家計簿節約隊の節約術で貯金を増やそう!
家計費を節約するための節約術を通して預金の増やし方をお教えします。

2018年度施行の税制改革 家計への影響と対策(節約術→貯金)

今日のAllaboutのマネー系の記事で来年度から発する税制改革について触れていました。

私も、随分と前になりますが、このテーマについて例を挙げて解説しています。


スポンサーリンク


パート収入の俗に言う103万円、106万円、130万円の壁に加え、あらたに150万円という壁が出来ます。

今まで配偶者控除を受けられる主婦の方の年収の上限を103万円としていたものを、150万円に引き上げようとするものです。

そうなると、どのような問題が生じてくるのでしょう。

前回のぶろぐを参照していただき予想される問題に備えていただきたいと思います。

この壁とは主に税金の壁と社会保険料の壁のことです。
(税金の壁のときは、通勤費を入れない年収で考えますが 社会保険料の壁のときは、通勤費を含む年収で考えます)

一般的には、妻のパート収入が103万円を超えても世帯手取りは 減少しませんが、130万以上になると妻に社会保険料の負担が 発生するため、収入が増えても逆に世帯年収は減少します。

収入が増えても貰える現金が減るのは、節約術→貯金の逆パターンですね。

詳しくは、夫の職業、所得、配偶者手当によって、壁の影響度合 が決まります。

ケース1.夫が会社員で所得が1,000万円以下
     (年収1,233万円以下)
 パートの壁は130万円
パート収入が130万円を超えると、妻は夫の社会保険から外れ妻も保険料を負担することになるからです。



ケース2.夫が会社員で所得が1,000万円超
     (年収1,233万円超)
 パートの壁は、103万円と130万円の両方
所得が1,000万円を超える夫は「配偶者特別控除」が受けられないので、103万円の壁があります。
130万円の壁はケース1と同じです。

ケース3.夫が個人事業主で所得が1,000万円以下
 壁はありません
夫が自営業者の場合、妻も国民年金の保険料を払っているので、収入の壁はありません。

ケース4.夫が個人事業主で所得が1,000万円超
 パートの壁は103万円
この場合、妻の収入が128万円に達しないと世帯手取りが回復しません。

ケース5.夫の勤務先に配偶者手当がある場合
①配偶者手当の収入制限が103万円の場合
 パートの壁は103万円
  103万円を超えると155万円まで世帯手取りが増えません。
②配偶者手当の収入制限が130万円の場合
パートの壁は130万円
  130万円を超えると175万円まで世帯手取りが増えません。
 
ケース6.新設される106万円の壁
今年の10月より、従業員501人以上の企業では、年収106万円以上のパートも社会保険に加入することになります。
 パートの壁は106万円
  106万円を超えると126万円まで世帯手取りが増えません。

ここまでは、世帯手取りの増減でそれぞれの年収の壁を見てきましたが、社会保険に入るメリットも忘れてはならないと思います。

将来受け取る年金も増えますし、失業の場合の補償にもなります。

じっくり考えていただきたいと思います。

バックナンバー:後悔しない自動車保険の選び方
バックナンバー:後悔しない生命保険の選び方
バックナンバー:住宅ローンの削減
バックナンバー:住宅ローンの見直し
バックナンバー:通信費の節約術
バックナンバー:水道光熱費の節約術
バックナンバー:食料品の節約術

スポンサーリンク



家計簿節約隊の節約術で節約出来たお金を貯金に回しましょう!


家計を助ける節約サイト

収入がいくらあっても貯金も出来ず家計を赤字にしている人達へ(節約術→貯金)

日刊SPAが、収入がいくらあっても貯金も出来ず家計を赤字にしている人達について記事にしているが、その人達に共通して言えることは、計画性がなく、欲望の赴くままに日々の生活を送っているということである。


スポンサーリンク


月収40万円あるのに、支出を51万円してしまう。

年収700万円なのに貯金が50万円しかない。

こういう人達には、やはり貯金作りのためのシステムが必要である。

おさらいになって恐縮であるが、まず最初に銀行口座を3つ作るところから始めたいと思います。

給与等が振り込まれ、そこから家賃や住宅ローン、公共料金の引き落とし及び月々の生活費を引き出すメイン口座。

近い将来使うことを目的としたサブ口座。長期でまとまったお金を貯めるためのもうひとつのサブ口座。

ひとつの口座で入ってくるお金も出て行くお金も管理すると貯める金額のイメージがつかみにくく、無駄な出費をしやすく

なるからです。

この3つの口座をうまく使いたいものです。

スポンサーリンク



何回も申し上げましたが、月々の生活費=給与ー(住宅ローン+公共料金等)ー貯蓄目標額です。

月々の生活費が先にあるのではなく、貯蓄目標額が一番先です。

この貯蓄目標額も2つに分かれます。

1つは近い将来使うことを目的としたもの。家族旅行等が当たるでしょう。

2つ目は長期でまとまったお金を貯めるためのもの。住宅購入資金等が当たるでしょう。

2つ目の口座は定期預金か定積預金がいいでしょう。


家計費の節約・削減は何のためにするのか?

家族皆の幸せのためにするんです。

そのための貯蓄でもあるのです。

バックナンバー:後悔しない自動車保険の選び方
バックナンバー:後悔しない生命保険の選び方
バックナンバー:住宅ローンの削減
バックナンバー:住宅ローンの見直し
バックナンバー:通信費の節約術
バックナンバー:水道光熱費の節約術
バックナンバー:食料品の節約術

スポンサーリンク


お金が貯まらない理由を考えるよりもこのやり方でお金を貯めよう(節約術→貯金)

今日のAllaboutの記事に、お金が貯まらないセリフの順位がのっていました。

1位「今月はたまたま」
2位 「貯まらないんです」
3位 「これには理由が」
4位「今は無理だけど」
5位「ゆっくり考えます」

という順位なのだが、この記事をどういう趣旨で載せたのかはわかりませんが、その理由を知っても、お金を貯めるのに何の役にも立たないと思います。


スポンサーリンク



お金を貯めるには、何度も口酸っぱく言ってきましたが、先取り貯金が一番です。

勤めている会社に財形制度がある人はそれらを利用して、ない人は口座から強制的に引き落とされる定期積み金を活用するなりして、毎月一定額を否応なく貯めていくのです。

その毎月貯める金額は、手取り収入の10%~15%はしたいものです。

その後、日々の生活は、手取り収入の90%~85%でやっていくのです。

月の手取り額でかすかすだった人は、当然10%~15%分節約しなければやっていけなくなります。

スポンサーリンク



それでは、どこを節約したらいいのでしょう?

そのためには、自分がいったい毎月どんなものにお金を使っているのかを知らないと出来ませんよね。

1日これしか使わないといっても、なかなか思うようにはいかないと思います。

ハッキリとした節約アイテムと節約金額がわかれば、効率的にあまりストレスを感じることなく節約出来ると思います。

以下はこのブログのバックナンバーです。

節約アイテムと方法が載っています。

バックナンバー:後悔しない自動車保険の選び方
バックナンバー:後悔しない生命保険の選び方
バックナンバー:住宅ローンの削減
バックナンバー:住宅ローンの見直し
バックナンバー:通信費の節約術
バックナンバー:水道光熱費の節約術
バックナンバー:食料品の節約術

スポンサーリンク






主婦が1000万円貯めた方法(節約術→貯金)




今日は1000万円貯めた主婦の方の貯蓄方法を紹介させていただきます。

この方は「家を持ちたい」という強い思いをベースに貯蓄に励まれました。

確かに明確な目標があると強いでしょうね。

この方の具体的な節約術です。

・食費
節約と健康を考え定食系メニューにした。
惣菜は買わず手作り。

スーパーは出来るだけ1店舗だけを利用する。
         ↓ ↓
ポイントも貯まるし、どこになにがあるかわかっているので時間の節約になる。

まずは見切り品コーナーへ寄ってから買い物。
見切り品コーナーに麺類と魚類があれば買っておく。

ご主人のお弁当は必ず作る。

その浮いたお金は自分へのご褒美にする。
        ↑     ↑
節約・節約だけでは息が詰まり、長続きしない。



・オリジナルの家計簿をつけている
エクセルで独自のものをつくった。
      ↓ ↓
きちんと家計簿をつけると、気が引き締り無駄使いにブレーキがかかる。

・整理整頓に心掛ける
整理整頓を日常の生活にいかに取り込んでいけるかが重要。
私としては、冷蔵庫の中の整理整頓が大事

家の中が整頓されず、ごちゃごちゃしてきてしまうと生活や心の中も乱れてしまい、浪費が増えるような気がするからだそうです。

以上がこの方の主な節約術ですが、この方も節約術を実行に移すにあたり

節約は出来ることから始めてみる

たくさんある節約術を試してみる

自分のオリジナルの節約を自分のライフスタイル に取り入れてみる

とアドバイスされています。

私はこの方の節約術で感心させられたのは、時間を非常に意識されている点です。

いわゆる時短=節約です。

この方の成功は、マイホームを建てるという強い目標達成意欲も勿論ですが、案外ここにあったのではないかと気付かされました。

時間を有意義に使うことは究極の節約術なのかも知れませんね。

家計簿節約隊の節約術で節約出来たお金を貯金に回しましょう!
バックナンバー:節約の第一歩は冷蔵庫の中の整理整頓
バックナンバー:電気料金の節約術

家計を助ける節約サイト

マイナス金利時代を生き抜くための節約術(節約術→貯金)





昨日に続いてマイナス金利についてお話ししたいと思います。

マイナス金利とは民間の銀行が日本銀行に預けるお金の一部にマイナス0.1%の金利が適用されるということで、日本銀行に民間の銀行がお金を預ける際、手数料を支払うことになります。

何故、マイナス金利を実施したかというと、金利を下げることで景気を良くしようとしているからです。

金利が下がる→円の人気が下がり円安になる→海外の輸出が増え企業の業績が良くなる→株価も社員の給与も上がる→消費が活発になり景気が良くなる。

このシナリオを狙っているのですが、実態は円高・株安に向かってしまい、依然消費は低迷しています。


ここからが本題です。

このマイナス金利の環境下でお金をどうやって増やしていったらいいのでしょうか?

結論から申し上げると、「より一層節約に力を入れ、不要不急なものは買わない」 

これを徹底することです。



金利が低いといって、気楽にローンを組むのは控えた方がいいでしょう。

定期預金や定期積金の利息で満足されない方は、株式投資や金投資に安易に飛びつかず、投資信託で一定額、長期間コツコツ継続していく方法をお勧めいたします。

先回のブログで紹介した通り、脅かすつまりはありませんが、ムーディーズのアナリストが「先10年、日本の経済成長はさえない状態から抜け出せない」と発表しています。

この予測は当たらないかもしれませんが、過去の失われた20年を振りかえれば、あながち無視は出来ないと思います。

こんな時代、自分の身は自分で守りましょう。



プロフィール

長年企業のコストダウンの旗振り役を担い、ミスターコストダウンと呼ばれた経験と知識を家庭の節約術に応用し、節約出来たお金を貯金に回せるようにしたい。

スコーピオンZ

Author:スコーピオンZ
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム