家計簿節約隊の節約術で貯金を増やそう!
家計費を節約するための節約術を通して預金の増やし方をお教えします。

貯金が出来る人の心構えと3つの預金口座(節約術→貯金)





年収200万円の人でも貯金が出来るという見出しの記事がありました。


貯金の源資は収入増ではなく支出減、すなわち節約です。

このブログのテーマです。

しかし、この記事は具体的な節約術等を紹介しているのではなく、

貯金という行為に対する精神面の有り様、すなわち

心構えを軸に貯金の仕方をメインに解説しています。


興味深い記事を順不同で恐縮ですが何点か紹介させていただきます。

1.貯める理由をハッキリさせる

このことの重要性については、私もこのブログで何度か

述べさせていただきましたが、出来れば長期的なものと

短期的なものとを分けて貯金を管理することをおすすめ

します。

そのためにも、貯蓄用口座としてサブ口座を2本持つことを

推奨します。

ネット銀行口座についても検討してみたらいいと思います。


2.細かな節約よりも固定費カットの方が成果は大きい

この筆者が言う固定費とは家賃・住宅ローン・生命保険料

・新聞代等ですが、ここも考え方を述べるに留め、具体的な

節約方法については言及していません。

前回のブログで項目毎に節約方法を紹介し、出来ることから

始めましょうと呼びかけた私としては、考え方はその通りだと

思いますが、固定費・変動費にかかわらず、やれそうなところ

から始めたらいいと思います。


3.冷蔵庫の中が汚い人は貯金がうまくない人が多い

この記事を読んで我が意を得た気持ちになりました。

何千人もの家計を見てこられた筆者が言うのだから当たっている

と思います。

私が提唱している食料品の買い方をすれば、自然と冷蔵庫の中は

キレイになります。





4.どんなお金の使い方をしているか知る

皆さん、家計簿つけてますか?

私も口を酸っぱく言ってますが、家計簿が全ての元になると言っても

過言ではありません。


家計の節約方法は、企業の予算管理を真似れば上手くいくと思っています。

目標利益(目標貯蓄額)を捻出するために、経費(家計費)をカットしなくては

いけない。

そのための実施策を考える。

考えた実施策を実行に移す。

実行した実施策が、計画通りの成果(節約)をあげられたか検証する。

上記のplan do see のサイクルを繰り返して予算管理(家計費管理)

の精度を上げていく。

そのためにも家計簿は絶対に必要です。

次に上述しました預金口座を複数持つメリットを説明します。

まず最初に銀行口座が3つ必要になります。

給与等が振り込まれ、そこから家賃や住宅ローン、公共料金の引き落とし

及び月々の生活費を引き出すメイン口座。

近い将来使うことを目的としたサブ口座。

長期でまとまったお金を貯めるためのもうひとつのサブ口座。

ひとつの口座で入ってくるお金も出て行くお金も管理すると

貯める金額のイメージがつかみにくく、無駄な出費をしやすく

なるからです。

この3つの口座をうまく使いたいものです。

前回も申し上げましたが、月々の生活費=給与ー(住宅ローン+公共料金等)

ー貯蓄目標額です。

月々の生活費が先にあるのではなく、貯蓄目標額が一番先です。

この貯蓄目標額も2つに分かれます。

1つは近い将来使うことを目的としたもの。家族旅行等が当たるでしょう。

2つ目は長期でまとまったお金を貯めるためのもの。住宅購入資金等

が当たるでしょう。

2つ目の口座は定期預金か定積預金がいいでしょう。


家計費の節約・削減は何のためにするのか?

家族皆の幸せのためにするんです。

そのための貯蓄でもあるのです。

家計簿節約術で出来たお金を貯金に回しましょう!


コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

長年企業のコストダウンの旗振り役を担い、ミスターコストダウンと呼ばれた経験と知識を家庭の節約術に応用し、節約出来たお金を貯金に回せるようにしたい。

スコーピオンZ

Author:スコーピオンZ
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム