家計簿節約隊の節約術で貯金を増やそう!
家計費を節約するための節約術を通して預金の増やし方をお教えします。

終身保険と定期保険・2階建てがお勧め(節約術→貯金)/家計を助ける節約サイト




先日、私の知り合いの男性が59歳の若さで亡くなられた。

告別式に参列しましたが、ご家族のお嘆きを目の当たりにして居たたまれなくなりました。

こうして保険のブログを書いている手前、奥様からお礼のお電話をいただいた際に

思い切って生命保険について質問をさせていただきました。

知人は、私が常日頃勧めている2階建て部分の1階部分「低解約返戻金型の終身保険」

に入られていたとのことでした。

残念なことに2階の部分の「掛け捨て型の定期保険」には入っていなかったということです。

終身保険も定期保険も保険の対象となる人が死亡もしくは高度障害状態になっ た時、保険金受取人として設定された遺族に死亡

保険金が支払われる保険ですが、それぞれ特徴があります。




それではどこが違うのか、ここで簡単に「終身保険」と「定期保険」を比較してみます。

1.保険期間

終身保険は文字通り終身(死亡するまで)で定期保険は自分で保険期間を選べる。

多くの保険会社で99歳まで引き受けされていると思う(保険会社に要確認)。

2.解約返戻金

大雑把に言って、解約すると終身保険は今まで払った保険料が戻ってくるが、定期保険は戻って来ない。

更に、終身保険は保険料払込期間終了後金利が付くので貯蓄としても使われる。

3.保険料

保障額に比べ終身保険は高く、定期保険は安い(両者を比較して)

上記の理由で働き盛りの時は定期保険が必要で、老後は終身保険が必要なので、出来ればこの2つを一緒にかけてもらいたいと

思ってます。

保険会社の調査では、60歳までに何らかの理由で亡くなる人は、100人に6人だそうです。

誰もが60や65で亡くなるとは思わないものです。

でも、お勧めは「終身保険」と「定期保険」の2階建てです。

あなたもしくはあなたの配偶者が6人に入らないとは言い切れないからです。

家計簿節約隊の節約術で節約出来たお金は貯金に回しましょう!


家計を助ける節約サイト

ふるさと納税はこちらのサイトからお手続きが出来ます↓↓





自動車保険について徹底解説しましたのでご一読ください。↓
自動車保険早わかりガイド

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

長年企業のコストダウンの旗振り役を担い、ミスターコストダウンと呼ばれた経験と知識を家庭の節約術に応用し、節約出来たお金を貯金に回せるようにしたい。

スコーピオンZ

Author:スコーピオンZ
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム