家計簿節約隊の節約術で貯金を増やそう!
家計費を節約するための節約術を通して預金の増やし方をお教えします。

通販型自動車保険の節約保険料(家計簿節約術→貯金)


通販型自動車保険って本当に保険料が節約出来るのだろうか?

通販型自動車保険の広告を見ると、私の自動車と同じ車種で見積もり広告が

出ていました。




そこには保険料が36,460円とありました。

私の更新のお知らせの保険料は87,860円だったので、

この差は何なのか、代理店に問い合わせました。


問い合わせて分かったこと。

1.補償内容に隔たりがある。

◎新聞広告の通販型自動車保険の補償内容
①運転者の範囲    本人・夫婦限定
②対人賠償責任保険 無制限
③対物賠償責任保険 無制限
④人身傷害保険    搭乗中のみ補償
⑤車両保険       エコノミー条件
              免責 5-10

◎私の代理店型自動車保険の補償内容
①運転者の範囲    制限なし
②対人賠償責任保険 無制限
③対物賠償責任保険 無制限
④人身傷害保険    搭乗中のみ補償にしていない
⑤車両保険       一般条件
              免責 0-10
⑥特約          弁護士費用・対物超過修理費用


それでは私の自動車保険を新聞広告に合わせた場合どうなるか

試算してもらいました。

保険料45,180円

それでもまだ2割ほど新聞広告の方が安い。





念には念を入れ私の補償に合わせたら、新聞広告の保険料は

どう変わるのか、その保険会社に電話して訊いてみました。

すると、答えは61,940円


但し、車両保険の免責金額は0-10ではなく、5-10のまま。

それを考慮しても、やはり2割安い

金額で言うと14,400円もの違いになる。

この差は大きい。

ずいぶんな節約になる。


それではどこの通販型自動車保険もこんなに安いのだろうか?

友人と同僚が試しに、このブログに掲載している「見積もり一括サイト」

から見積もりをとったところ、一番安いので、現在の保険料(代理店型

自動車保険)より4割も安いことがわかりました。

そして、通販型自動車保険同士、厳しい価格競争をしていることも

わかって来ました。

家計簿節約隊の節約術で出来たお金を貯金に回しましょう!





コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

長年企業のコストダウンの旗振り役を担い、ミスターコストダウンと呼ばれた経験と知識を家庭の節約術に応用し、節約出来たお金を貯金に回せるようにしたい。

スコーピオンZ

Author:スコーピオンZ
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム