家計簿節約隊の節約術で貯金を増やそう!
家計費を節約するための節約術を通して預金の増やし方をお教えします。

家計簿の簡単な付け方(家計簿節約術→貯金)/家計を助ける節約サイト



毎日の家計費の節約ご苦労さまです。

ここらで一度原点に帰って、足元も見直してみましょう。

まずは家計費の現状分析です。

家計簿をきちんと付けられてる方は比較的簡単かもしれません。

家計簿を付けてない方もこれから1ヶ月間下記の要領で家計簿を付けてみてください。

まずは己を知るところからはじめましょう。

新しい発見があって楽しいかもしれません。

あらかじめ家計費の性質に応じ下記ように分類して家計簿をつけます。

まず固定費と言われ額が変動せず、削ることが出来ないだろうと思われてい るモノです。

具体的には、住宅ローン、家賃、保険料、給食費、NHK・BS・WOWOW料金

新聞代、 夫の小遣いです。

次に準固定費と呼ばれるモノで、主として水道光熱費で、個別に水道代、 電気代

ガス代と分けて記入しましょう。

次に準変動費と呼ばれるモノで、主として電話等の通信費です。

固定電話代、携帯電話代(1台づつ)、プロバイダー代は固定費へ。

次に変動費と呼ばれるモノです。

食費、日用品、ガソリン代、被服費、交際費、外食代、病院代、理美容院代

レジャー代、雑費です。

最後に費目毎に集計して眺めてみましょう。

あらためて感じる部分があると思います。

そうです。

使いすぎている費目、もう少し節約出来る費目等

きっと見えてきます。

家計簿節約隊の節約術で節約出来たお金を貯金に回しましょう!


家計を助ける節約サイト




マイナス金利と住宅ローン(家計簿節約術→貯金)/家計を助ける節約サイト


マイナス金利になっても住宅ローンの見直し方の基本は変わりません。

ブログで自分の家の家計簿を紹介している人達が多くいらっしゃいますが、

やはり住宅ローンは家計費の中でもかなりのウエイトを占め、金額も50,000円

~80,000円といった具合に高額です。

住宅ローンの節約術としては2つの方法があります。

繰り上げ返済とローンの借り換えです。

1.繰り上げ返済

繰上げ返済とは毎月の返済とは別に元金の一部を返済することです。

これにより返済した元金に当たる分の利息を節約出来ます。

繰り上げ返済には、返済期間を短縮する「期間短縮型」と

毎月の返済額を減らす「返済額軽減型」がありますが、

利息を減らす効果は「期間短縮型」の方が高いです。


ではどの位効果があるか見てみましょう。

借入金3,000万円 当初の返済期間35年 金利2% 

ボーナス時の返済無しの場合です。

10年後に300万円繰り上げ返済>すると

「期間短縮型」で返済期間を4年短縮出来

総利息額は約170万円の節約となり

「返済額軽減型」では毎月返済額を

12,000円ほど減らせ、総利息額は約80万円の節約となります。


もうひとつ大切な事として、繰り上げ返済は早くこまめにすることがお得です。

10年後に300万円より、5年後150万円で10年後150万円の方が

20万円ほどお得になります。

2.借り換え

借り換えのメリットは上述の繰り上げ返済には及ばないまでも、繰り入れ返済資金

のない人には有効な方法です。


上記と同じ3,000万円の借入金で金利差0.5%、残りの借入期間25年とした場合

180万円近く利息額が浮くことになります。

但し、登記の手数料等が60万円ほどかかりますので

ネットで120万円>とこでしょう。

月額4,000円の削減になります。


それでは借り換えを行うのに最適な金融機関はどこでしょう。

次の3点を考慮に入れて選んで下さい。

①保証料がかからない。

保証料を金利に置き換えると0.2%位になります。

保証料のかからない金融機関をお選びください。

②繰り上げ返済をするのに金額等の制限がない。
ネットからでもいくらからでも返済が出来、どこのATMからも手数料

がかからない金融機関がいいですね。

③フラット35への借り換え

今話題のフラット35ですが、これは「団信」が0,3%位かかるので、

下手をすると金利差を打ち消してはしまうので注意を要します。

ネットで「住宅ローン借り換えランキング」が掲載されているので

以上の点に御注意され参照してください。

家計簿節約隊の節約術で節約出来たお金を貯金に回しましょう!

家計を助ける節約サイト

長期のキャッシュフロー表でお金の大切さを知ろう!(家計簿節約術→貯金)



今日は「キャッシュフロー表」のおさらいです。

会社に勤めている方または会社に勤めたことのある方なら

ご存知だとおもいます。

簡単に言いますと、現金ベースで収入や支出を記載し、お金

の流れを見るものです。

これを家計にも応用してみては?というのが今日の節約術の

テーマです。

このブログでも度々紹介しましたが、、各年代別に見て見ても

意外と貯金の出来てない方がいらっしゃいます。

家計のキャッシュフロー表を作ることで、貯金の必要性に気付いて

欲しいです。

このキャッシュフロー表の使い道は2つあります。

1つは、ご主人ないし奥さんが65歳になるまでの長期(1年単位)

のもの、もうひとつは1年毎の予実(予算と実績)対比です。

以下がキャッシュフロー表の項目です。

・収入  夫の手取り年収+妻の手取り年収+その他の年収
・支出  生活費+住居費+教育費+冠婚葬祭費
*生活費は食費、日用品費、通信費、交通費等わかる範囲で細分化
してください。
・貯蓄  収入-支出

です。

これを作ることにより、いつまとまったお金が必要になるか、具体

的にわかるので、長期に亘りそれに備えることが出来ます。

それと、これを作っている最中に自分の家の家計の問題点が把握

出来るようになり、節約ポイントを捉えることが出来ます。


例えばこんな感じです。

・夫 40歳 年収600万円(手取り480万円)
・妻 38歳 年収200万円(手取り170万円)
・子供 10歳と7歳
・期間は奥さんが65歳になるまでの27年間
・収入は夫も妻も65歳時定年まで、手取り年収変わらず、合計年650万円。
 夫の定年後の収入(年金)年200万円。
・生活費も長男が大学卒業するまで年240万円、次男が卒業するまで
 年207万円、次男大学卒業後年174万円。
・住居費(住宅ローン)は27年間変わらず、年130万円。
・教育費とイベント費合計で次男が大学を卒業するまで合計2,657万円。
・年間収支では27年の間、2度だけ赤字になったが、概ね長男が大学に
 入学するまで100万円強の黒字、長男独立後は200万円、次男独立後
 は350万円の黒字。
・夫67歳、妻65歳時の貯蓄額約5,700万円。

収入・支出の内訳は

収入合計 17,640万円
  収入内訳
(夫の手取り年収)13,050万円
 (妻の手取り年収 )4,590万円
支出合計 11、996万円
   支出内訳
(生活費) 5,829万円
(住居費) 3,510万円
(教育費) 2,177万円
(イベント費)   480万円

ということになります。

私自信の経験によると、50歳までの間に1度だけ赤字に陥りました。

次女の大学入学時です。

長女がまだ大学生だったので、正直しんどかったです。

我が家もそういう経緯を経て節約術を真剣に実践するようになりました。

いかがですか、皆さんも早速キャッシュフロー表を作ってみてはいかが

ですか?

家計簿節約隊の節約術で節約出来たお金を貯金に回しましょう!



がん保険を考える(家計簿節約術→貯金)あえい/家計を助ける節約サイト






◎がん保険

この保険は医療保険と違い若い時から入られることをオススメします。

がん適齢期に入るより保険料がメチャメチャ安いからです。

今がんで亡くなられる方が「3人に1人」から「2人に1人」に

なろうとしています。

がん治療はお金がかかります。

しかし、お金さえ掛ければ直る確率が高い病気とされています。

がん保険は上述の医療保険に比べ保障が厚く、保険料が安いのが魅力です。

がん保険には次の保障項目があります。

①診断給付金

初めてがんと診断された時、またはがんが再発した時(前回の給付金

受け取りから2年以上経過が条件)、受け取ることが出来る。

②入院給付金

がんの治療のため入院した時に支払われる。

入院給付日額(あらかじめ設定)×入院日数を受け取ることが出来る。

③手術給付金

がん治療のため保険会社が定めた手術を受けた時、上記の入院給付日額の

20倍相当額の給付を受け取ることが出来る。

④通院給付金

入院前後の通院に対し、通院給付日額(あらかじめ設定)×通院日数を

受け取ることが出来る。

⑤先進医療給付金

厚生労働大臣が定める先進医療を所定の施設で受けられた時、

その技術料が支払われます。

⑥抗がん剤治療給付金

公的医療保険制度の給付対象である抗がん剤治療を受けられた時、

その治療代が支払われます。

⑤と⑥は特約としている保険会社もあります。





私が若い時に入った方がいいと言っている理由を保険料の年齢比較でみてみましょう。

(保障内容)
①診断給付金 100万円
②入院給付金 10,000円
③手術給付金 20万円
④通院給付金 10,000円
⑤先進医療給付金 付ける
⑥抗がん剤治療給付金 付ける

保険期間・支払い期間:終身:男性    保険期間・支払い期間:終身:女性
加入時年齢 月額保険料(円) 加入時年齢 月額保険料(円)
20歳2,591            20歳2,640
30歳 3,498            30歳 3,657
40歳 5,239            40歳 5,352
50歳 8,494            50歳 7,167
60歳 14,297            60歳 9,602
70歳 25,143            70歳 14,344


次に加入する場合の注意点です。

がん保険の魅力は、何と言っても「がん診断給付金」です。

これは上述した通り、医者から「がん」と診断された時に貰える給付金ですが、

がんの初期である上皮内がんに対し100%支払う保険会社と10%しか

払わないとか、給付金を割り引いて支払う保険会社があるので、

よく確認が必要です。

もうひとつ「がん診断給付金」で注意を要するのが、

何回でも貰えるのか、制限があるのかです。

何回でも貰える方が安心ですよね。

保険会社によって違うので、ここもよく確認してください。


その他にも、保険会社で違う点としては、それぞれの給付金の支払いについて

金額や日数の制限がついているので、その点もよく見比べてください。


後、がん保険の注意事項としては、免責期間が通常90日間あり、

保険契約の責任開始は保険期間の始期から91日目となります。

勿論、免責期間の間も保険料は支払わなくてはいけません。


以上4回に亘って「生命保険」について説明しましたが、参考になりましたか?

保険相談をするのにも

予備知識があるのとないのとでは雲泥の差があると思います。

節約も知識があるのとそうでないとではやり得感も全然違うと思います。

家計簿節約隊の節約術で出来たお金を貯金に回しましょう!

家計を助ける節約サイト

医療保険(入院保険)を考える(家計簿節約術→貯金)/家計を助ける節約サイト




◎医療保険(入院保険)

何かの本か雑誌で読みましたが、その著者は医療保険(入院保険)には

入る必要がないと主張されていました。

私も全く同感です。

医療保険(入院保険)は費用対効果が合わない唯一の保険だと

思っていましたが、私の妹が今年、子宮筋腫の手術を受けるため入院をし、

あらためてそのことを実感しました。


その時かかった費用と医療保険から受け取った保険金額を比べてみます。

高額医療費控除を差し引いて病院へ支払った金額 169,300円

生命保険から降りた保険金額 217,000円
妹が7年間支払った保険料合計 459,648円


これを見ておわかりのように支払った保険料の割には

給付が薄く全く合わないと思います。





もしどうしても医療保険(入院保険)に入りたいと言う人は、

少し割高ですが、割高になっている分も含めて使わなかった保険料が

全額もどってくる返戻型の医療保険がありますので、

そちらの方をオススメします。

貯金だと思って入られるといいかもしれません。

保険金を使わなかった分だけ、保険料が戻ってきます。

加入時の年齢に関わらず、保険金を使わなかったとした場合

70歳で大体2,500千円位戻ってくる>ように設計されているみたいで

す。

勿論、70歳以降も全く同じ保険料、同じ補償で終身まで掛けることが出来ます。こちらの方を検討されたらよろしいかと思います。

家計簿節約隊の節約術で節約出来たお金を貯金に回しましょう!


家計を助ける節約サイト

生命保険の基礎(家計簿節約術→貯金)/家計を助ける節約サイト



◎死亡保障保険

まず、考えなくてはならないことは、自分が死んでしまった場合

残された家族にいったいいくら必要なのかを計算します。>

必要保障額と呼ばれているものですが、遺族の生活資金・教育資金・

結婚資金・住宅資金(賃貸住宅に居住している場合の家賃)が挙げられます。

サラリーマンと自営業では公的遺族年金の支給額が違う(サラリーマンの方が全然多

い)ので、

自ずと必要保障額も違ってきます。






だいたいの金額が生命保険会社で示されているので、参考までにその1例示します。


・会社員の場合>   35歳    45際   55歳
妻+子1人    3500万円 2900万円 1300万円
妻+子2人    3900万円 3500万円 1600万円


・自営業の場合>   35歳    45際   55歳
妻+子1人    5300万円 4600万円 2900万円
妻+子2人     5500万円 5100万円 3200万円


私は今45歳で会社員、かつ子供2人ですので、

私の場合は3500万円の保障額が必要になってきます。

下の子供がまだ中学3年生なので、大学を卒業するまでまだ8年位あると思うと

3500万円でもギリギリかもしれない。


簡単にシミュレーションしてみましょう。

・私の現在の手取り年収 640万円
・住宅ローン 120万円  自分が死ねばローンの支払いは免除される。
・差し引き 520万円
・遺族年金 120万円  最低限に見積もっている。
・差し引き 400万円

これの8年間とすると3200万円が必要になってきます。

そう思うと3500万円はいい線なのかもしれないですね。


死亡保障保険金額3500万円、保険期間65歳、保険料払込み期間65歳とした場

合の保険料をある生命保険会社に見積もってもらったら

月額保険料22,700円と出ました。


ここで素朴な疑問が湧いて来ました。

仮にこのまま8年間何にもなく終えることが出来たら、

必要保障額はどうなるのだろう?

その時私は53歳だから、上記の表だと2000万円以下で

いいということになります。


仮に53歳で今の保険を解約して、

あらたに死亡保障額2000万円の保険に入り直した場合、

保険料はいくらになるのだろう?

答えは月額17,400円、 5000円も安くなる。

でもどういう訳かこういうことをやる人は余りいないそうです。

そして無事65歳を迎えるとこの保険は終了となる訳です。


いくら保険料を払ったことになるんだろう?

総額で5,448,000円

安心のための保険なのだからしょうがないと言えばしょうがないのですが

ちょっと考えてしまう。





そこで提案されたのが「収入保障定期保険」というやつです。

これは死亡保険金額を一時金で貰うのではなく

給料のように毎月所定の金額(保険金額)を貰う形をとります。

私の場合年400万円が必要になりますので、月33万円必要。

その場合の保険料は月19,400円になります。

普通の死亡保障保険よりも月3,300円も安くなるのか。

さらにこの「収入保障定期保険」は月々ではなく一時金として、

保険金を貰うことが出来ます。

その金額は、45歳時67百万円、50歳時53百万円

55歳時36百万円、60歳時19百万円、65歳時19百万円です。>

こちらの方がお得感があります。


話を少し元に戻しますと、45歳時に35百万円、53歳時に20百万円の

保障額があればいいのですから

月々33万円の半分の17万円でも充分と言えます。

保険金額を17万円にすると、保険料10,100円

45歳時34百万円、50歳時27百万円、55歳時19百万円、

60歳時10百万円 、65歳時10百万円の一時金受け取りです。

同じ保障金額で保険料が倍以上安くなる「収入保障定期保険」絶対オススメです。

家計簿節約隊の節約術で節約出来たお金を貯金に回しましょう!

家計を助ける節約サイト


保険の見直し(家計簿節約術→貯金)/家計を助ける節約サイト



唐突ですが、皆さんは保険の見直しは進んでいますか?

保険に入っている人は是非見直しをしましょう。

私は以前から自動車保険は通販型をお勧めしてきました。

通販型は安いけど事故時の対応が心配と二の足を踏んでいる方も

多いと思いますが、その心配は無用と言えるでしょう。

問題は生命保険・医療保険・がん保険です。

私は見直しのために、近くの保険ショップに相談にいくことを勧めて

きましたが、完全に理解するには専門知識も必要になり、ショップ

店員の勧めるままに契約してしまうケースが多いみたいです。

それでは、生命保険・医療保険・がん保険の通販型はどうなんで

しょうか?




通販型のメリットは何と言ってもその安さです。

かなり安いと聞きますが、事実はどうなんでしょう?

ライフネット生命・アクサダイレクト生命が有名ですが、確かに対面型

の生保に比べて保険料は安いし、どちらも、お客さんがあれこれ迷わ

ないように商品を対面型よりシンプルにしていて、選び安い工夫が

なされています。

それでも、ある程度の生命保険の知識が必要なのは、言うまでも

ありませんが。

このブログの「後悔しない自動車保険の選び方」のところで、自動車

保険の基礎知識を解説しましたが、今度は生命保険・医療保険・

がん保険の基礎知識をおさらいしたいと思います。

家計簿節約隊の節約術で節約出来たお金を貯金に回しましょう!

家計を助ける節約サイト


貯金をして老後の生活に備えましょう!(家計簿節約術→貯金)家計を助ける節約サイト




このブログでも何回か紹介しましたが、年々各世代の無貯蓄世帯が増えて

います。

金融広報中央委員会の調査では、中高齢者世代の無貯蓄世帯比率は

下記のように推移しています。

(年) 50代 60代 70代
2008 22.2 20.9 19
2010 23.9 20.2 18.7
2012 29.1 23.4 23.9
2014 29.5 28.1 30.5
2015 29.1 30.1 28.6

この表を見ると、50代までに何とか貯蓄をしておかないと、そのままずる

ずると、50代、60代、70代を迎えていることがわかります。

この厳しい現実を直視し、私たちに出来ることは何なのでしょうか?

しつこいようですが、まずは家計の見直しが遠回りのようで近道です。

これも、以前のブログに書きましたが、収入が激減する定年後に慌てて

生活費を切り詰めようとしても、なかなかうまくはいかないと思います。

早くから節約クセを身につけ、少しでも貯蓄を増やし、老後の生活に

備えて欲しいと思います。

月2万円でも、20年で480万円、40年で960万円になります。

節約は早い者勝ち、千里の道も一歩から、継続は力なり 

です。





次に家計の見直し方法です。

①冷蔵庫の中の整理・整頓をする。

②電気料金のアンペアチェックをやってみる。
  その結果可能なら電力会社に連絡して1ランク下のアンペアに変えてもらう。

③使ってない電気製品のプラグを抜く。
  「待機電力」の削減です。

④生命保険の見直しをする。
  近所の「保険ショップ」でも「インターネットショップ」でもいいので見積もりを
  とってみる。

⑤住宅ローン・車のローンを組まれている方は金利の安いところに借り換えが
  可能か探してみる。
  現在借りている金融機関に相談に行くのが手っ取り早いと思います。

⑥自動車保険の見直しをする。
  「インターネット各種見積もりサイト」で見積もりをとってみる。

⑦通信費の見直しをする。
  ショップに足を運びより安いプランがないか相談してみる。

⑧普段から節約したい、ないし節約しなければいけないと思っているアイテム
  を書き出してみる。
*車を持たれている方はカーシェアリングを検討してみるのもいいと思います。

⑨家族会議を開き、これから家族の幸せのために皆で協力して節約していく
  ことを約束し合う。

自分自身の幸せのために「家計簿節約隊の節約術で節約出来たお金を貯金に回しましょう!」


家計を助ける節約サイト



投資信託(家計簿節約術→貯金)家計を助ける節約サイト



前回のブログでこのマイナス金利の時代、株式投資や金投資はなる

べく避けた方がいいと言いましたが、その理由を説明したいと思います。

日銀がマイナス金利政策を行うと発表した直後は、1ドル121円台の

円安になたものの、その後は円高が進み、今や1ドル104円台にまで

なっています。

このように円高が進むと、自動車産業など日本経済を支えている輸出

産業全体の業績が悪化し、当然株価は下落していきます。

そういう意味で、企業の収益力や今後の成長力といった株価に影響を

与える要素の分析が、なかなか我々素人には難しいと思われるから

です。

マイナス金利導入後に金の価格は上昇しましたが、金の価格は基本的

にドルを基調に動いていますので、金相場と為替相場の両方を常に

見なくてはならないので、やはりこの不安定な時代は素人は手を出さ

ない方がいいと思うのです。


そして、私のお勧めは投資信託です。

投資信託のポイントを整理します。

①初心者でも簡単に分散投資出来る。

なかでも、市場全体の動きを示す指数と同じ値動きをする「インデックス

投信」がお勧めです。

②毎月一定額を積み立てる。

価格が上がった時には少ない口数を、下がった時には沢山の口数を

買うことにより、値上がりした時の利益を大きくすることが出来ます。

③長く積み立てを続ける。

短期的には相場次第で目減りする場合もありますが、長期的に過去

のトレンドを振り返った場合、預金よりもいい運用成績が出ています。

1点投信での注意事項です。

投信は買う時に「購入時手数料」が、保有中に「管理費用」がかかり

ますので、出来るだけそのコストの安いものを選ばなくてはなりません。

先に挙げた「インデックス投信」は比較的コストは安いです。

家計簿節約隊の節約術で節約出来たお金を貯金に回しましょう!

家計を助ける節約サイト

マイナス金利に打ち勝つ(家計簿節約術→貯金)家計を助ける節約サイト




今回はマイナス金利についてお話ししたいと思います。

マイナス金利とは民間の銀行が日本銀行に預けるお金の一部に

マイナス0.1%の金利が適用されるということで、日本銀行に

民間の銀行がお金を預ける際、手数料を支払うことになります。

何故、マイナス金利を実施したかというと、金利を下げることで

景気を良くしようとしているからです。

金利が下がる→円の人気が下がり円安になる→海外の輸出が増え

企業の業績が良くなる→株価も社員の給与も上がる→消費が活発

になり景気が良くなる

このシナリオを狙っているのですが、実態は円高・株安に向かって

しまい、依然消費は低迷しています。







ここからが本題です。

このマイナス金利の環境下でお金をどうやって増やしていったらいい

のでしょうか?

結論から申し上げると、「より一層節約に力を入れ、不要不急なものは

買わない」 

これを徹底することです。

金利が低いといって、気楽にローンを組むのは控えた方がいいでしょう。

定期預金や定期積金の利息で満足されない方は、株式投資や金投資

に安易に飛びつかず、投資信託で一定額、長期間コツコツ継続していく

方法をお勧めいたします。

先回のブログで紹介した通り、脅かすつまりはありませんが、ムーディーズ

のアナリストが「先10年、日本の経済成長はさえない状態から抜け出せ

ない」と発表しています。

この予測は当たらないかもしれませんが、過去の失われた20年を振りかえ

れば、あながち無視は出来ないと思います。

こんな時代、自分の身は自分で守りましょう。

家計簿節約隊の節約術で節約出来たお金を貯金に回しましょう!

家計を助ける節約サイト



プロフィール

長年企業のコストダウンの旗振り役を担い、ミスターコストダウンと呼ばれた経験と知識を家庭の節約術に応用し、節約出来たお金を貯金に回せるようにしたい。

スコーピオンZ

Author:スコーピオンZ
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム