家計簿節約隊の節約術で貯金を増やそう!
家計費を節約するための節約術を通して預金の増やし方をお教えします。

雪の被害と火災保険(家計簿節約術→貯金)



前回生命保険の話をさせていただきましたが、今回は火災保険の話をさせていただ

きます。





2月14・15・16日と東日本を大雪が襲いました。

被害に遭われた方も多かったと思います。

その被害について火災保険で補償してくれるかどうかが,今日のテーマです。


雪による損害も火災保険で補償される場合があります。

場合があるとわざわざ書いたのは、補償されない場合があるからです。

補償されない場合の最たるものは雪のしみこみによる損害です。

何処も壊れてないのに、雪がしみこんで床や壁・天井等を濡らしてしまうケースは、

火災保険では無責(保険が支払われない)扱いになります。

逆に、雪の重みで建物の何処かが壊れ、そこから雪が建物内に入り

損害を被った場合は、火災保険の補償範囲です。





それから、今回の被害でよく聞いたのが、庭などに取り付けている

カーポートが雪の重みで潰れたということです。

これは各自が入られている火災保険によって違うと思われますが、

最近の火災保険は車庫まで補償範囲になっていますので、

是非火災保険会社に確認されることをお勧めいたします。


それとこのブログの最初の方で、火災保険を取り上げさせていただいた時に

説明させていただきましたが

火災保険の種類によっては、損害額が保険期間の経年分割引

されてしまうということです。

その経年割引は年1%から1.5%と言われています。

仮に損害額100万円として、10年で10万円、20年で20万円、補償額が少なくな

るということです。

最近の火災保険は実損額を補償しているので

損害額が割り引かれることはありません。


家計簿の節約という視点では、保険料との見合いになると思いますが

検討に値することだと思います。


日本の天候は急激に変わってきています。

どんな自然災害が襲ってくるかわかりません。

これを機に火災保険の見直しをお勧めいたします。

家計簿節約隊の節約術で出来たお金を貯金に回しましょう!








コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

長年企業のコストダウンの旗振り役を担い、ミスターコストダウンと呼ばれた経験と知識を家庭の節約術に応用し、節約出来たお金を貯金に回せるようにしたい。

スコーピオンZ

Author:スコーピオンZ
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム