家計簿節約隊の節約術で貯金を増やそう!
家計費を節約するための節約術を通して預金の増やし方をお教えします。

自動車保険の見直し(家計簿節約術→貯金)家計を助ける節約サイト



昨日の生命保険の見直しの話ですが、お金に余裕があるのならば
結婚当初から、「定期保険」と「終身保険」の両方を掛けられた方が
いいと思いますが、保険料のことを思うとなかなか出来ない相談で
すかね。

「定期保険」は掛け捨てなので、保険金額に対して保険料が安く
「終身保険」は積み立てなので、保険金額に対して保険料が高く
なります。

もし、「定期保険」と「終身保険」の2本立てを望まれる方は、「定期
保険」は「収入保障定期保険」、「終身保険」は「低解約返戻型終身
保険」をお勧めします。
保険料が普通の「定期保険」と「終身保険」に比べ安くなっています。

生命保険の見直しの次は自動車保険の見直しですが、その前に
自動車そのものの見直しを行ってください。



これは、特に都心部にお住まいの方が対象になると思いますが
前述させていただいた「カーシェアリング」の検討です。

前述した通り、月600時間の利用「カーシェアリング」の損益分岐点
です。
もし、これよりもマイカーの利用時間(運転時間)が少ない場合は
カーシェアリングの検討価値大ありだと思います。

それでは、自動車保険の見直しの話に移ります。

私は、基本的に自動車保険は通販型(ダイレクト)でいいと思って
います。

理由は簡単です。
保険料が断然お得です。

それでも、大手損保の自動車保険がいいと思うのでしたら、「イー
デザイン損保」をお勧めします。

「イーデザイン損保」は大手損保「東京海上」グループの一員なので
安心感はあると思います。

更に、保険料が同じグループの「東京海上日動」の自動車保険に比べ
3割ほど安いです。
これは、私が両方のホームページから試算した結果ですので事実です。

そうは言われても、自動車保険に初めて入ろうと思っている人には
二の足を踏まれる方もいらっしゃると思います。

でも、全然大丈夫ですよ。
私の過去ブログのここ↓↓を読んでいただけたら納得されるはずです。
バックナンバー:自動車保険の基本形


正直なところ「イーデザイン損保」の保険料は車種にもよると思いますが
通販型自動車保険の中でも高い方に位置します。
もっと安い保険料の通販型自動車保険をお探しの方は「見積もりサイト」
をご利用ください。

家計簿節約隊の節約術で節約出来たお金を貯金に回しましょう!

家計を助ける節約サイト


コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

長年企業のコストダウンの旗振り役を担い、ミスターコストダウンと呼ばれた経験と知識を家庭の節約術に応用し、節約出来たお金を貯金に回せるようにしたい。

スコーピオンZ

Author:スコーピオンZ
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム