家計簿節約隊の節約術で貯金を増やそう!
家計費を節約するための節約術を通して預金の増やし方をお教えします。

年間貯蓄額200万円を継続中の吉見夏実さんに学ぶ「1月35,000円で食費代を抑える方法」

マネーの達人に年間貯蓄額200万円を継続中の吉見夏実さんが、月35,000円で食費を抑える方法を掲載されていました。

我が家もそろそろ、真剣に食費の圧縮に取り組もうとしていたところ、渡りに船とばかりに参考にさせていただきました。



スポンサーリンク


1.外食代と酒代は計算に入れないこと
なんでも食費に入れてしまうと、外食のし過ぎで食費が高いのか、お酒を飲みすぎなのか、原因が特定できなくなってしまう。
①外食代は1回あたりの金額が多いので、食費に入れてしまうと計算が狂って無駄遣いしやすい。
 休日、家族で出かけたときの外食は、レジャー費に含めた方がいい。
 ママ友とのランチやパパの仕事上の付き合い、夫婦二人のデート、といった食事についてはそれぞれのお小遣いから支出する。
②夫婦二人ともがお酒好きで同じぐらい飲む、という場合は「酒代」というカテゴリを作ってその中で予算のやりくりをするのがおす  すめ。

我が家は酒代は大したことないが、外食代が他の家庭に比べ突出しているので、まずこれを抑えるためにも自炊の比率を増やしたい。

2.食費は米・調味料別で週5,000円を目安に
食費も、さらに米・調味料を別に考えて予算を組むと、一気に管理がしやすくなる。
①お米と調味料は別、としてしまえば、週予算で買うのは野菜や肉・魚、それから牛乳やパンなどの食材だけになるので、毎週一  定の予算でやりくりがしやすくなりますよ。

このことは私も推奨している、予算を週単位でコントロールすることです。

3.5,000円で買えるものは案外多い
①細かく広告をチェックしていなくても、スーパーに並んでいる食材の中でお得だと思うものをポンポンとカゴに入れていけばOK。
②作るモノを決めてから買い物に行くと、どうしても割高な食材を買わなければならないこともある。
③安い食材だけを買って、あとから家にある食材をキーワードに打ち込んでレシピ検索すれば、安い食材だけでもありとあらゆるお かずが作れることがわかる。

これが出来るにはある程度料理の腕を磨くことも必要かも。


スポンサーリンク


「具体的な案」
①約1,000円分の食材を週に4回買いに行く。このとき、こまかい計画は立てなくてOK。
 最後の1回は、「家にある食材を使い切るた  め」に計画的に買い物をする。
 これで週5,000円。

②約3,000円分の食材をまとめて買う。
 3~4日間はこれでやりくりし、食材が足りなくなったら残りの2,000円で計画的に買い足していく。
 これで週5,000円。

③あらかじめ1週間分の献立を考えておき、1週間分の食材をまとめて買いに行く。
 5,000円におさまるようにその場で調整。(スマホの電卓を使いながら買い物しましょう)
 これで、週5,000円。

私としては③が自分に合っていると感じました。

4.お米は4人家族なら5kgで2,000円程度の物を目安に
お米代を節約するには、「安い米を買う」、「米を食べる量を減らす」の2種類の方法がある。
①試しにいつもより安いものを買ってみて、いくらぐらいまでなら満足できるかを検証してみる。
②ふるさと納税で「お米」を狙ってみるのも良いかもしれない。
※お米は、10kgを買った方が安いのですが、お米も鮮度が大切です。
 冬は良くても、夏は2週間程度で使い切れる量を買いましょう。

我が家は近所のスーパーで半額セールのお米を購入している。

5.調味料は月に5,000円まで
調味料予算は別にしておくと便利。
月に1回、まとめて買うようにすれば予算管理もわずらわしくない。
月に5,000円もあれば、けっこういい調味料が揃う。

大まとめ
・米代……5,000円(2,500円/5kg×2袋)
・調味料代……5,000円
・週予算……2万5,000円(5,000円×5週分)

我が家の目標:外食代を減らす→自炊を増やす→米・調味料を除き週5,000円で抑える→料理のメニューを増やす

ただ今実践中です。

スポンサーリンク

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村






コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

長年企業のコストダウンの旗振り役を担い、ミスターコストダウンと呼ばれた経験と知識を家庭の節約術に応用し、節約出来たお金を貯金に回せるようにしたい。

スコーピオンZ

Author:スコーピオンZ
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム