家計簿節約隊の節約術で貯金を増やそう!
家計費を節約するための節約術を通して預金の増やし方をお教えします。

人間の非合理的行動(節約術→貯金)/家計を助ける節約サイト




雑誌「プレジデント」のバックナンバーに面白い記事が載っていたので

節約を目指す皆さんに是非紹介したいと思います。

それは、行動経済学から見た「人間の非合理的行動」

すなわち「損している行動」を何故選択してしまうかが、例題を交え

説明されていました。

1.アンカリング効果

意味 人間は最初に示された数字に強い影響を受ける。

例 定価59,800円のスーツが29,900円の半額セール

約3万円も安いと思い込んで買ってしまう。

落とし穴 定価が本当に59,800円なのか、景品表示法違反

をしているケースが後を絶たない。

対策 買いたいものがあれば、バーゲン前に調べておく。


2.ヒューリシテイック

意味 心の錯覚 複雑な計算を自分の経験と照らし合わせ

単純化しようとする心の動き。

例 10%のポイント還元付きと1割の現金割引の比較

落とし穴 どちらも10%なのでポイントが貯まる方を選択しがち

しかし、10%のポイントがつくということは110%の

買い物出来ることを意味し、割引率は9.1%になる。

一方、1割の現金割引の方は、ずばり10%の割引。

対策 表面的な数字だけで納得せず、きちんと計算すること。



3.メンタルアカンテイング

意味 人間の心の中には財布が存在し、しかも複数あり、

使ったお金は別々に勘定されていて、トータルの残高

管理が全くなされていない。

例 退職金の大半を「毎月分配型投資信託」につぎこむ。

落とし穴 預金と違い投資信託は儲けも損もすべて投資家のもの。

分配金をもらった分、投資信託の純資産は減っている。

4.おとり効果

意味と例 以下の3つの新聞購読プランの中で選ぶとしたらどのタイプ?

①ネット版のみ 2000円

②印刷版のみ 5000円

③ネット版+印刷版 5000円

3つの選択肢のばあい

①は16%、②は0%、③は84%の結果。

①と③の二つの選択肢のみの場合

①68%、③32%の結果。

②がおとり。

落とし穴 ①と③だけの比較ではわかりにくいので、②という③との

比較が容易で明らかに劣った選択肢を示すことで、③が

圧倒的に選ばれる。


上記の非合理な判断による損を回避するには、①必要以上に損を恐れないこと

②市場価格を調べること③買い物にルールを設ける「ルール化」が有効。

「ルール化」の例 買いたいものがあってもすぐ買わず1週間後に判断する。


普段から節約術を研究している私にとって、興味深い内容だったので、皆さんに

紹介しました。

内容紹介に当たってかなり乱暴に要約してしまいました点お詫びいたします。

家計簿節約隊の節約術で節約出来たお金を貯金に回しましょう!

家計を助ける節約サイト
自動車保険について徹底解説しましたのでご一読ください。↓
自動車保険早わかりガイド






コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

長年企業のコストダウンの旗振り役を担い、ミスターコストダウンと呼ばれた経験と知識を家庭の節約術に応用し、節約出来たお金を貯金に回せるようにしたい。

スコーピオンZ

Author:スコーピオンZ
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム