家計簿節約隊の節約術で貯金を増やそう!
家計費を節約するための節約術を通して預金の増やし方をお教えします。

お金に困らない生き方とは?老後破産を防ぐために(節約術→貯金)




すべてのサラリーマンは負け組であり、下流に転落する。

実際、現役世代には残酷な時代が足音を立てて近づいてきている。

これらは、プレジデントの4月3日号の記事の中の言葉です。

なんとまあ、驚くべき内容になってます。

特に注目すべきは、上流、下流は単に年収だけの問題ではなくどの年代に生まれたかが大きく関わると述べられている点です。

即ち、60代後半に差しかかった団塊世代が最もハッピーで最も厳しいのが40代だそうです。

団塊世代がハッピーなのは頷けるが、何故40代が最も厳しいのでしょうか?

この世代は親が団塊世代で、何かと親の影響を受け、親と同じ生き方をしようとするのだが、いかんせん時代が違い過ぎて家計が抜き差しならぬ状態に陥っているとのことです。

50代は40代ほどではないにしろ、家計は楽ではないようです。

一方、20代、30代は物心ついた時から不況だったので贅沢はせず、貯金する傾向があるようです。



このように、40代、50代は家計が逼迫しており、とても貯金どころではなく、老後が心配な世代ということになりそうです。

逆に、20代30代の若い世代は若いうちから貯金する習慣が出来ており、老後の備えは万全ということになります。

40代50代は奧さんが専業主婦という世帯が多いと思うので奧さんが働きに出ることにより、事態の改善が見られると思います。

家計が厳しい40代50代は収入を増やすと同時に無駄遣いを極力なくし節約に努めた生活をしていかないと、悲惨な老後が待ち構えていることになります。

生活のミニマム化、ダウンサイジング化にいち早く取り組みことが急務と言えます。

プレジデントの内容はこの後、年収別の家計診断へと移っていくのですがどの家計診断も如何にして支出を減らして貯金を増やしていくかの方法を解説しています。

やはり、貯蓄ぐせはハッピー老後には必須ということです。

家計簿節約隊の節約術で節約出来たお金を貯金に回しましょう!


家計を助ける節約サイト


コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

長年企業のコストダウンの旗振り役を担い、ミスターコストダウンと呼ばれた経験と知識を家庭の節約術に応用し、節約出来たお金を貯金に回せるようにしたい。

スコーピオンZ

Author:スコーピオンZ
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム