家計簿節約隊の節約術で貯金を増やそう!
家計費を節約するための節約術を通して預金の増やし方をお教えします。

自分の身は自分で 貯金の習慣化を心掛けよう(節約術→貯金)

諸々の経済政策の恩恵は、我々下々のもとにはもたらせていないと思います。


スポンサーリンク



個人金融資産を年齢別にみると、高齢者が保有している割合が圧倒的に多いのですが、それはあくまでも今の話であり、これから老後を迎える50代の層で、金融資産の蓄えを持っている人は、今の高齢者層に比べて遥に少ないと言われています。

失われた20年と呼ばれている、日本経済の無成長の歪みがこういう結果を招いてると思います。

このブログのテーマである家計簿の節約からは離れてしまいますが、政権を担当していた人達と実際に行政を担当していた人達の責任は非常に重いと思います。

よくフィナンシャルプランナーの人達が、老後を安心して暮らせるために60歳で4,000万円あれば大丈夫とか言ってますが、50代で預金0の人達がどうやったら60歳で4,000万円もの貯金を持つことが出来るのでしょうか?

多分、この人達のことは切り捨てて、20代、30代の人達に積立投資等を勧めていくのでしょう。

話が少し戻りますが、話題になったNHKのドキュメント番組「老後破産」では、60歳で3,200万円の貯金を持っていた人が、奥さんの病気を契機に貯金が減り続け、71歳の時点では年金14万円での生活になってしまいました。

この方のケースは少し極端だと思いますが、現実の話として起こり得ることです。

くどくど書きましたが、これからの年金制度が老後の生活を託すに値しない中身になってきている以上、何とか自分たちで防衛策を考えて行かなくていけないのは、皆さんも十分承知のはずだと思います。

スポンサーリンク


まずはいくらでもいいですから、毎月貯金しましょう。

それを兎に角継続し習慣付けましょう。

貯まったお金を定期にしたりするのは、貯まってから考えても遅くないはずです。

どうしても貯めるお金を捻出できない方、本当ですか?

家計を節約する方法は、私のブログ以外にも世の中に溢れています。

それだけ関心がある人が大勢いるということです。

節約術も比較的簡単に出来るものから、結構根性入れて取り組まなくてはならないものまでありますが、私のブログを最初から読んでみて下さい。

家計の節約に直接関係しないことも書いていますが、それはそれで役に立つと思います。

そして、少しでも家計を楽にして毎月貯金が出来る体質に家計を持って行って欲しいと願っています。


老後破産、他人事で捉えていたら大変なことになると思います。

スポンサーリンク

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

長年企業のコストダウンの旗振り役を担い、ミスターコストダウンと呼ばれた経験と知識を家庭の節約術に応用し、節約出来たお金を貯金に回せるようにしたい。

スコーピオンZ

Author:スコーピオンZ
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム