家計簿節約隊の節約術で貯金を増やそう!
家計費を節約するための節約術を通して預金の増やし方をお教えします。

世帯貯蓄、4年連続増で過去最高1820万円に(節約術→貯金)




総務省が16日発表した2016年の家計調査(2人以上世帯)によると、1世帯当たりの平均貯蓄額は前年比0.8%増の1820万円だったことがわかりました。

4年連続で増加し、最高水準となった次第です。

これは、将来の不安などを背景に、家計が節約志向を強めたことが影響したとみられるとのコメントがありましたが、まさにその通りだと思います。

1820万円という金額を聞いて、随分凄いなと思われる方が多いと思われます。

そうなんです。全世帯の67.7%は貯蓄額が1820万円を下回っており、貯蓄がある世帯を順番に並べた真ん中に位置する中央値は1064万円だということです。

それにしても、中央値でも1000万円かと思いますね。


世帯主が60歳以上の高齢者世帯では貯蓄額が平均2385万円だそうですから、高齢者世帯が全体を押し上げている状況です。

勿論、高齢者世帯間でも格差があるので、振れ幅は他の世代よりも大きくなっています。



一方、 貯蓄の種類別では、金利低下により定期性預貯金が2年連続で減少する一方、普通預金などの通貨性預貯金は8年連続で伸びているとのことです。

これは、金利が付かないから、普通預金のままにしている結果からだと思いますし、投資信託等の安全な投資へお金を回してないのが、勿体ない気がしますが。

株式など有価証券は微増だったそうです。
 
一方の負債はどうだったかというと、低金利を追い風に住宅ローンを組む世帯が増えたため、40歳未満の世帯で16.6%増加、60~69歳の世帯も12.2%増となり、相続税対策による不動産購入が影響したとみられています。

老後に備えるために最低3000万円は貯畜がないとダメですよと、よくFPや評論家の人が言ってますが、高齢者世帯の貯蓄2385万円ということですから、金額は別にしてもしっかり老後に備えようとしていることがわかります。

逆にこのことが経済の閉塞感を生んでいる要因にもなっていると思いますが、福祉政策の現状を見るに、自分の身は自分で守るという考えになってしまうのは仕方のないことだと思います。

バックナンバー:老後公的年金では足りない10万円を埋める方法
バックナンバー:格差社会、自分の身は自分で守る
バックナンバー:老後破産を防ぐために
バックナンバー:、老後お金で苦労しないために準備すること
バックナンバー:、低収入でも貯金が出来る人の特徴





コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

長年企業のコストダウンの旗振り役を担い、ミスターコストダウンと呼ばれた経験と知識を家庭の節約術に応用し、節約出来たお金を貯金に回せるようにしたい。

スコーピオンZ

Author:スコーピオンZ
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム