家計簿節約隊の節約術で貯金を増やそう!
家計費を節約するための節約術を通して預金の増やし方をお教えします。

ふるさと納税の復習(節約術→貯金)/家計を助ける節約サイト


>
パートの方の税金・社会保険問題と
同じく、年末調整での関心事と言えば
ふるさと納税だと思います。
私もやりましたが、私の周りの人たちも
結構節税になったと言われています。


節税=家計費の節約術ですね。

ふるさと納税については広く知られていて
1昨年は14億円もやられているそうです。

ふるさと納税のメリットは
何と言っても寄付金扱いされ
「税金が控除」されることです。

それでは、簡単にその仕組みを
解説します。

まず、控除の額はその人の「所得」や
「寄付金」に応じて変動するということです。



以下のモデルケースで見ていくと

<年収700万円、夫婦子2人、所得税率10%
住民税率10%、4万円の寄付>

・所得税控除  3,800円

・住民税控除 35,300円

すなわち、4万円の寄付金で
合計35,300円の節税になるという
ことです。

確かにお得感がありますね。

ふるさと納税のお勧めサイトでは
ふるさと納税のメリットとして

税額控除の他、地方の特産品が貰える
手続きが簡単等挙げていますが
税額控除のメリットには及ばないと思います。

家計簿の節約隊の節税(節約術)で節約出来たお金を貯金に回しましょう!

家計を助ける節約サイト

パートの方の年末調整を考える(節約術→貯金)/家計を助ける節約サイト





年末調整のことを考える季節になって
きました。
今日はパート収入の俗に言う103万円
106万円、130万円
の壁について再度説明したいと思います。



この壁とは主に税金の壁と社会保険料の壁のことです。
(税金の壁のときは、通勤費を入れない年収で考えますが
社会保険料の壁のときは、通勤費を含む年収で考えます)

一般的には、妻のパート収入が103万円を超えても世帯手取りは
減少しませんが、130万以上になると妻に社会保険料の負担が
発生するため、収入が増えても逆に世帯年収は減少します。


収入が増えても貰える現金が減るのは、節約術→貯金の逆パターンですね。

詳しくは、夫の職業、所得、配偶者手当によって、壁の影響度合
が決まります。

ケース1.夫が会社員で所得が1,000万円以下
     (年収1,233万円以下)
 パートの壁は130万円
パート収入が130万円を超えると、妻は夫の社会保険から外れ
妻も保険料を負担することになるからです。



ケース2.夫が会社員で所得が1,000万円超
     (年収1,233万円超)
 パートの壁は、103万円と130万円の両方
所得が1,000万円を超える夫は「配偶者特別控除」が受けられ
ないので、103万円の壁があります。
130万円の壁はケース1と同じです。

ケース3.夫が個人事業主で所得が1,000万円以下
 壁はありません
夫が自営業者の場合、妻も国民年金の保険料を払っている
ので、収入の壁はありません。

ケース4.夫が個人事業主で所得が1,000万円超
 パートの壁は103万円
この場合、妻の収入が128万円に達しないと世帯手取りが
回復しません。

ケース5.夫の勤務先に配偶者手当がある場合
①配偶者手当の収入制限が103万円の場合
 パートの壁は103万円
  103万円を超えると155万円まで世帯手取りが増えません。
②配偶者手当の収入制限が130万円の場合
パートの壁は130万円
  130万円を超えると175万円まで世帯手取りが増えません。
 
ケース6.新設される106万円の壁
今年の10月より、従業員501人以上の企業では、年収106万円
以上のパートも社会保険に加入することになります。
 パートの壁は106万円
  106万円を超えると126万円まで世帯手取りが増えません。


ここまでは、世帯手取りの増減でそれぞれの年収の壁を見て
きましたが、社会保険に入るメリットも忘れてはならないと思い
ます。
将来受け取る年金も増えますし、失業の場合の補償にもなり
ます。
じっくり考えていただきたいと思います。

家計簿節約隊の節約術で節約出来たお金を貯金に回しましょう!


家計を助ける節約サイト

人生のキャッシュフロー表を作りましょう(節約術→貯金)/家計を助ける節約サイト




今日のmsnのマネーゴーランドに
43歳の男性からの質問に対する
記事が掲載されていました。

現在貯蓄がゼロで将来が心配
だという相談です。

ゼロとは言わないまでも、案外
こういうご家庭は多いのではない
でしょうか?

マネーゴーランドの回答は
さておき
私は、以前から申し上げている
キャッシュフロー表の作成を
勧めます。

キャッシュフロー表とは、簡単に言いますと
現金ベースで収入や支出を記載し、お金
の流れを見るものです。

これを家計にも応用してみては?
というのが今日の節約術のテーマです。

このブログでも度々紹介しましたが、
各年代別に見て見ても
意外と貯金の出来てない方が
いらっしゃいます。

家計のキャッシュフロー表を作ることで
貯金の必要性に気付いて欲しいです。

このキャッシュフロー表の使い道は
2つあります。

1つは、ご主人ないし奥さんが65歳
になるまでの長期(1年単位)
のもの、もうひとつは1年毎の予実
(予算と実績)対比です。

以下がキャッシュフロー表の項目です。

・収入  夫の手取り年収+妻の手取り年収
      +その他の年収
・支出  生活費+住居費+教育費
      +冠婚葬祭費
*生活費は食費、日用品費、通信費
交通費等わかる範囲で細分化
してください。
・貯蓄  収入-支出 です。

これを作ることにより、いつまとまったお金が
必要になるか、具体的にわかるので
長期に亘りそれに備えることが出来ます。


それと、これを作っている最中に
自分の家の家計の問題点が把握
出来るようになり、節約ポイントを
捉えることが出来ます。



例えばこんな感じです。

・夫 40歳 年収600万円(手取り480万円)
・妻 38歳 年収200万円(手取り170万円)
・子供 10歳と7歳
・期間は奥さんが65歳になるまでの27年間
・収入は夫も妻も65歳時定年まで、
 手取り年収変わらず、合計年650万円。
 夫の定年後の収入(年金)年200万円。
・生活費も長男が大学卒業するまで年240万円
 次男が卒業するまで 年207万円
 次男大学卒業後年174万円。
・住居費(住宅ローン)は27年間変わらず
 年130万円。
・教育費とイベント費合計で次男が大学を
 卒業するまで合計2,657万円。
・年間収支では27年の間、2度だけ赤字に
 なったが、概ね長男が大学に入学するまで
 100万円強の黒字、長男独立後は200万円
 次男独立後 は350万円の黒字。
・夫67歳、妻65歳時の貯蓄額約5,700万円。

収入・支出の内訳は

収入合計 17,640万円
  収入内訳
(夫の手取り年収)13,050万円
 (妻の手取り年収 )4,590万円
支出合計 11、996万円
 支出内訳
(生活費) 5,829万円
(住居費) 3,510万円
(教育費) 2,177万円
(イベント費)   480万円

ということになります。

私自信の経験によると
50歳までの間に1度だけ
赤字に陥りました。

次女の大学入学時です。

長女がまだ大学生だったので
正直しんどかったです。

我が家もそういう経緯を経て節約術を
真剣に実践するようになりました。

いかがですか、皆さんも早速
キャッシュフロー表を作ってみてはいかが
ですか?

家計簿節約隊の節約術で節約出来たお金を貯金に回しましょう!

家計を助ける節約サイト


自動車保険の見直しのお勧め(家計簿節約術→貯金)/家計を助ける節約サイト




15日のブログで固定費を削減しましょう
と書かせていただき、その節約術のひとつ
に自動車保険を取り上げましたが、今日は
もう少し踏み込んで、自動車保険の節約
について説明したいと思います。

自動車保険の節約術として、私は通販型
自動車保険への切り替えをお勧めして
きました。

切り替えに当たって注意する点としての
通販型自動車保険のひな型についても
説明させていただきましたが、今日は
再度その点にスポットを当てたいと思い
ます。

「節約」という視点で自動車保険を捉えた時
何と言っても 「車両保険」をつけるかつけないかで
保険料が大きく違って きます。

一般的に、対人・対物は無制限
人身傷害は3,000万円から 5,000万円
で設定しています。
この点はほとんど全てのひとに当てはまるでしょう。

そして、通販型自動車保険で気を付けなくては
いけない点として、 車両保険のモデルケース(標準版)が
車対車A、免責金額5-10 になっている会社が
多いということです。



車対車Aでは自損事故は補償され ませんし
保険期間中1回目の事故時5万円
2回目の事故時 に10万円が自己負担になるということです。

これを一般条件に変えたり
1回目の事故時の自己負担を0 に変えた場合
保険料はそれなりに上がってしまいます。

それでも同じ条件なら2割以上
通販型自動車保険の方が安いことは
立証されています。

それではどこの通販型自動車保険を選んだら
いいかということですが

いろいろご自分で当たってみることを
お勧めします。

自分自身の勉強にもなり、案外面白い
かもしれません。

バックナンバー:自動車保険の仕組み


家計簿節約隊の節約術で節約出来たお金を貯金に回しましょう!


家計を助ける節約サイト
>


整理整頓、出来てますか❓(節約術→貯金)/家計を助ける節約サイト



製造業の会社で儲かっている
ところは、必ずと言っていいほど
工場の中の整理整頓が行き届いて
います。

整理整頓が行き届いていれば
必要なものと不必要なものが
すぐに分かるからです。

以前も書きましたが、会社は
常にバランスシートでもって
会社の資産等を管理しています。

面白いことに、不良資産でも
それが不良資産として処分され
るまでは、現金等他の資産と
同じく資産として見なされるので
不良在庫が大きくても、資産が
大きい=利益が大きいになって
しまうのです。

企業で在庫と言われているものは
元々は現金で購入したものです。

それらが製品になって売却され
現金となって戻ってくることを
期待されています。

ところが不良資産になり、現金化
が不可能になったらどうでしょう❓

現金がなくなってしまい、支払う
事が出来なくなり、バランスシート上
は黒字なのに倒産してしまうのです。

ですから、企業は出来る限り
無駄な在庫を持たないように
血眼になって努力します。

生産計画を受注生産化したり
生産サイクルを月から週に
変えたりして、出来るだけ在庫
の圧縮を図ってきました。

その成果は実ったと言えるでしょう。



家計でも全く
同じ事が言えます。

家の中がきちんと整理されていて
無駄なものがないご家庭は赤字
には決してならないと思います。

冷蔵庫の中の食材やトイレットペーパー
等の日用品しかりです。

食材や日用品が増えれば現金は
減ります。

衣料品も同じです。
資産ですがお金ではありません。
お金と違ってそれらは時間と
ともに減価していきます。

今必要なものしか買わないように
しましょう。

家計簿節約隊の節約術で節約出来たお金を貯金に回しましょう!

家計を助ける節約サイト

固定費の削減で節約効果バツグン(節約術→貯金)/家計を助ける節約サイト




節約術を大きく分けると
1回ないし定期的に見直し
を行うことにより効果が
上がるものと、毎日ないし
毎週きめ細かな実践を通して
効果が得られるものがあります。

前者の例を挙げると、保険・
住宅ローン・通信費等です。

後者の例としては、食料品費・
被服費・水道光熱費等です。

別な言い方をすれば前者を
固定費、後者を変動費とも
言います。

おさらいになりますが
今日は前者の保険・住宅
ローン・通信費、いわゆる
固定費についての節約術を
説明したいと思います。

何故なら、一度集中して
見直せば、その節約効果が
大きいからです。

私もこのブログで口酸っぱく
固定費の見直しを唱えて
来ました。


それでは個々の節約術について
このブログのバックナンバーを
参照しながら説明していきます。

1.保険
私は火災保険を除き保険は全て
通販でいいと思っています。
是非、参考までにお見積もりを
とってみたください。
バックナンバー:保険の見直し
バックナンバー:生命保険
バックナンバー:医療保険
バックナンバー:がん保険
バックナンバー:通販型自動車保険



2.住宅ローンの見直し
マイナス金利今、住宅ローンの見直しを
お勧めします。
バックナンバー:住宅ローンの見直し

3.通信費の削減
携帯・スマホの普及で家計費に占める
通信費の割合が昔よりも桁外れに高く
なっています。
バックナンバー:格安スマホ

効果があるのは間違いありません。
じっくりと立ち向かってはいかがですか。

家計簿節約隊の節約術で節約出来たお金を貯金に回しましょう!


家計を助ける節約サイト











貯金の必要性(節約術→貯金)/家計を助ける節約サイト





昨日の羽鳥慎一モーニングショーで
老人の福祉について特集が組まれて
いました。

サンプルとして80代の御夫婦が
出演されていて、お二人の年金支給額
が20万円で、2人世帯の平均支出額
の24万円と比べるとかなり切り詰め
なくてはいけないとのことでした。

以前、1,000万円ほど貯金があった
のですが、子供の借金の返済に使って
しまい、現在は貯金はないとのこと。

今の生活苦もさることながら、今後の
生活に不安を隠せないでいました。

何故なら、将来介護施設に入るにせよ
一人当たり、12~15万円かかる
とのこと。

お二人の年金では難しいと言えます。



やはり、貯金は必要だということです。

ここでもたまたま1,000万円という
金額が出てきましたが、1,000万円
貯金があるのとないのとでは雲泥の差が
あります。

継続は力なりです。

少額でもいいので貯金をする習慣を
身につけましょう。

昨日のモーニングショーはとても
他人事だと割り切れるものでは
なかったです。

家計簿節約隊の節約術で節約出来たお金を貯金に回しましょう!


家計を助ける節約サイト

主婦の方が1000万円貯めた方法(節約術→貯金)/家計を助ける節約サイト




このブログで何回かOLの方の貯蓄方法を
紹介させていただきましたが、今日は主婦
の方の貯蓄方法を紹介させていただきます。

この方は「家を持ちたい」という強い思いを
ベースに貯蓄に励まれました。

確かに明確な目標があると強いでしょうね。

この方の具体的な節約術です。

・食費
節約と健康を考え定食系メニューにした。
惣菜は買わず手作り。

スーパーは出来るだけ1店舗だけを利用
する。
         ↓ ↓
ポイントも貯まるし、どこになにがあるか
わかっているので時間の節約になる。

まずは見切り品コーナーへ寄ってから
買い物。
見切り品コーナーに麺類と魚類があれば
買っておく。

ご主人のお弁当は必ず作る。

その浮いたお金は自分へのご褒美に
する。


・オリジナルの家計簿をつけている
エクセルで独自のものをつくった。
      ↓ ↓
きちんと家計簿をつけると、気が引き締り
無駄使いにブレーキがかかる。

・整理整頓に心掛ける
整理整頓を日常の生活にいかに取り込んで
いけるかが重要。

家の中が整頓されず、ごちゃごちゃしてきて
しまうと生活や心の中も乱れてしまい、浪費
が増えるような気がするからだそうです。

以上がこの方の主な節約術ですが、この方も
節約術を実行に移すにあたり

・節約は出来ることから始めてみる
・たくさんある節約を試してみる
・自分のオリジナルの節約を自分のライフスタイル
 に取り入れてみる

とアドバイスされています。

私はこの方の節約術で感心させられたのは、時間
を非常に意識されている点です。

いわゆる時短=節約です。

この方の成功は案外ここにあったのではないかと
気付かされました。

時間を有意義に使うことは究極の節約術なのかも
知れませんね。

家計簿節約隊の節約術で節約出来たお金を貯金に回しましょう!
バックナンバー:節約の第一歩は冷蔵庫の中の整理整頓
バックナンバー:電気料金の節約術

家計を助ける節約サイト

誰でも簡単に出来る節約術(節約術→貯金)/家計を助ける節約サイト




他の人が書かれた節約関連の
ブログを読ませていただきま
したが、あるシングルマザー
の方のブログが目にとまりま
した。

この方の総収入は月額18万円

それに対し節約金額が14千円

収入に対し8%弱のコストカット
になりますから、まずまずでは
ないでしょうか。

主な節約術は以下の通りですが
最も効果の高かったのは格安
スマホへの変更だそうです。

この格安スマホについては
私も以前このブログで取り上げ
ましたので、是非参照してください。

バックナンバー:格安スマホ


次に節約術の定番の電気代の
節約です。

これも私の過去ブログにテーマ
毎に詳しく解説しているので
目を通していただけると幸甚
なのですが。

バックナンバー:電気料金の節約術





おっと、忘れるところでした。

この人の面白いなと思った
節約術がありました。

それは、食費と雑費のお財布を
別々にして管理しているという
ことです。

週に食費は6,000円と決め
財布の中にはそれしかいれない。
1週間をそれでやり繰りすると
いった具合です。

バックナンバー:食料品の節約術


このように自分に合った節約術が
あるというのが、長く続けられる
秘訣だと思います。

皆さんもやられていると思いますが
クレジットカードやポイントカード
の活用でポイント=お金を貯めて
家計の足しにする等

一度の手続きで済んでしまうもの
は、やはりやったほうがいいに決ま
っています。

皆さんも1日も早く自分に合った
節約術を見つけてください。

家計簿節約隊の節約術で節約出来たお金を貯金に回しましょう!


家計を助ける節約サイト




生活スタイルをちょっとだけ変えてみよう(節約術→貯金)/家計を助ける節約サイト




家の中の整理整頓が
お金が貯まる要因の
一つに成っていることを
以前から言って来ましたが

皆さん、実行されてますか

企業に例えることもなく
モノ=お金ということです。

家の中が散らかっていると
必要なモノと不必要なモノ
の区別がなされていないので
何処に何があるのか分かり
づらく、同じものを二度
買ってしまったり、損する
ことの方が断然多いです。

必要なモノ以外のモノを
置いていない家
お金が貯まりやすい家
だと言えます。

家の中の整理整頓が
まだの人はまずこのこと
から手を付けましょう。

そして、整理整頓が済んだら
今後は無駄なモノを購入しない
ことです。

整理整頓されていれば
何が無駄なものかが
分かりやすくなります。




話しは変わりますが
夜、ファミレス等で
女性のおひとり様が
目立つようになって
来ました。

このことについて
とやかく言うつもりは
毛頭ありませが、節約
という観点、からすると
自分で料理を作った方が
断然安くつきます。

これは何も女性に限った
ことではなく、男性にも
勿論言えることです。

特に独身の方々にお勧め
したいのですが
とても時間がなくて出来る
訳ないでしょう
という言葉が聞こえてきそう
です。

でも、そう言う方にこそ
料理を作る喜びを味わって
もらいたいです。

節約も出来、作る喜び、楽しみ
を味わえたら、まさに一石二鳥
です。

これも過去のブログで書きましたが
料理の食材は1週間サイクルで回して
いきます。

これもモノ=お金という考え方に
基づくものです。

捨てざるを得ない食材を出来るだけ
減らそうということです。

今はレシピ本が出回っていますので
その気になれば、省エネで安くて美味
しい献立が作れるはずです。

作り置き等の工夫を凝らせば、尚更
いいでしょう。

整理整頓が行き届いた自宅で
自分で作った美味しい料理を
食べながら、一日の疲れをとる。

何て素晴らしい一時でょう。

一考に値すると思います。

家計簿節約隊の節約術で節約出来たお金を貯金に回しましょう!

家計を助ける節約サイト







プロフィール

長年企業のコストダウンの旗振り役を担い、ミスターコストダウンと呼ばれた経験と知識を家庭の節約術に応用し、節約出来たお金を貯金に回せるようにしたい。

スコーピオンZ

Author:スコーピオンZ
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム