家計簿節約隊の節約術で貯金を増やそう!
家計費を節約するための節約術を通して預金の増やし方をお教えします。

学資保険(家計簿節約術→貯金)家計を助ける節約サイト


部下の男性に子供が生まれ、「学資保険」について尋ねられました。



そう言えば、私の娘は二人とも「学資保険」に入ってました。

私(50歳)たちの頃は、確かに「学資保険」に入るのが当たり前

みたいな風潮がありました。

さて、専門家の意見はどうでしょう?

そもそも「学資保険」とは

①中途解約すると損だが、満期まで続けると貯金より増える。

②親が死亡した時、保険料の払込が免除される。

③増えた分の金額に対しての課税は50万円以内ならかからない。



それでは、預貯金と比較してどれくらい増えるのだろう?

子供が現在0歳児で18年後300万円を満期で貰うとして、毎月の

保険料は12,740円だそうです。

18年間の保険料合計は2,747,520円です。

300万円貰えるのですから、252、480円増えることになります。

それでは、定期積金で18年間で300万円積み立てるのにいくら

必要でしょうか?



定積の利息を半年複利0.025%で、毎月13、864円必要で

18年間で5,423円しか増えません。

確かにこれでけ見ると、「学資保険」はお得のようにみえますが

別の専門家はこう述べています。

「学資保険」のメリットは資金計画が立てやすいこと、デメリットは

貯蓄として効率が悪いことを指摘しています。

確かに、長い年月資金がある意味拘束されてしまうので

その間にインフレなど起こってしまえば学費は勿論のこと、生活費も

対応できなくなってしまう恐れがあります。

「学資保険」を文字通り保険と見るのか、貯蓄と見るのか、はたまた

2つの要素で見るのか

他のより良い選択肢が見えてきますね。

「いい機会なので、どんな金融商品や保険商品があるのか勉強

してみてから、決め手らどうかね」

私の部下へのアドバイスでした。

家計簿節約隊の節約術で節約出来たお金を貯金に回しましょう!

家計を助ける節約サイト


バックナンバー:生命保険


コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

長年企業のコストダウンの旗振り役を担い、ミスターコストダウンと呼ばれた経験と知識を家庭の節約術に応用し、節約出来たお金を貯金に回せるようにしたい。

スコーピオンZ

Author:スコーピオンZ
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム