家計簿節約隊の節約術で貯金を増やそう!
家計費を節約するための節約術を通して預金の増やし方をお教えします。

家計簿を付けるのが苦手な方へ(節約術→貯金)

人生100年時代を迎えるに当たり、定年後は現役時代の7割の生活水準に落としたとしても、年金の他に6000万円の貯金が必要になると専門家が述べたりしています。




定年後すぐに生活水準を落とすと言っても、そもそも自分の生活実態が把握出来ていないと話になりません。

生活実態を把握するには家計簿を付けるのが一番なのですが、なかなか難しいという人に、マネーの達人の記事「家計簿のカテゴリーを2つにまで減らして家計をラクラク操縦」を紹介したいと思います。

私がこのブログで何度もお話しさせていただいた内容と同じなので、おさらいを兼ねて見てみたいと思います。

家計簿が長続きしないのは、①毎日家計簿をつけることが出来ない②家計簿の残高が合わないの2つの要因が考えられます。

そこでマネーの達人は次のアドバイスをします。

家計を考えるとき、住居費や教育費、保険料などの固定費は、一旦見直せば必要経費となり、日々予算と比較するようなことは必要ないので、食費や生活雑貨、交際費や被服費など月々の支払い額が変化する変動費だけに目を向け、分類はたった2つ、日常生活費と特別費とします。

この考え方に沿って、予算設定をするのですが、私の考えでは、初めて家計簿をつける人やまだ上手くつけられない人は、無理して予算設定をする必要はないと思います。

それよりも、実際の家計がどうなっているのかを把握するのが大事で、実態が把握出来た後、節約目標を織り込んだ予算を設定した方がいいと思います。



私の場合は袋でしたが、マネーの達人は箱です。

2つの箱を用意して、この分類で日々のレシートを仕分けします。

そして1週間に1度集計します。

箱にたまったレシートを合計するのですが、計算はある程度大雑把でも構いませ。

例えば、10円単位を切り上げて合計すればいいと思います。

これだけでもどんなお金が出て行ってるのかがわかり、次に家計を節約するのに、どこを正せばいいのか見えてくるはずです。

継続は力なりです。

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

長年企業のコストダウンの旗振り役を担い、ミスターコストダウンと呼ばれた経験と知識を家庭の節約術に応用し、節約出来たお金を貯金に回せるようにしたい。

スコーピオンZ

Author:スコーピオンZ
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム