家計簿節約隊の節約術で貯金を増やそう!
家計費を節約するための節約術を通して預金の増やし方をお教えします。

世帯貯蓄、4年連続増で過去最高1820万円に(節約術→貯金)




総務省が16日発表した2016年の家計調査(2人以上世帯)によると、1世帯当たりの平均貯蓄額は前年比0.8%増の1820万円だったことがわかりました。

4年連続で増加し、最高水準となった次第です。

これは、将来の不安などを背景に、家計が節約志向を強めたことが影響したとみられるとのコメントがありましたが、まさにその通りだと思います。

1820万円という金額を聞いて、随分凄いなと思われる方が多いと思われます。

そうなんです。全世帯の67.7%は貯蓄額が1820万円を下回っており、貯蓄がある世帯を順番に並べた真ん中に位置する中央値は1064万円だということです。

それにしても、中央値でも1000万円かと思いますね。


世帯主が60歳以上の高齢者世帯では貯蓄額が平均2385万円だそうですから、高齢者世帯が全体を押し上げている状況です。

勿論、高齢者世帯間でも格差があるので、振れ幅は他の世代よりも大きくなっています。



一方、 貯蓄の種類別では、金利低下により定期性預貯金が2年連続で減少する一方、普通預金などの通貨性預貯金は8年連続で伸びているとのことです。

これは、金利が付かないから、普通預金のままにしている結果からだと思いますし、投資信託等の安全な投資へお金を回してないのが、勿体ない気がしますが。

株式など有価証券は微増だったそうです。
 
一方の負債はどうだったかというと、低金利を追い風に住宅ローンを組む世帯が増えたため、40歳未満の世帯で16.6%増加、60~69歳の世帯も12.2%増となり、相続税対策による不動産購入が影響したとみられています。

老後に備えるために最低3000万円は貯畜がないとダメですよと、よくFPや評論家の人が言ってますが、高齢者世帯の貯蓄2385万円ということですから、金額は別にしてもしっかり老後に備えようとしていることがわかります。

逆にこのことが経済の閉塞感を生んでいる要因にもなっていると思いますが、福祉政策の現状を見るに、自分の身は自分で守るという考えになってしまうのは仕方のないことだと思います。

バックナンバー:老後公的年金では足りない10万円を埋める方法
バックナンバー:格差社会、自分の身は自分で守る
バックナンバー:老後破産を防ぐために
バックナンバー:、老後お金で苦労しないために準備すること
バックナンバー:、低収入でも貯金が出来る人の特徴





人生後半に破裂する5つの巨大爆弾とその対処法(節約術→貯金)/家計を助ける節約サイト




今回も雑誌プレジデントの11月14日号から題材を
とらせて頂いております。

題して「人生後半に破裂する5つの巨大爆弾とその
対処法」です。

一つ一つ見ていきます。

①介護・医療費
これは、既にニュース等で報道されているのでお分かり
だと思うが、制度改革の進展で、自己負担額が倍増に
なりかねない。
          ↓    ↓
・自分が利用出来る公的医療制度を調べる。
・子ども等同居家族と世帯分離して、医療費や介護保険料
 を節約する。
・一番いいのは、病気にかからないよう気をつけて、定期的に
 健康診断を受け、重症化する前に病気を見つけること。

②年金はたん
このことも、周知の事実化していますが、当然いきなり
はたんということではなく、受給年齢もも金額も大幅
改悪の可能性大。
          ↓    ↓
・最後の砦は個人年金や確定拠出年金です。
 来年1月より専業主婦や公務員も加入できるようになる
 ので、検討してみてはいかがでしょうか?
バックナンバー:年末調整・確定申告




③熟年離婚
資産半分、退職金も半分。
          ↓    ↓
・対策は奥様を大切に思うことだと思います(ここだけは
 私見です)

④親離れしない子
いつまでもニートの子、離婚した娘の扶養で家計は
赤字。
          ↓    ↓
・スネかじりを作らないためにも、子どものうちから金銭
 教育をすることが重要。

⑤退職金
慣れない資産運用で老後破綻続出。
          ↓    ↓
・姿勢としては守りの方向。
 投資するなら少額を中長期に分散投資する。
・住宅ローンがあれば、退職金を使って完済する。
 その方が利回り的には断然得な場合が多い。

参考にしていただければ嬉しいです。

家計簿節約隊の節約術で節約出来たお金を貯金に回しましょう!

家計を助ける節約サイト
自動車保険について徹底解説しましたのでご一読ください。↓
自動車保険早わかりガイド



老後、お金で苦労しないために準備すること(節約術→貯金)/家計を助ける節約サイト




5日前のプラジデントオンラインに大高さんというファイナンシャルプランナーが「60代・年金150万円、夫のリタイアで貯金切り崩し計」というタイトルで60代の家庭の家計改善について寄稿されている。

その家庭の例では、年金150万円が唯一の収入で、年間140万円の不足となる。

当然その不足額を預貯金の取り崩しで補っているのだが、これでは預貯金がいくらあっても足りない。

人生90年のことを考えると、3000万円は預貯金がないとだめだということになる。

そんな世帯がいったいどれだけあると言うのだろう。

先日引き合いに出した今月号のプレジデントでも、老後特集が組まれていたが、私なりにこれだと思った対策があったので、ご紹介する。




それは、定年後も働いて月10万円の収入を年金の他に得るということである。

なんだまだ働かなければならないのか。不満の声が聞こえそうです。

そうです。働くのです。

プレジデントの記事では、定年後も働くことが出来るように、現役時代に人脈を増やせとか後輩を可愛がれとかアドバイスが書かれていたが、それが出来る人はすればいいと思うが出来ない人でも、働く気があれば、月10万円は難しくはないと思う。

回りを見てみてください。

いかに高齢の方ががんばって働いているか。

月10万円の収入が年金の他に得ることが出来れば、3000万円も預貯金は必要ないですね。

健康管理に気を配り、働ける年を増やしていくことこそ大切なことだと思う。

家計簿節約隊の節約術で節約出来たお金を貯金に回しましょう!

家計を助ける節約サイト
自動車保険について徹底解説しましたのでご一読ください。↓
自動車保険早わかりガイド




お金に困らない生き方(家計簿節約術→貯金)家計を助ける節約サイト




プレジデントの最新号で、「お金に困らない生き方」をテーマに

様々な特集が組まれていました。

その中でも面白いと思った特集は、金持ちじいさんになるのはどっち?

と題して、生き方、お金、健康、情報、食事の5側面より2択の質問に

答えるというものでした。

生き方、①死ぬまで働く②世界一周旅行する

お金、①毎月分配型投資信託をする②定期預金をする

健康、①ランニングをする②健康診断に行く

情報、①SNSを使う②手紙を書く

食事、①漢方薬を飲む②酒を飲む

実際のシニアの富裕層の答えは最後の食事以外は①だそうです。

皆さんも何となく納得されるのではないでしょうか?




死ぬまで毎月お金が入ってきたら、預金がいくらあるなんて、しょっちゅう

気にしていなくていいだろうし、そうして、死ぬまで頭と体を適度に使って

長生き出来れば、最高ですね。

このブログのテーマは「家計簿節約隊の節約術で貯金を増やそう!」と

いうことで、最終的には「お金に困らない生き方」が出来たらいいなと思い

種々の節約術に関するものを紹介してきました。

「継続は力なり」です。

毎月1万円の貯金で、30年後360万円。

今、手元に360万円あったら、どんなに心強いと思われる方は、決して

少なくないと思います。

「継続は力なり、節約も力なり」です。

家計簿節約隊の節約術で節約出来たお金を貯金に回しましょう!

家計を助ける節約サイト


個人年金保険(家計簿節約術→貯金)家計を助ける節約サイト


一週間ほど前のブログで「個人型確定拠出年金」の話を

させていただきましたが、老後の備えとして、もうひとつ

「個人年金保険」がありましたので、今日はこれに

ついて説明したいと思います。




「個人年金保険」は、「個人型確定拠出年金」に比べると

税制メリットにおいてかなり見劣りするので、個人事業主

の人は入っても仕様がないと言う人がいますが、私は

「個人年金保険」を切り捨てる必要はないと思います。

「個人型拠出年金」は60歳までしか入れないのに対し

「個人年金保険」は最長74歳まで入ることが出来ますので

第3の年金として十分考えられてもいい保険だと思います。

勿論、個人事業主以外の会社員の方も検討に値する

保険だと思います。

それでは「個人年金保険」の特徴をみていきたいと思います。

①基本年金額は契約時に確定する。

将来の計画が安心して立てられる。

②他の生命保険と別枠で保険料の税額控除を受けられる。

一般生命保険料控除・介護保険料控除とは
別枠で個人年金保険料の所得控除を受けら
れる。

③年金額をもらう時には所得とみなされる。

年金としてもらう場合には雑所得、一時金
で受け取る場合は一時所得として扱われる。

それぞれ受け取った額から必要経費(支払
った保険料等)を差し引いた金額に税率が
かかるので、ほとんどの場合無税の可能性大。




東京海上日動あんしん生命のパンフレットに「契約例」
が載っていたので紹介します。

・契約年齢 30歳 男性
・月払い保険料 10,000円
・保険料払込方法 月払い(口座振替扱い)
・保険料払込期間 65歳まで
・据え置き期間 なし
・年金種類 確定年金「定額型」
・年金支払い期間 10年間
・基本年金額 451,670円

この例ですと、保険料総額が4,200,000円で年金の総額が

4,516,700円ですので、35年間の総利率が7.5%になり

確かに高利率ではありませんが、65歳以降毎年451,670円

のお金が入ってくるって魅力ではないでしょうか?

毎月10,000円の節約(節約術で)で
挑戦してみるのも価値があると思います。

バックナンバー:確定拠出年金

家計簿節約隊の節約術で節約出来たお金を貯金に回しましょう!


家計を助ける節約サイト





プロフィール

長年企業のコストダウンの旗振り役を担い、ミスターコストダウンと呼ばれた経験と知識を家庭の節約術に応用し、節約出来たお金を貯金に回せるようにしたい。

スコーピオンZ

Author:スコーピオンZ
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム