家計簿節約隊の節約術で貯金を増やそう!
家計費を節約するための節約術を通して預金の増やし方をお教えします。

老後に必要な資金は3000万円、それとも1600万円(節約術→貯金)

以前このブログでも記事にさせていただきましたが、生命保険文化センターがおこなった「生活保障に関する調査」(平成28年度)によると、ゆとりある老後の必要資金は34.9万円であった。



仮に90歳まで老後の生活があると仮定し、その前提で計算するとこのようになる。

35万円(一ヶ月の生活費)×12ヶ月=420万円(1年間に必要なゆとりある老後生活資金)420万円×26年間(65歳から90歳まで)=1億920万円(老後必要なゆとりある生活資金)

もう皆さんご承知のように、これは支出だけ並べているだけで、収入が一切考慮されていません。

ゆとりある老後を送るには月々約35万円必要だと言うが、えっと思われている方が多いのではないか?

手取り35万円で、教育費やローンを抱えながら、立派に家計を成り立たせているご家庭は5万といるはずです。

では夫婦2人で最低必要な生活費はいくらなのでしょう?

同じく生命保険文化センターの調査では22万円とあります。

この金額だと頷けます。

この場合、22万円×12ヶ月=264万円 264万円×26年間=6864万円となります。



次に収入の年金です。

厚生労働省の「国民生活基礎調査」(2015年)によると、平均総所得は年間297.3万円となっていますが、年金収入は67.6%の200.6万円のみだということです。

200.6万円×26年間=5216万円

すなわち、収入5216万円ー支出6864万円=必要資金1648円

以上の前提のご家庭では、老後のための必要資金は約1600万円となります。

いかがですか、漠然と不安を抱くより、あなたもご自分を例にとりこのようにシミュレーションしてはいかがですか?

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

長年企業のコストダウンの旗振り役を担い、ミスターコストダウンと呼ばれた経験と知識を家庭の節約術に応用し、節約出来たお金を貯金に回せるようにしたい。

スコーピオンZ

Author:スコーピオンZ
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム