家計簿節約隊の節約術で貯金を増やそう!
家計費を節約するための節約術を通して預金の増やし方をお教えします。

老後公的年金では足りない10万円を埋める方法(節約術→貯金)




私たちの老後を支える大事な収入は年金であるということは言うまでもありません。

但し、その年金(公的年金)の平均受取額が月24万円、それに対し大手生命保険会社の調査によると、ゆとりある生活費は月34万円であると言われています。

その差額10万円を貯金から取り崩すということで、老後までに3,000万円の貯金が必要であると訴えています。

月34万円が妥当な額かどうかは別にして、公的年金の他にも毎月受け取れるものがあるにこしたことがないのは言うまでもありません。

老後の備えの私的年金として、個人型確定拠出年金と個人年金があります。

今日はこの2つについて説明したいと思います。

最初に確定拠出年金です。

確定拠出年金とは、企業が出すお金の運用先を従業員が選び、将来、年金や退職一時金として受け取れるものです。

勤務先に企業年金の制度がない人や自営業の人は「個人型」というタイプに加入することが出来ます。

この場合、運用を任せる銀行や生命保険会社をご自分で選ぶことからはじまります。

確定拠出年金のメリットは何と言っても税制メリットです。

拠出額(掛け金)が全額所得控除されかつ、60歳以降に一時金で受け取る場合は退職所得控除が適用され、年金で受け取る場合でも公的年金控除の適用を受ける。

また、運用によって生じた配当金や売却益が非課税となります。

普通なら20%引かれますので、凄いことだと思います。

毎月の拠出額は無理のない額にし、家計状況を見ながら、徐々に増やしていくことをお勧めします。

次に個人年金です。

「個人年金保険」は、「個人型確定拠出年金」に比べると 税制メリットにおいてかなり見劣りするので個人事業主 の人は入っても仕様がないと言う人がいますが、私は 「個人年金保険」を切り捨てる必要はないと思います。

「個人型拠出年金」は60歳までしか入れないのに対し 「個人年金保険」は最長74歳まで入ることが出来ますので、 第3の年金として十分考えられてもいい保険だと思います。

勿論、個人事業主以外の会社員の方も検討に値する 保険だと思います。



今日は「個人年金保険」の特徴をもう少し詳しくみていきたいと思います。

①基本年金額は契約時に確定する。 将来の計画が安心して立てられる。
②他の生命保険と別枠で保険料の税額控除を受けられる。
  一般生命保険料控除・介護保険料控除とは 別枠で 個人年金保険料の所得控除を受けら れる。
③年金額をもらう時には所得とみなされる。 年金としてもらう場合には 雑所得、一時金 で受け取る場合は一時所得として扱われる。

それぞれ受け取った額から必要経費(支払 った保険料等)を差し引いた金額に税率が かかるので、ほとんどの場合無税の可能性大。

東京海上日動あんしん生命のパンフレットに「契約例」 が載っていたので紹介します。

・契約年齢 30歳 男性 ・月払い保険料 10,000円
・保険料払込方法 月払い(口座振替扱い)
・保険料払込期間 65歳まで ・据え置き期間 なし
・年金種類 確定年金「定額型」 ・年金支払い期間 10年間
・基本年金額 451,670円

この例ですと、保険料総額が4,200,000円で年金の総額が 4,516,700円ですので、35年間の総利率が7.5%になり 確かに高利率ではありませんが、65歳以降毎年451,670円 のお金が入ってくるって魅力ではないでしょうか?

毎月10,000円の節約(節約術で)で 挑戦してみるのも価値があると思います。

以上、公的年金では足りない10万円を埋める方法として、確定拠出型年金と個人年金保険を説明しました。

家計簿節約隊の節約術で節約出来たお金を貯金に回しましょう!




家計を助ける節約サイト
ふるさと納税はこちらのサイトからお手続きが出来ます↓↓





コメント

日本語の起源
[2017/05/12 02:51] URL | 言霊百神 #- [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

長年企業のコストダウンの旗振り役を担い、ミスターコストダウンと呼ばれた経験と知識を家庭の節約術に応用し、節約出来たお金を貯金に回せるようにしたい。

スコーピオンZ

Author:スコーピオンZ
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム