家計簿節約隊の節約術で貯金を増やそう!
家計費を節約するための節約術を通して預金の増やし方をお教えします。

民間の火災保険と火災共済、どっちがお得(節約術→貯金)/家計を助ける節約サイト




新潟の大規模火災、決して他人事ではないですね。

そこで、今日は火災保険のお話しです。

よく共済の「火災共済」が安いと聞きますが

実際にそうでしょうか?

確かに、共済は営利会社である保険会社が取り扱う

火災保険と違い、非営利団体による運営のものなので

実質的掛け金は、民間保険会社の保険料より割安に

なる場合が多いようです。

ただ、どんな場合も絶対に共済の方が安いとは言えない

ので、実際に見積りをとって比較することをお勧めします。


共済の火災共済の見積りをとる時の注意点ですが

JA火災共済以外の火災共済(都道府県民共済・全労済)

は、風水害の補償が民間の火災保険に比べ小さいと

いうことです。

現在売られている民間の火災保険は風水害の場合

保険金額の範囲内での新価実損払いが原則ですが

都道府県民共済と全労済は1事故についての金額

制限を設けています。



もう一つ火災共済の注意点があります。

それは地震についてです。

民間の火災保険には地震保険を付帯することが出来

その補償金額も火災保険の保険金額の最大50%まで

掛けることが出来ますが、火災共済の場合、付帯する

のではなく、地震損害の保証付(セット)を選択する

ことになります。

そして、ここからが肝心なところですが、共済の地震保障は

民間の地震保険に比べ補償金額がかなり小さいということ

です。


「家計簿の節約術」という視点で火災保険を見た場合

自動車保険のように、同一補償内容で通販型のが代理店型

より、家計簿の節約になると言い切れますが

火災保険の場合は、民間の火災保険と共済の火災共済の

補償に相違がある以上、共済をお勧めするには抵抗がある

と言わざるを得ません。


それでは、火災保険の保険料の節約方法はどうしたら

いいのでしょうか?

それは、民間の火災保険の見積り比較をしてみることです。



家計簿節約隊の節約術で節約出来たお金を貯金に回しましょう!

家計を助ける節約サイト

ふるさと納税はこちらのサイトからお手続きが出来ます↓↓





自動車保険について徹底解説しましたのでご一読ください。↓
自動車保険早わかりガイド

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

長年企業のコストダウンの旗振り役を担い、ミスターコストダウンと呼ばれた経験と知識を家庭の節約術に応用し、節約出来たお金を貯金に回せるようにしたい。

スコーピオンZ

Author:スコーピオンZ
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム