家計簿節約隊の節約術で貯金を増やそう!
家計費を節約するための節約術を通して預金の増やし方をお教えします。

地震保険の必要性を再度説明します(家計簿節約術→貯金)


先日、「首都直下型地震」の話が新聞の一面を飾っていました。

それによると、近い将来都心南部を震源地とする直下型地震の発生が

予想され、被害想定、死者23,000人、経済損失95兆円に上ると

されています。




東京都の死者はそのうちの6割、13,000人になると予想され

その65%が火災で亡くなると試算されています。


皆さんは地震保険にもう入られましたか?

このブログの⑪地震保険でも書かせていただきましたが

地震保険は必要な保険です。

当座の資金としてきっと役に立ちます。


ブログ⑪では建物に対する地震保険料と火災保険料のシミュレーショオンを

載せましたが、ここでは家財に対する地震保険料と火災保険料

をお見せしたいと思います。


家財に対する火災保険金額1,000万円、地震保険金額500万円
保険期間1年、地震は建築年割引10%考慮

①柱が木造の場合
火災保険料 15,300円
地震保険料 14,100円
合計     29,400円

①柱が鉄骨の場合
火災保険料 12,100円
地震保険料  7,600円
合計     19,700円

①柱がコンクリートの場合
火災保険料  4,800円
地震保険料  7,600円
合計     12,400円





損害額の評価も建物の時と同じで、全損・半損・一部損で鑑定人によって

評価されます。


現在、家財の火災保険に入っている人はそれに中途付帯が出来、新規に

入る人は気に入った保険会社をお選び下さい。

出来れば大手の損保会社がいいです。

動員力が違うので、速やかに保険金が支払われます。

過去の実績がそれを物語っています。


来年7月より地震保険料が大幅にアップ(東京都で20%位アップ)します。

最長5年入れますし、保険料も1年より格安になります。


次回は地震に備えてどんな準備をしていたらいいかを説明したいと

思います。

家計簿節約隊の節約術で出来たお金を貯金に回しましょう!








コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

長年企業のコストダウンの旗振り役を担い、ミスターコストダウンと呼ばれた経験と知識を家庭の節約術に応用し、節約出来たお金を貯金に回せるようにしたい。

スコーピオンZ

Author:スコーピオンZ
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム