家計簿節約隊の節約術で貯金を増やそう!
家計費を節約するための節約術を通して預金の増やし方をお教えします。

自動車保険の基本形(家計簿節約術→貯金)家計を助ける節約サイト


前頁では長々と自動車保険の仕組みを解説しましたが

通販型自動車保険を申し込む場合、この仕組みを理解

していないと、事故時に後悔してしまうことになるからです。


そうは言っても、そんなに構える必要はありません。

「節約」という視点で自動車保険を捉えた時、何と言っても

「車両保険」をつけるかつけないかで、保険料が大きく違って

きます。

一般的に、対人・対物は無制限、人身傷害は3,000万円から

5,000万円で設定しています。

この点はほとんど全てのひとに当てはまるでしょう。

そして、通販型自動車保険で気を付けなくてはいけない点として

車両保険のモデルケース(標準版)が車対車A、免責金額5-10

になっている会社が多いということです。




前ページで解説した通り、車対車Aでは自損事故は補償され

ませんし、保険期間中1回目の事故時5万円、2回目の事故時

に10万円が自己負担になるということです。

これを一般条件に変えたり、1回目の事故時の自己負担を0

に変えた場合、保険料はそれなりに上がってしまいます。

それでも、大手損保の自動車保険よりは割安ですが。

参考までに主な通販型自動車保険会社の売上高(平成25年度)

が価格.comより発表されていましたので載せておきます。

①ソニー損保  785億円

②三井ダイレクト 349億円

③チューリッヒ   330億円

④アクサ     303億円

以上のことを踏まえて試しに見積もってみてはいかがでしょうか?

きっとかなりの金額が「節約」できると思います。 

そしてその節約分を貯金にまわしましょう!

家計簿節約隊の節約術で節約出来たお金を貯金に回しましょう。


家計を助ける節約サイト


無料の自動車保険一括見積もりサービス

 

    

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

長年企業のコストダウンの旗振り役を担い、ミスターコストダウンと呼ばれた経験と知識を家庭の節約術に応用し、節約出来たお金を貯金に回せるようにしたい。

スコーピオンZ

Author:スコーピオンZ
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム