家計簿節約隊の節約術で貯金を増やそう!
家計費を節約するための節約術を通して預金の増やし方をお教えします。

火災保険料と地震保険料のシミュレーション(家計簿節約術→貯金)


最新の火災保険料がいくら位なのか、

大手損保会社の保険料を例にとってみたいと思います。




前提条件:建物の保険金額2千万円 地震保険1千万円 保険期間5年間 
     保険料支払方法 月払い 建物所在地 東京都
     補償内容は前ページの①~⑥を補償  
     
1.柱が木造の場合
     火災保険料 2,500円
     地震保険料 2,470円(建築年割引10%)
     合計     4,970円

2.柱が鉄骨の場合
     火災保険料 1,230円
     地震保険料 1,330円(建築年割引10%)
     合計     2,560円

3.柱がコンクリートの場合(マンション)
     火災保険料   600円
     地震保険料 1,330円(建築年割引10%)
     合計     1,930円

建物が燃えにくい順に保険料も安くなっています。

・地震保険の「建築年割引」とは昭和56年以降の新築建物に適用されます。

・その他「耐震割引」とか地震保険には割引がありますが、

 併用は出来ませんので、よく保険会社から説明を受けて下さい。

・来年の7月から地震保険料が大幅アップします。

 東京都は約20%アップします。






火災保険の特約として是非オススメしたいのが「臨時費用補償特約」です。

これは、保険金が支払われる場合、損害金の10%(1事故100万円が限度)を

上乗せして払ってくれます。

この特約を付けることによる保険料のアップは木造で月180円、鉄骨で月90円              

コンクリートで月40円です。


もうひとつ、マンションにお住まいの方に必要な特約として「個人賠償責任補償特約」があります。

自分の責任で階下の部屋に水漏れを起こしてしまった時は、この特約がないと保険は

出ません。

前ページで紹介した補償⑤の「水濡れ」は自分の部屋が対象です。

ここは注意が必要ですね。


しつこいようですが、予測出来ない自然災害が起こっている現実を思うと、

火災保険の見直しは不可欠だと思います。

被害に遭った時、補償が十分でなく、修理等に持ち出しが出た場合、何のための保険か

わからなくなってしまいます。

次回は地震保険について説明したいと思います。

この家計簿節約術で出来たお金を貯金に回しましょう!








コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

長年企業のコストダウンの旗振り役を担い、ミスターコストダウンと呼ばれた経験と知識を家庭の節約術に応用し、節約出来たお金を貯金に回せるようにしたい。

スコーピオンZ

Author:スコーピオンZ
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム