳しく見て

みたいと思います。





10年以上、毎月数万円単位の貯金を継続し、貯蓄額1,000万円以上

達成した人達の「メリハリ」ある消費・支出ルールをまとめてみました。

1.部屋の整理・整頓に心がけ、収納スペースは増やさない。

  必要なモノがわかり、それ以外は買わない。

2.食材は割高でも少量(必要な分)しか買わない。

野菜や肉等使い切れないと結果的に無駄になってしまう。

3.日用品の買いだめはしない。

買い得だからといって、洗剤等の日用品を買いだめしない。

4.クレジットカード払いを極力抑え現金払い主義で通す。

常に財布の中身と相談出来る。

5.保険は必要なモノだけに抑える。

何が必要かはその人の置かれている立場で変わる。

6.セールには極力行かない。

いらないモノまで、勢いで買ってしまうので、極力行かない。

以上は、私が勝手に共通点として感じられたものをピックアップしました。


この中で食材と日用品の買いだめはしないとありました。

この点を私の過去のブログよりおさらいしてみましょう。


これは企業での話しですが

製造業の現場ではジャストインタイムと言って

必要なものを必要な時に必要な分だけ造るのが

コストダウンの王道です。

また、裏方でそれを支える調達部門では

モノを購入する時、必ず行うのが「相見積もり」をとる

ということです。

そして在庫になってはいけないモノは出来れば毎日

少なくとも1週間単位で納品させることが出来るように

発注をかけていく

そのかわり、多少は長く在庫していいものは

ロット買い等して単価を安くさせる。

他にも様々な取り組みがありますが

とにかく不必要な在庫を持たないこと。

このことを念頭に

食料品の購入にはこの3つの方法を当てはめて考えていきたい

と思います。

生産計画が献立、部材の在庫が食料品の在庫とみなします。




そうすると私なりの結論は以下になります。

勿論皆様既にやられていると思いますが、食料品の購入先として

業務用スーパー、大手スーパー、ローカルスーパーの3つを

持っていただきたい。

それを前提にして

①生鮮食料品以外の購入は週1回とする。

②冷蔵庫の棚卸表を見て、1週間の献立を決める。

③それに従い必要な食料品の購入リストを作成する。

④購入場所は業務用スーパーと普通のスーパー2ヵ所にする。

⑤先に業務用スーパーで必要なものを買い揃える。

⑥次に業務用スーパーで揃えられなかったものだけ普通のスーパーで買う
*ここで忘れてはならないのが、1週間分しか買わない
  ということです。
  目玉商品だからと言って余分に買い過ぎないことです。

⑦冷蔵庫に入れる必要のない日持ちするものに限り
  お得な場合に限り多めに買ってもいいでしょう。

⑧生鮮食料品の買い物は鮮度があるので、その都度
  購入するが、必要な量しか買わない。
  その時、他のお買い得商品があったとしても買わない。

要は献立に必要なものしか買わないということです.

そんなこと当たり前じゃない。

そうです。当たり前です。

その当たり前が出来ていれば冷蔵庫の中はキレイに片付いているはずです。


冷蔵庫の中は1週間単位で全て入れ替わる。

冷蔵庫に入れる必要のない食料品も出来るだけ在庫しない。

勿論、献立の変更もあると思いますが、冷蔵庫の棚卸表

と相談して、その場合でも出来るだけその日で使い切る量のみ購入

するようにしてください。


企業は在庫減らしに躍起になります。

在庫=現金という考え方が根付いているからです。

在庫が半分になれば、その分現金が増えるからです。

家庭でも同じです。

必要なモノを必要な時に必要な量だけ購入する。

本当に必要なことです。

是非試してみて下さい。

1か月、あなたの財布に変化がきっとあるでしょう。

家計簿節約隊の節約術で節約出来たお金を貯金に回しましょう!

家計を助ける節約サイト




クレジットカードの使い方(家計簿節約術→貯金)


今日はクレジットカードの話をします。

現在、クレジットカードを利用することが、節約につながる

と思われている方がいる位、多くの方がクレジットカードを

買い物等の支払いに使われるています。




確かにクレジットカードは便利で、ポイントが貯まる等お得な

面もありますが、使い方を間違えば多額の返済に苦しむことに

なるのは周知の事実です。


私は家計費の管理は、あくまで現金主義が基本だと思っています。

クレジットカードの銀行口座での引き落としを、生命保険料等の

定額の口座引き落としと同等に利用しているのなら、問題はないと

思いますが、日用品等の支払いをクレジットカードで支払われる

のは、管理面で問題があると思います。

何故なら、口座引き落としまでの時間差が生じるので、現金以上に

シビアに家計簿で管理しなくてはならないからです。





それでも、どうしてもクレジットカードを利用したいと言う人向けに

「VISAデビットカード」を紹介したいと思います。

このカードは、VISAの利便性と貯金残高内で即時決済が可能なデビットカード

を融合したものです。

貯金残高があれば利用限度額がないので、いくらでも決済が可能ですが、

分割払いは出来ません。

無審査で入れ、24時間利用可能でネット決済にも利用出来ます。

またVISAがついているので、海外での身分証明等にも使えます。


ということで、どうしてもカードが必要な方は「VISAデビットカード」を検討

されたらいかがでしょうか?

家計簿節約隊の節約術で出来たお金を貯金に回しましょう!












プロフィール

長年企業のコストダウンの旗振り役を担い、ミスターコストダウンと呼ばれた経験と知識を家庭の節約術に応用し、節約出来たお金を貯金に回せるようにしたい。

スコーピオンZ

Author:スコーピオンZ
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム