家計簿節約隊の節約術で貯金を増やそう!
家計費を節約するための節約術を通して預金の増やし方をお教えします。

終身保険と定期保険・2階建てがお勧め(節約術→貯金)/家計を助ける節約サイト




先日、私の知り合いの男性が59歳の若さで亡くなられた。

告別式に参列しましたが、ご家族のお嘆きを目の当たりにして居たたまれなくなりました。

こうして保険のブログを書いている手前、奥様からお礼のお電話をいただいた際に

思い切って生命保険について質問をさせていただきました。

知人は、私が常日頃勧めている2階建て部分の1階部分「低解約返戻金型の終身保険」

に入られていたとのことでした。

残念なことに2階の部分の「掛け捨て型の定期保険」には入っていなかったということです。

終身保険も定期保険も保険の対象となる人が死亡もしくは高度障害状態になっ た時、保険金受取人として設定された遺族に死亡

保険金が支払われる保険ですが、それぞれ特徴があります。




それではどこが違うのか、ここで簡単に「終身保険」と「定期保険」を比較してみます。

1.保険期間

終身保険は文字通り終身(死亡するまで)で定期保険は自分で保険期間を選べる。

多くの保険会社で99歳まで引き受けされていると思う(保険会社に要確認)。

2.解約返戻金

大雑把に言って、解約すると終身保険は今まで払った保険料が戻ってくるが、定期保険は戻って来ない。

更に、終身保険は保険料払込期間終了後金利が付くので貯蓄としても使われる。

3.保険料

保障額に比べ終身保険は高く、定期保険は安い(両者を比較して)

上記の理由で働き盛りの時は定期保険が必要で、老後は終身保険が必要なので、出来ればこの2つを一緒にかけてもらいたいと

思ってます。

保険会社の調査では、60歳までに何らかの理由で亡くなる人は、100人に6人だそうです。

誰もが60や65で亡くなるとは思わないものです。

でも、お勧めは「終身保険」と「定期保険」の2階建てです。

あなたもしくはあなたの配偶者が6人に入らないとは言い切れないからです。

家計簿節約隊の節約術で節約出来たお金は貯金に回しましょう!


家計を助ける節約サイト

ふるさと納税はこちらのサイトからお手続きが出来ます↓↓





自動車保険について徹底解説しましたのでご一読ください。↓
自動車保険早わかりガイド

電気料金の節約術のまとめ(節約術→貯金)/家計を助ける節約サイト




電気料金の節約術の話です。

このブログで何回か取り上げた節約術です。



電気料金を節約する方法として以下の6項目を挙げましたが

②③④は毎日の習慣化が大切になります。

①照明器具は順番にLED化
②電気器具は定期的に掃除
③冷蔵庫の中は1週間で入れ替える
④待機電力を削減するためにコンセントこまめにを抜く
⑤電力プランの見直しをする
⑥基本料金を下げる


電気料金は前にも説明しましたが、基本料金+電気量料金からなってます。

この両方を下げれれば大きな効果(節約)が期待出来るはずです。

ちなみにアンペア毎の基本料金を比較してみましょう。

東京電力 消費税8%

10A   280.8円
15A   421.2円
20A   561.6円
30A   842.4円
40A 1,123.2円
50A 1,404.0円
60A 1,684.8円

アンペアによってこんなにも差があります。

アンペアを決めるには、自分の家で同時に最大どれだけの電力量を使っているかを

掴んでなければ、ブレーカーが落ち電気が使えなくなります。



参考までによく使う電気製品のアンペア数です。

・炊飯器13A  ・電子レンジ、ドライヤー12A 

・エアコン、掃除機、アイロン10A  ・洗濯機4A

・冷蔵庫1.5A  ・テレビ、ノートパソコン1A

常時使う可能性が高いエアコン、要注意ですね。


話は変わりますが、皆さんは東京電力のホームページ

ご覧になったことがありますか?

是非開いてみてください。

電気料金を削減する手引きが色々紹介されています。

ご家庭毎の生活パターンによって、電気料金のかからないプランを選ぶことが出来ます。

その中でもお勧めなのがアンペアの計算や電気料金のシミュレーションも出来る

「でんきシミュレーション」です。

お試しください。

参考になると思います。

最後にくどいようですが、電気料金を下げるためには

上記の②から④の項目の習慣化が何より大切です。
家計簿節約隊の節約術で節約出来たお金は貯金に回しましょう!


家計を助ける節約サイト

ふるさと納税はこちらのサイトからお手続きが出来ます↓↓





自動車保険について徹底解説しましたのでご一読ください。↓
自動車保険早わかりガイド

火災保険料と地震保険料のシミュレーション(家計簿節約術→貯金)②/家計を助ける節約サイト




前回の火災保険の続きと地震保険について解説したいと思います。

皆さんは地震保険に入ってますか?

私はしっかり入っています。

地震保険の保険金額は最大でも火災保険の保険金額の半分しか

入れませんが、もしもの時の役にはきっと立ちます。

地震保険で家を丸ごと建て替えられると思うこと自体間違っています。

新しく生活を立て直していく資金だと思ってください。

生意気言ってすみません。

以下、私のバックデイトのおさらいです。

大手損保会社の保険料を例にとって、火災保険料と地震保険料を見てみたいと思います。

地震保険料が来年の1月より上がりますが、この保険料は値上げ前の金額です。

前提条件:建物の保険金額2千万円 地震保険1千万円 保険期間5年間 
     保険料支払方法 月払い 建物所在地 東京都
     補償内容は以下の①~⑥を補償  
 ①家が燃えてしまった場合      火災・落雷・破裂・爆発

②台風で屋根が壊れた場合      風災・ひょう災・雪災

③大雨で家に水が入った場合     水災

④泥棒に入られた場合        盗難

⑤水濡れが起きた場合        水濡れ

⑥建物の外から何かに衝突された場合 衝突

1.柱が木造の場合
     火災保険料 2,500円
     地震保険料 2,560円(建築年割引10%)
     

2.柱が鉄骨の場合
     火災保険料 1,230円
     地震保険料 1,590円(建築年割引10%)
     

3.柱がコンクリートの場合(マンション)
     火災保険料   600円
     地震保険料 1,590円(建築年割引10%)
     

建物が燃えにくい順に保険料も安くなっています。



・地震保険の「建築年割引」とは昭和56年以降の新築建物に適用されます。

・その他「耐震割引」とか地震保険には割引がありますが、

 併用は出来ませんので、よく保険会社から説明を受けて下さい。


次に家財に対する地震保険料と火災保険料
をお見せしたいと思います。

家財に対する火災保険金額1,000万円、地震保険金額500万円
保険期間1年、地震は建築年割引10%考慮

①柱が木造の場合
火災保険料 2,030円
地震保険料 1,280円


①柱が鉄骨の場合
火災保険料 960円
地震保険料 800円


①柱がコンクリートの場合
火災保険料  960円
地震保険料  800円



損害額の評価も建物の時と同じで、全損・半損・一部損で鑑定人によって

評価されます。


現在、家財の火災保険に入っている人はそれに中途付帯が出来、新規に

入る人は気に入った保険会社をお選び下さい。

保険は万一の時の強い味方になります。

それは損害を経験された方、皆さんそうおっしゃています。

保険の見直しも大切な家計簿節約術のひとつです。

家計簿節約隊の節約術で節約出来たお金を貯金に回しましょう!

家計を助ける節約サイト

ふるさと納税はこちらのサイトからお手続きが出来ます↓↓





自動車保険について徹底解説しましたのでご一読ください。↓
自動車保険早わかりガイド

民間の火災保険と火災共済、どっちがお得(節約術→貯金)/家計を助ける節約サイト




新潟の大規模火災、決して他人事ではないですね。

そこで、今日は火災保険のお話しです。

よく共済の「火災共済」が安いと聞きますが

実際にそうでしょうか?

確かに、共済は営利会社である保険会社が取り扱う

火災保険と違い、非営利団体による運営のものなので

実質的掛け金は、民間保険会社の保険料より割安に

なる場合が多いようです。

ただ、どんな場合も絶対に共済の方が安いとは言えない

ので、実際に見積りをとって比較することをお勧めします。


共済の火災共済の見積りをとる時の注意点ですが

JA火災共済以外の火災共済(都道府県民共済・全労済)

は、風水害の補償が民間の火災保険に比べ小さいと

いうことです。

現在売られている民間の火災保険は風水害の場合

保険金額の範囲内での新価実損払いが原則ですが

都道府県民共済と全労済は1事故についての金額

制限を設けています。



もう一つ火災共済の注意点があります。

それは地震についてです。

民間の火災保険には地震保険を付帯することが出来

その補償金額も火災保険の保険金額の最大50%まで

掛けることが出来ますが、火災共済の場合、付帯する

のではなく、地震損害の保証付(セット)を選択する

ことになります。

そして、ここからが肝心なところですが、共済の地震保障は

民間の地震保険に比べ補償金額がかなり小さいということ

です。


「家計簿の節約術」という視点で火災保険を見た場合

自動車保険のように、同一補償内容で通販型のが代理店型

より、家計簿の節約になると言い切れますが

火災保険の場合は、民間の火災保険と共済の火災共済の

補償に相違がある以上、共済をお勧めするには抵抗がある

と言わざるを得ません。


それでは、火災保険の保険料の節約方法はどうしたら

いいのでしょうか?

それは、民間の火災保険の見積り比較をしてみることです。



家計簿節約隊の節約術で節約出来たお金を貯金に回しましょう!

家計を助ける節約サイト

ふるさと納税はこちらのサイトからお手続きが出来ます↓↓





自動車保険について徹底解説しましたのでご一読ください。↓
自動車保険早わかりガイド

間違った節約術を実践していませんか?(節約術→貯金)/家計を助ける節約サイト




私の過去ブログで以前プレジデントに掲載された「7大間違った節約術」を紹介
させていただきましたが、あらためて参考になるところがあったので
皆さんにも紹介しておきます。

7つの間違った節約術
①家計簿は収支が合うようにきちんとつけている。
以前私も言及した通り、家計簿を付けることや合わせることが
目的になってしまい、お金の使い方の分析に目がいかない。

②光熱費はカード払いで、ポイントを貯めている。
電力会社やガス会社は、口座振替割引があり、その金額と
カードのポイント還元率を比較すると、使用料金が10,000円
以下の場合、口座振替のがお得である。

③自分の小遣いは0円で頑張っている。
特にお財布を奥さんが握っている場合、こういう錯覚をしている
人が多い。

④手元には現金を置かないようにしている。
現金が必要な時ATMでつい心配だから多めに引き出し、そのまま
使ってしまう。

⑤セール時に買いだめをしている。
買いすぎて賞味期限が切れてしまったり、買ってあること自体忘れたり
して、在庫を使い切る前にまた購入する。

⑥特売品を買うために、ほぼ毎日スーパーに行く。
特売品以外のものについつい手が出てしまう。

⑦趣味やスキルアップは節約のためにやめた。
いつかストレスが爆発する。




そして、この逆の行為をすることで、貯金ができるようになる。
すなわち、
①家計簿は収支合わせよりも、見直しを大切に。
②光熱費1万円以下は、口座振替がオトク。
③お小遣いは金額を決めて使おう。
④お金の引き出しは、1か月に1度だけ。
⑤買いだめは1ストックのみ。
⑥スーパーに行く頻度は極力少なく。
⑦自己投資をするお金をキープするために家計を見直す。
ということだそうですが

皆さんはどう思いですか?

②以外の項目はとりたてて目新しい事柄はなかったのでは
ないでしょうか?

それでも繰り返しこういう記事が載るのですから、節約をしなく
てはならないことは承知でも、いかに実践・継続することが
むずかしいということでしょうか。

家計簿節約隊の節約術で節約出来たお金を貯金に回しましょう!


家計を助ける節約サイト

ふるさと納税はこちらのサイトからお手続きが出来ます↓↓





自動車保険について徹底解説しましたのでご一読ください。↓
自動車保険早わかりガイド

冬のボーナスは住宅ローン繰り上げ返済へ回そう(節約術→貯金)/家計を助ける節約サイト





ボーナスが出て、ウハウハのご家庭
も多くいらっしゃると思います。

使い道をあらかじめ決めていらっしゃる
ご家庭もあると思いますが、使い道
として最強の方法をお話しします。

それは「住宅ローンを減らす」使い道
です。

ほとんどのファイナンシャルプランナーが
勧めている一番賢いボーナスの使い道です。

どんな金融商品を選択するより、住宅ローンが
ある人は兎に角住宅ローンをへらしましょう。

定年後も住宅ローンがあると、悲惨な老後になる
のは、今や常識となっています。


それでは「繰り上げ返済」について
詳しく考えて行きたいと思います。

繰り上げ返済とは毎回の返済とは別に
先々の返済分を前倒して返済すること
です。

当然、繰り上げ返済した分は元金の
返済に回るので借入金は減少し、かつ
利息も連動して減ります。

考えてみる価値は十分あると思います。



繰り上げ返済には2種類あります。

「返済期間短縮型」と「返済額軽減型」
です。

返済期間短縮型は繰り上げ返済した
分、毎回の返済額は変わらず、返済
期間が短くなり、返済額軽減型は
返済期間は変わらず、毎回の返済額
が少なくなります。

節約効果としては返済期間短縮型
の方が返済額軽減型より大きい
のは前述した通りです。

但し、どちらを選ぶかは各家庭の
経済状況等に応じて選んだ方が
好ましいです。

諸々の事情で返済が苦しくなるのが
分かっているなら、返済額軽減型を
選べれた方がいいに決まっています。

勿論、手元資金の厳しい人は
貯金に回した方がいいのは言う
までもありません。

バックナンバー:住宅ローンの見直し


家計簿節約隊の節約術で節約出来たお金を貯金に回しましょう!

家計を助ける節約サイト

ふるさと納税はこちらのサイトからお手続きが出来ます↓↓





自動車保険について徹底解説しましたのでご一読ください。↓
自動車保険早わかりガイド

ドライバー保険と1日自動車保険(節約術→貯金)/家計を助ける節約サイト



他人の車を借りて、その車を運転中に事故を起こした場合
貸主の保険を使うのに気が引ける(次年度の保険料が上が
ってしまうから)という理由で、「ドライバー保険」に入られて
いる方も多いと思いますが、そういう方に朗報です。

それは「1日自動車保険」と呼ばれているものです。

既にご存知の方もいらっしゃると思いますが、基本的には
「ドライバー保険」と同じなのですが、1日単位で入ることが
出来(ドライバー保険は年契約)、希望すれば車両保険も
付けることが出来ます(ドライバー保険は車両保険なし)。

料金も1日500円(車両保険を付けても1,000円)とお得
感があります。

「ドライバー保険」も普通の自動車保険同様、割引等級制度を
とっており、6等級・21歳以上で年間保険料が29,000円
ほどなので、1週間に1度、他人の車を運転している人でし
たら、料金的には「ドライバー保険」も「1日自動車保険」も
甲乙つけがたいですが、500円プラスすることで「車両保険」
を付けることが出来ることを考えると「1日自動車保険」の方
に軍配を上げたくなります。

それに「、ドライバー保険」の等級は自動車保険の等級に引き
継ぐことは出来ませんが、「1日自動車保険」の方は、その
利用日数に応じて自動車保険への割引があります。


参考までに「ドライバー保険」と「1日自動車保険」の補償内容を
記しておきます。

・ドライバー保険の補償内容
①対人賠償責任保険
②対物賠償責任保険
③搭乗者傷害特約
④自損事故傷害特約

・1日自動車保険の補償内容
①対人賠償責任保険
②対物賠償責任保険
③搭乗者傷害特約
④自損事故傷害特約
ここまでが500円です。
⑤車両保険
但し最大300万円、免責金額15万円です。

保険会社によって、補償内容、保険料等若干の違いがあるかも
しれません。
ご容赦ください。

家計簿節約隊の節約術で節約出来たお金を貯金に回しましょう!

家計を助ける節約サイト

ふるさと納税はこちらのサイトからお手続きが出来ます↓↓





自動車保険について徹底解説しましたのでご一読ください。↓
自動車保険早わかりガイド

節約出来る人になる早道(節約術→貯金)/家計を助ける節約サイト




以前のブログで節約アドバイザーの丸山晴美氏の
節約出来ない人の特徴として下記の10項目を紹介
させていただきました。

①何事も形から入ろうとする
②言い訳が多い
③部屋が散らかっている あるいはデスクが汚い
④みえっぱり
⑤お金にルーズ
⑥人を安易に信用しすぎる
⑦ストレスをお金で発散する
⑧お金の流れを見るのが怖い
⑨外食や中食が多い
⑩給料日前になるとクレカ払いが増える

これを読まれてドキッとされた方も多いと思います。



それでは節約型の体質にするにはどうしたらいいのでしょう?

同じく節約アドバイザーの西山美紀氏は手っ取り早い方法として
「朝早起きをする」ことをお勧めします。

朝早起きの効能として
①「深夜のネットショッピング」のドツボにハマらない
②「ゴールデンタイム」に睡眠を取って、美容や健康に
③お弁当を作る時間も確保できる
④洋服やバッグ、傘などの持ち物も万全
⑤通勤電車の読書で、自己研さんやリフレッシュができる
を挙げられています。

個人的には③が一番重要かなと思います。

先日も書かせていただきましたが、お水やコーヒーも
含め、飲食代を内食化する節約効果は絶大です。

同時にものを作る喜びも味わえ、前回のブログではないですが
決して思考停止になんて陥らないので、是非試していただきたいと思います。

家計簿節約隊の節約術で節約出来たお金を貯金に回しましょう!

家計を助ける節約サイト

ふるさと納税はこちらのサイトからお手続きが出来ます↓↓





自動車保険について徹底解説しましたのでご一読ください。↓
自動車保険早わかりガイド



お金持ち体質の人が節約しない理由への反論/家計を助ける節約サイト




今日のMSNへ載ったAll Aboutの記事「お金持ち体質な人が節約しない理由」を読んで正直驚いてしまった。

午堂登紀雄氏という資産形成コンサルタントの寄稿である。

①極端な節約に走るのは思考停止と同じ
 不況になると、多くの人が節約に走る理由は、あまり考えなくてよいから
②節約は簡単。がまんするか、比較して安い方へスイッチするだけでいいから
 考えないのは楽、だから子供でも出来る
③あと月1万円、生活費を削るにはどうしたらいいかという質問に答えるのは容易
 逆に、あと1万円収入を増やすにはどうしたらいいかという質問に答えるのは難しい
 だから、収入を増やすことを考えるのが正解
④仕事が与えられるアルバイトは楽。自分でかんがえなくていいし、一定時間働けば確実に時給がもらえるから、これもまた思考停 止の典型例
⑤節約は創意工夫というけれど、どう工夫したとしても、節約は守り、その程度で創意工夫だなんて満足したくない
⑥それよりも攻める。どうやったらもっと稼げるか、家計のパイそのものを大きくすることの方が大事。人生がより面白くなるお金の 使い道を考える

上記がこの人が言いたいことです。

節約ネタを3年にわたり書いてきた私は、この人は万人がこの人の言うようにやれば間違いなく「家計のパイ」を増やせることを保証してくれるのだろうかという疑問が真っ先に浮かんだ。

保証なんて出来ないでしょう。




その点節約は実行すれば間違いなく成果として帰ってきます。
それに思考停止状態で節約術を実践出来るとは到底思えません。

節約を舐めたらアカンで!

それにアルバイトも少し小馬鹿にしたようなことを書いているが、これもいかがなもんでしょうか?
今時、思考停止状態で出来るアルバイトの方が珍しいのでは。

起業・株・FXで成功した人もいるでしょうが、失敗した人の方が圧倒的に多いはずです。

勿論、全て自己責任です。

ですが、誘導する側がどういう気持ちで誘導するのかが大切に思えてなりません。

この人は、家計の拡大均衡を目指し、人生の拡大均衡を目指す。その方が楽しいと思いませんかと結んでいました。
皆さんはこの言葉、どう感じたでしょうか?

家計簿節約隊の節約術で節約出来たお金を貯金に回しましょう!

家計を助ける節約サイト

ふるさと納税はこちらのサイトからお手続きが出来ます↓↓





自動車保険について徹底解説しましたのでご一読ください。↓
自動車保険早わかりガイド


毎日コーヒーやお水をコンビニや自販機で買っている人はお金が貯まらない/家計を助ける節約サイト





毎日コンビニや自販機でコーヒーや水を買っている人って案外多いのでは?

缶コーヒーは1本120円だとすると、年間360日買えば、年43,200円かかる。

水だって業務用スーパーでも80円位、コンビニでは120円位しますね。

・業務用スーパー80円の場合

1か月30日として、1か月2,400円、1年で約28,800円

・コンビニ120円の場合

1か月30日として、1か月3,600円、1年で約43,200円

節約術としては携帯用の水筒に自分でコーヒーや水を入れて持っていくことです。

レギュラーコーヒーの価格は、贅沢を言わなければ400グラムで800円程度で購入出来ます。

水筒1本分に20グラム使うと仮定して、年間消費は12パックで9600円になります。

水筒代を2000円としても合わせも1万1600円と半額で済むので節約効果大です。





水の場合どうでしょう?
金額を具体的に見てみましょう。

ここでは回収という考え方で効果を見ていきます。

・携帯用の水筒代 2,916円

・携帯用の水筒代の回収期間  業務用スーパーで1.2か月
                     コンビニで0.81か月

どうです?  

コンビニでペットボトルを買っている人は、1か月目の第4週から

毎月3,600円の節約が出来ることになります。

業務用スーパーでペットボトルを買っている人でも、2か月目の

第2週目から毎月2,400円の節約が出来ます。

納得した人から実行しましょう。

家計簿節約隊の節約術で節約出来たお金を貯金に回しましょう!

家計を助ける節約サイト

ふるさと納税はこちらのサイトからお手続きが出来ます↓↓





自動車保険について徹底解説しましたのでご一読ください。↓
自動車保険早わかりガイド

プロフィール

長年企業のコストダウンの旗振り役を担い、ミスターコストダウンと呼ばれた経験と知識を家庭の節約術に応用し、節約出来たお金を貯金に回せるようにしたい。

スコーピオンZ

Author:スコーピオンZ
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム