家計簿節約隊の節約術で貯金を増やそう!
家計費を節約するための節約術を通して預金の増やし方をお教えします。

カーシェアリングで車両費の見直しを(家計簿節約術→貯金)



今日はカーシェアリングのお話です。

カーシェアリングとは、複数の人が一台の車を共同利用するという考え方で

車の所有・維持にかかる税金、保険料、メンテナンス代、ガソリン代、

駐車場代などの諸経費はすべて利用料に含まれていて、会員登録して

おけば、使いたい時に手軽に利用できる仕組みになっています。





車を所有されている方は痛いほどお分かりだと思いますが、車には購入

費用だけでなく、上述した維持費がかかります。

さあ、あなたの家計簿を見てください。

車の維持費はどれくらいかかっていますか?

カーシェアリングの場合、ホンダのフィットやマツダのデミオクラスだと

利用料は15分200円です。

利用料の他は月額1000円の会費がかかりますが、仕事で毎日車を

使わなくてはならない人は別にして、乗られる頻度の少ない人は是非

カーシェアリングを検討されたらいいと思います。


このカーシェアリングを使った場合と自分の車を使う場合とで、どの位の

差額が出るか、概算ですが試算してみましょう。

車の購入代金や車検代があるので、単年度で比較しずらいので5年間

での比較にします。




◎車を購入した場合
・購入代金      1,500,000円(初年度)
・車検代       120,000円(3年目と5年目)
・メンテナンス代   100,000円(5年間合計)
・自動車税        172,500円(34,500円×5年)
・保険代        350,000円(70,000円×5年)
・ガソリン代   300,000円(月5,000円の5年間合計)
・駐車場代        600,000円(月10,000円の5年間合計)
合計金額      3,142,500円

◎カーシェアリングした場合
・1回利用料     4,800円(6時間利用)
・月10回利用    48,000円
・年間利用料   576,000円
・5年間利用料 2,880,000円
・会費          60,000円(月1,000円の5年間合計)
合計金額      2,940,000円

駐車場代の掛からない人やカーシェアリングの利用回数等、人によって

まちまちだと思いますので、ご自分のケースにあてはめて計算してみてください。


昨年の1月時点のカーシェアリングの会員数が約29万人にのぼるといいますから、

案外利用されている方は多いようです。

あなたも車両費の見直しをカーシェアリングでされてみてはいかがですか?

家計簿節約隊の節約術で出来たお金を貯金に回しましょう!




クレジットカードの使い方(家計簿節約術→貯金)


今日はクレジットカードの話をします。

現在、クレジットカードを利用することが、節約につながる

と思われている方がいる位、多くの方がクレジットカードを

買い物等の支払いに使われるています。




確かにクレジットカードは便利で、ポイントが貯まる等お得な

面もありますが、使い方を間違えば多額の返済に苦しむことに

なるのは周知の事実です。


私は家計費の管理は、あくまで現金主義が基本だと思っています。

クレジットカードの銀行口座での引き落としを、生命保険料等の

定額の口座引き落としと同等に利用しているのなら、問題はないと

思いますが、日用品等の支払いをクレジットカードで支払われる

のは、管理面で問題があると思います。

何故なら、口座引き落としまでの時間差が生じるので、現金以上に

シビアに家計簿で管理しなくてはならないからです。





それでも、どうしてもクレジットカードを利用したいと言う人向けに

「VISAデビットカード」を紹介したいと思います。

このカードは、VISAの利便性と貯金残高内で即時決済が可能なデビットカード

を融合したものです。

貯金残高があれば利用限度額がないので、いくらでも決済が可能ですが、

分割払いは出来ません。

無審査で入れ、24時間利用可能でネット決済にも利用出来ます。

またVISAがついているので、海外での身分証明等にも使えます。


ということで、どうしてもカードが必要な方は「VISAデビットカード」を検討

されたらいかがでしょうか?

家計簿節約隊の節約術で出来たお金を貯金に回しましょう!












20万部のベストセラーを読んで感じたこと(家計簿節約術→貯金)


20万部を売り上げた「貯金」の本を読みました。

年収200万円の人でも貯金が出来るという見出しで

貯金の源資は収入増ではなく支出減、すなわち節約です。




しかし、この本は具体的な節約術等を紹介しているのではなく、

貯金という行為に対する精神面の有り様、すなわち

心構えを軸に貯金の仕方をメインに解説しています。


興味深い記事を順不同で恐縮ですが何点か紹介させていただきます。

1.貯める理由をハッキリさせる

このことの重要性については、私もこのブログで何度か

述べさせていただきましたが、出来れば長期的なものと

短期的なものとを分けて貯金を管理することをおすすめ

します。

そのためにも、貯蓄用口座としてサブ口座を2本持つことを

推奨します。

ネット銀行口座についても検討してみたらいいと思います。


2.細かな節約よりも固定費カットの方が成果は大きい

この筆者が言う固定費とは家賃・住宅ローン・生命保険料

・新聞代等ですが、ここも考え方を述べるに留め、具体的な

節約方法については言及していません。

前回のブログで項目毎に節約方法を紹介し、出来ることから

始めましょうと呼びかけた私としては、考え方はその通りだと

思いますが、固定費・変動費にかかわらず、やれそうなところ

から始めたらいいと思います。


3.冷蔵庫の中が汚い人は貯金がうまくない人が多い

この記事を読んで我が意を得た気持ちになりました。

何千人もの家計を見てこられた筆者が言うのだから当たっている

と思います。

私が提唱している食料品の買い方をすれば、自然と冷蔵庫の中は

キレイになります。


4.どんなお金の使い方をしているか知る




皆さん、家計簿つけてますか?

私も口を酸っぱく言ってますが、家計簿が全ての元になると言っても

過言ではありません。


家計の節約方法は、企業の予算管理を真似れば上手くいくと思っています。

目標利益(目標貯蓄額)を捻出するために、経費(家計費)をカットしなくては

いけない。

そのための実施策を考える。

考えた実施策を実行に移す。

実行した実施策が、計画通りの成果(節約)をあげられたか検証する。

上記のplan do see のサイクルを繰り返して予算管理(家計費管理)

の精度を上げていく。

そのためにも家計簿は絶対に必要です。

家計簿節約隊の節約術で出来たお金を貯金に回しましょう!









今年こそ家計費を節約(家計簿節約術→貯金)


早いもので新年を迎え半月が経ちました。

家計費の節約は順調ですか?

今年も出来るところからやっていきましょう。




このブログで紹介した節約アイテムと節約術を列挙します。

1.生命保険の見直し
①定期保険は収入保障定期がおすすめ
②終身保険は低解約返戻金型がおすすめ
③医療保険は×、がん保険は○
 医療保険にどうしても入りたい人は保険料返戻型がおすすめ

2.自動車保険の見直し
①保険料のセーブを考えるのなら通販型自動車保険がおすすめ
 その中でも、イーデザイン損保・ソニー損保が事故時の対応評価
 が高い。
 但し、通販型自動車保険を申し込む前に自動車保険について
 ある程度勉強が必要

3.住宅ローンの見直し
①繰上げ返済
 「返済額軽減型」より「期間短縮型」の方が長期的にお得
②借り換え
 最適な金融機関の条件
 ・保証料がかからない
 ・繰上げ返済をするのに金額等の制限がない
 ・「団信」の手数料が低い




4.携帯料金
①割引プランを見直す
②出来れば複数のショップで確認

5.電気料金
①照明器具は順番にLED化
②電気器具は定期的に掃除
③冷蔵庫の中は1週間で入れ替える
④待機電力を削減するためにコンセントを抜く
⑤電力プランの見直しをする
⑥基本料金を下げる

6.ガス料金
①プランの見直し・ガス会社のホームページ参照
②ガス器具も定期的に掃除

7.水道料金
 例で挙げた6項目を実践するだけで3人家族で月900円の節約

8.食料品
 1週間サイクルで献立を立てそれに基づき必要なものだけ購入

9.日用品
 まとめ買い等せず、最長でも1ヶ月で消費出来る量のみ購入

以上の節約方法で捻出出来た現金をネット銀行で増やす。


皆さん、無理なく出来ることから始めましょう!
そして、家計簿節約隊の節約術で出来たお金を貯金に回しましょう!







</div>
<div class=

「保険ショップ」規制強化(家計簿節約術→貯金)


1月11日の朝刊に「保険ショップ規制強化」という記事が載っていました。

その記事によると、複数の保険会社の商品を扱う代理店「保険ショップ」

が急拡大する中、顧客に不利な商品が販売されたりするのを防ぐのを

目的としているそうです。





このことは以前から、独立系のフィナンシャルプランナーの人達が指摘

されていた事でしたが、「保険ショップ」の営業員は保険会社からより

多くの手数料が入る商品を販売した方が、収入が増えることから、必ずしも

顧客にふさわしい商品を勧めていないのではないかということでした。


「保険ショップ」は雇用関係はなく、契約成立によって報酬を受け取る

営業員に再委託し、商品を販売しているのでケースが多いので、上記

の事柄は十分に考えられます。





我々の防御の方法としては、「保険ショップ」1社のみで決めず、複数の

「保険ショップ」に相談して決める。

「保険ショップ」の営業員の言うことを鵜呑みにせず、自分でも保険の知識

を身に付ける努力をする。


保険は住宅に次ぐ人生で2番目の高い買い物だそうです。

慎重の上にも慎重を重ねて選びたいものです。

家計簿節約隊の節約術で出来たお金を貯金に回しましょう!











個人賠償責任保険が役立った(家計簿節約術→貯金)



皆さんは「個人賠償責任保険」という保険をご存知ですか?





ある保険会社のパンフレットに書かれている説明文を引用させていただくと

「記名被保険者やその家族等が国内外での以下のような事故により、

他人のケガ等をさせたり、他人の財物を壊して法律上の損害賠償責任

を負う場合に、1事故について保険金額を限度に保険金をお支払いいたします。

・日常生活に起因する偶然な事故

・記名被保険者が居住に使用する住宅の所有、使用または管理に起因する

 偶然な事故」

とあります。


この保険は、今はこの保険単独では加入することが出来なく、火災保険や

自動車保険の特約として入ることが出来ます。

保険料も保険金額無制限でも年額2,000円弱とお安くなっています。

何故この話をしているかと言えば、つい最近この保険に入っていて良かった

という、身近な事例が起こったからです。


友人の子供が、自転車で公道を走っていて、対向の自転車を避けようとして

ハンドルを切り損ね、歩行者に接触してしまいケガを負わせてしまいました。

そして、ケガをされた方から、治療代等を請求されてしまいました。

友人はマンション住まいなので、階下への水漏れ事故を心配して火災保険に

特約として「個人賠償責任保険」を付けていたので、全額その保険でカバー

することが出来、大変助かったと言ってました。




因みに子供もケガをし、その治療代は自動車保険の人身傷害保険を使うことが

出来たそうです。

人身傷害保険も「搭乗中のみ」とか制限を加えず、交通事故全般にしておくと

上記の事故の場合も使うことが出来ます。


話を「個人賠償責任保険」に戻しますが

この特約は、事故で自分とその家族が他人から損害賠償を請求された場合に

支払われる保険です。

自動車事故だけではなく、日常生活に起因する事故を補償してくれますので

補償範囲は存外広いですので、検討の価値はあると思います。

家計簿節約隊の節約術で出来たお金を貯金に回しましょう!



終身保険のおすすめは低解約返戻金型(家計簿節約術→貯金)


本日は生命保険のお話です。

以前このブログで私は、定期保険に入るなら「収入保障定期保険」

お得ですよというお話をさせていただきましたが、定期保険だと保険期間

の満了で、それまで掛けていた保険料が一銭も戻って来ないので、

少しでも戻ってくる生命保険はないのかというお問い合わせがありました。

そこで、今日は終身保険のお話をさせていただきます。





終身保険とは、保険期間が終身なので、保険料は定期保険に比較して

かなり高いです。

それと、終身保険の特徴として利回りがいいので貯蓄として活用されて

もいます。


私のおすすめの終身保険は「低解約返戻金型終身保険」です。

この保険は保険料払い込み期間中に解約すると、通常の終身保険

より、解約返戻金は少なくなりますが、保険料払い込み満了後は

通常の終身保険と解約返戻金が同じ水準になります。


それゆえ保険料が通常の終身保険より安く設定されています。


10年を超える保険料の払い込み期間を要求されますが、それでも

6%位の利回りが期待出来、解約しなければその後も利回りは増え

続けるので、貯蓄性は定期預金よりははるかに優れていると言えます。





よく保険会社の営業マンは「収入保障定期保険」と「低解約返戻金型

終身保険」の2本立てをすすめます。


私も家計が許すならベストのおすすめだと思います。

働き盛りの時の保障を厚くし、定年後はある程度まとまったお金が

戻ってくるので、理想と言えば理想でしょう。

それもどちらも、通常の定期保険と終身保険に比べ安い保険料

なので、お得感もあると思います。

家計簿節約隊の節約術で出来たお金を貯金に回しましょう!










家計費の予算管理のやり方(家計簿節約術→貯金)


今日は家計費の予算管理の話です。

企業では専門の部署が設置されている位大切なことですが、

家庭ではどうでしょう?




やられているとは思いますが、そんなにシビアにやられている

ご家庭は少ないのではないでしょうか。

今年こそしっかり家計費の計画を立て、それに基づく予算管理を

徹底していってください。


何回も口を酸っぱく繰り返していますが、

×目標貯蓄額=収入予定額ー家計費予算

◎家計費予算=収入予定額ー目標貯蓄額

です。

目標貯蓄額が先にあります。

先に貯蓄専門口座に毎月決まられた金額を振り替えておきます。


それでは予算管理について説明します。

最初にやることは家計費予算の設定からです。

家計簿をもとに費目毎に削減目標を決めます。

そうです。これが出来るには毎月家計簿を付けておくことと、

このブログを参考にして、節約方法をあらかじめ決めておくことです。

各種保険・住宅ローン・水道光熱費・携帯料金等やれることは

山ほどあります。





そして上に記したやり方で決定した家計費の予算内訳を書き出します。

まず最初に、あらかじめ支出額が決まっている住宅ローン・家賃

・保険・授業料等を書き出します。

次に水道光熱費と携帯電話料金ですが、これらは削減目標を

織り込んだ金額を書き出します。

食費と日用品費、これも削減目標を織り込んだ金額を書き出します。

最後にその他の出費として必要金額を書き出します。


これらの合計と家計予算とを比較します。

合計の方が大きかったら、再度削減目標を見直し、少なくとも

合計=家計費予算になるまで見直しを続けます。

家計費予算の方が大きかったら、毎月の貯蓄額を増やします。


そして、これが一番大事なことなのですが

毎月予算通りいったか実績のチェックを行います。

予算通りいかなかったら、その原因を追究します。

保険・住宅ローン・携帯料金の見直しも出来た順に予算に

織り込んでいきます。

当然のことながら、浮いた分は貯蓄に廻しましょう。


これを1年間通してやってみてください。

今まで見えなかったものが見えてきて、得るものが大きい1年に

きっとなると思います。

家計簿節約隊の節約術で出来たお金を貯金に回しましょう!








食料品・日用品のまとめ買いはおすすめしません(家計簿節約術→貯金)


あけましておめでとうございます。

今年も家計費の節約術をはじめ、暮らしに役立つと思う情報を

提供していきたいと思います。




よく家計費を節約するために、セール時の「食料品や日用品のまとめ買い」

を主張する人がいますが、私はこの考え方には同調出来ません。

何故なら、以前から申し上げている通り、

私の考え方は  在庫=現金 という考え方を基本としている

からです。

そして、もうひとつの考え方は家計費を月単位で管理するものと

週単位で管理するものとに分けて考えるということです。


その考え方からすると、食料品はその週で消費出来る量だけ、

日用品はその月で消費出来る分だけ購入する。

この原則を守っていただきたい。


月の給料(収入)から住宅ローン(家賃)・水道光熱費予定額等

口座から予め引き落とされることが分かっている金額を差し引き

その後毎月の貯金額を差し引いた残りの金額が

毎月の食料品と日用品等に当てれる金額です。

更に、その金額を4等分して袋に分けて使われると、管理し易い

かもしれません。


家計費を節約するには無駄の排除が不可欠です。

何が無駄なのかが分かるようにするために、置き場所を決め

整理・整頓・清掃が必要なのです。





まとめて買えば1個当たりの単価は安いでしょうが、間違いなく

財布の中の現金は減っています。

その分どこかでしわ寄せが来ませんか?

もし来ないとしたら、まだまだ節約が甘いと言わざるを得ません。


月を跨いで帳尻が合うかもしれませんが、管理という面からは

どうでしょう?

うまく予算管理が出来るのでしょうか?

次回はその予算管理について解説したいと思います。

家計簿節約隊の節約術で出来たお金を貯金に回しましょう!




プロフィール

長年企業のコストダウンの旗振り役を担い、ミスターコストダウンと呼ばれた経験と知識を家庭の節約術に応用し、節約出来たお金を貯金に回せるようにしたい。

スコーピオンZ

Author:スコーピオンZ
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム