家計簿節約隊の節約術で貯金を増やそう!
家計費を節約するための節約術を通して預金の増やし方をお教えします。

ネット銀行のおすすめ(家計簿節約術→貯金)


前回のブログで銀行口座を3つ持ってくださいと書きましたが

メインの口座はメガバンクが便利だと思いますが、後の2つは

ネット銀行をおすすめします。







ネット銀行とは、店舗などをほとんど持たず、大部分のサービスを

ネット経由で提供するインターネット専業銀行のことです。

ネット銀行はコンビニなどのATMを無料で利用出来たり

振り込みや入出金のやりとり、残高の確認がネット上で出来

利用する時間を選ばないというメリットの他、メガバンクのように

固定費がかからないので、預金金利が従来型の銀行よりも高く設定

されています。

ネット銀行のデメリットとしては、通帳がないので通帳でのお金の管理

が出来ない点と公共料金の自動引き落としサービスがないところもある

という点があげられます。

以上の点、特に金利が高い点から、サブの口座として

ネット銀行がうってつけだと思います。





ネット銀行にはどんな銀行があるのだろう?

その特徴とともに以下にまとめてみました。

・楽天銀行
楽天のネットショッピング「楽天市場」を利用する際、クレジットカード
なしでも決済出来る。
各種楽天会員取引の利用で楽天スーパーポイントが貯まり、電子マネーの
「楽天Edy」のチャージもスムーズに出来る。

・住信SBIネット銀行
三井住友信託銀行とSBI証券(ネット証券)に口座開設していれば利用できる
「SBIハイブリッド預金」が高金利でお得。
セブン銀行のATM利用手数料が何回でも無料。

・じぶん銀行
auと三菱東京UFJ銀行の共同設立。
パソコン利用は勿論のこと、スマホやauの携帯電話専用アプリが便利。
じぶん銀行と三菱東京UFJ銀行間の振り込み手数料が無料の他、三菱東京UFJ銀行
やセブン銀行のATM手数料が月3回まで無料。

・ジャパンネット銀行
三井住友銀行、ゆうちょ銀行や各コンビニATMと提携しているので、入出金に
不便さを感じることはない。
ネット銀行で唯一公共料金の引き落としが可能。
ヤクオフ決済が簡単に出来るサービスあり。

他にもいくつかありますが、上の4つが人気があるようです。

(ネット銀行金利比較) 12月30日現在 100万円未満 定期預金(1年)

住信SBIネット銀行 0.250%

楽天銀行      0.200%

じぶん銀行     0.130%

ジャパンネット銀行 0.100%

メガバンク     0.025%
(三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・みずほ銀行)

家計簿節約隊の節約術で出来たお金を貯金に回しましょう!






お金は3つの口座で管理して増やす(家計簿節約術→貯金)


このブログを始めて1ヶ月が過ぎました。

家計費の削減方法として生命保険と自動車保険、住宅ローンの見直し、

携帯料金・水道光熱費・食費の削減と順番に書かせていただきました。

それに加え、家計を守るために必要と思われるもの、火災保険の見直し

や地震保険及び防災グッズの必要性も述べさせていただきました。





今回は削減出来たお金をどうするかについて説明します。

まず最初に銀行口座が3つ必要になります。

給与等が振り込まれ、そこから家賃や住宅ローン、公共料金の引き落とし

及び月々の生活費を引き出すメイン口座。

近い将来使うことを目的としたサブ口座。

長期でまとまったお金を貯めるためのもうひとつのサブ口座。

ひとつの口座で入ってくるお金も出て行くお金も管理すると

貯める金額のイメージがつかみにくく、無駄な出費をしやすく

なるからです。

この3つの口座をうまく使いたいものです。





前回も申し上げましたが、月々の生活費=給与ー(住宅ローン+公共料金等)

ー貯蓄目標額です。

月々の生活費が先にあるのではなく、貯蓄目標額が一番先です。

この貯蓄目標額も2つに分かれます。

1つは近い将来使うことを目的としたもの。家族旅行等が当たるでしょう。

2つ目は長期でまとまったお金を貯めるためのもの。住宅購入資金等

が当たるでしょう。

2つ目の口座は定期預金か定積預金がいいでしょう。


家計費の節約・削減は何のためにするのか?

家族皆の幸せのためにするんです。

そのための貯蓄でもあるのです。

家計簿節約術で出来たお金を貯金に回しましょう!



<




私の保険見直し方法は正しかった(家計簿節約術→貯金)


12月30日号のプレジデント(保険・相続・老後のお金 特集)で

ファイナンシャルプランナーの方達が「保険の見直し」について

解説されていました。




その解説を読んであらためて保険について、自分が思っていた

ことが正しかったということがわかりました。

私もこのブログの一番最初(11月25日アップ)に「保険の見直し」

を取り上げました。


その時の私の記事を要約します。


・死亡保障は収入保障定期保険がおすすめです。

 お得な保険料で充分な保障が得られます。


・医療保険は費用対効果の一番悪い保険です。

 どうしても入りたい時は、使わなかった保険料が全額戻ってくる

 タイプのものに入るのがいいです。


・がん保険は出来れば若い時から補償の厚いものに入っていた

 方がいいと思います。

 がんで死ぬ人の割合が50%に毎年近付いています。

 その上がんの治療にはお金がかかります。

 絶対入っといた方がいい保険だと思います。





いろいろな生命保険会社がいろいろなタイプの保険を販売しています。

見直しの相談に、今はやりの無料相談を利用されるのも結構ですが

1箇所だけで決めないで、最低でも2箇所は回りましょう。

そして、出来ればご自身で保険のことを少し勉強されてから相談に

行かれた方がいいと思います。

プレジデントでフィナンシャルプランナーの方も言ってましたが、

無料相談といっても商売なので、今の保険を解約して新しい保険

に入れたがる傾向が強いところもあるそうなので、上の2つは

どちらも必要なことではないでしょうか?


生命保険は長期間入る保険なので、ものすごく高い買い物です。

保険料1万円で30年として360万円です。

慎重に決めたいものです。

家計簿節約隊の節約術で出来たお金を貯金に回しましょう!










地震保険の必要性を再度説明します(家計簿節約術→貯金)


先日、「首都直下型地震」の話が新聞の一面を飾っていました。

それによると、近い将来都心南部を震源地とする直下型地震の発生が

予想され、被害想定、死者23,000人、経済損失95兆円に上ると

されています。




東京都の死者はそのうちの6割、13,000人になると予想され

その65%が火災で亡くなると試算されています。


皆さんは地震保険にもう入られましたか?

このブログの⑪地震保険でも書かせていただきましたが

地震保険は必要な保険です。

当座の資金としてきっと役に立ちます。


ブログ⑪では建物に対する地震保険料と火災保険料のシミュレーショオンを

載せましたが、ここでは家財に対する地震保険料と火災保険料

をお見せしたいと思います。


家財に対する火災保険金額1,000万円、地震保険金額500万円
保険期間1年、地震は建築年割引10%考慮

①柱が木造の場合
火災保険料 15,300円
地震保険料 14,100円
合計     29,400円

①柱が鉄骨の場合
火災保険料 12,100円
地震保険料  7,600円
合計     19,700円

①柱がコンクリートの場合
火災保険料  4,800円
地震保険料  7,600円
合計     12,400円





損害額の評価も建物の時と同じで、全損・半損・一部損で鑑定人によって

評価されます。


現在、家財の火災保険に入っている人はそれに中途付帯が出来、新規に

入る人は気に入った保険会社をお選び下さい。

出来れば大手の損保会社がいいです。

動員力が違うので、速やかに保険金が支払われます。

過去の実績がそれを物語っています。


来年7月より地震保険料が大幅にアップ(東京都で20%位アップ)します。

最長5年入れますし、保険料も1年より格安になります。


次回は地震に備えてどんな準備をしていたらいいかを説明したいと

思います。

家計簿節約隊の節約術で出来たお金を貯金に回しましょう!








現金を増やすため食料品ストックを削減(家計簿節約術→貯金)


私のブログを読んだ方から、 

在庫=現金という考え方を、もっと詳しく説明して欲しい

という要望がありましたので、

今日はそのことについて書かせていただきます。




企業では決算の時、必ず在庫の棚卸しを実際に行います。

そうしないと、利益が確定しないからです。

そして、棚卸しした在庫金額が大きければ大きいほど

利益は大きくなります。

在庫はいずれは売上となり、現金に換わるからです。

ところが、お金に換えることが出来ない在庫=不良在庫

を一杯持ってたらどうでしょう

会社の資金繰りがたちゆかなくなり、

利益は出ているものの、黒字倒産になりかねない。

同じ持つなら、在庫でより現金で持ちたいですよね。

企業が躍起になって在庫削減に取り組んでいるのは

少しでもお金を増やそうとしているからなのです。





大昔は企業の生産計画も月単位で立てられていました。

そうすると、在庫も月単位で持たなくてはいけないので

在庫金額も大きく、ムダも多かったようです。

それが今では、週単位生産は当たり前、

毎日生産計画に挑戦しているところもあります。

在庫も少なくなりますが、物凄い努力が必要です。


冷蔵庫の中を企業の在庫置き場、献立を生産計画

例えると、

その日の献立に必要なものを、必要な量だけ買う。

そうすれば、自然と冷蔵庫の中はキレイになり、

食料品のストックが減った分だけ財布の中が増えているはずです。

家計簿節約隊の節約術で出来たお金を貯金に回しましょう!






水道料金も家族皆で節約すればいくらかな?(家計簿節約術→貯金)


次は水道料金の節約術についてです。

通常水道料金と言われるものは、水道料金と下水道料金と

合わせたものを言いますが、金額的にも、節約が出来るという

視点から、ここでは水道料金について説明したいと思います。




水道料金の計算方法も電気・ガス料金と同じく

基本料金+(単位料金×水道使用量)

です。

但し、電気と違い水道の基本料金は水道の口径によって

決まるのですが、これを変更することは出来ないので

基本料金を削減することは不可能です。

ですから、水道料金の節約は専ら使用量を減らすということ

になります。

水道局の調査では水道の使われる割合は

トイレ28%、風呂24%、炊事23%、洗濯17%、その他8%

だそうです。

トイレの割合が大きいのには驚かされましたが、風呂、炊事

洗濯の3つに関しては、そんな感じかなという思いです。


通常の蛇口だと1分間に12ℓの水が流れるそうなので

1ℓ当たりの水道単価が0.24円とすると、約3円かかる

ということです。


水道局でも節水のポイントとして次のようにPRしています。

①洗面・手洗い:こまめに蛇口を開閉する。

②歯磨き:水を流しっぱなしにせず、コップに汲んでゆすぐ。

③炊事:水を流しっぱなしにせず、コップに汲んでゆすぐ。

④洗車:バケツに汲んで洗う。

⑤風呂:浴槽の残り湯を洗濯・清掃などに利用する。

⑥シャワー:こまめに止める。





さらに、3人家族で②と④と⑤を実践すると合計で

月額900円の節約になるそうです。

内訳は歯磨き220円、洗車30円、風呂650円となってます。

風呂の金額が大きいのは毎日それを行った場合だということです。


節約方法としては、多くのブログで皆さんが紹介されていますが、

私なりに数ヶ月試して効果があったと思われるものをご紹介

いたします。

・トイレは必ず水を流す場合、大・小のレバーを使い分ける。
 意外に小の時も大を選択している場合がある。

・お風呂のシャワーヘッドを節水用に替える。
 手元に止水スイッチがありとても便利。
 ホームセンターで1,000円位で販売しています。

とにかく、やれそうだと思ったところから始めてください。

家計簿節約隊の節約術で出来たお金を貯金に回しましょう!




ガス料金にもプランがあるのを知ってましたか?(家計簿節約術→貯金)


電気料金の節約術の次は、ガス料金と水道料金の節約術について

説明しようと思っていたのですが、何を思ったか、食料品の

節約術についてお話してしまいました。




ちょっとどうかしてるぜ!

あらためてガス料金の節約術について説明します。

ガス料金の計算方法は 基本料金+(単位料金×ガス使用量) 

です。

一見電気料金とそっくりですが、電気と違い、

ガスの基本料金は

ガスの使用量によって変動します。


すなわち0~20㎥のガス使用量の基本料金は724.50円

20㎥をこえ80㎥のガス使用量の基本料金は997.50円

といった具合に、使用量が増えれば基本料金も高くなります。

電気の基本料もアンペアの大きさで決定されるので、

同じと言えば同じですが。


基本料金と違って単位料金は使用量が増えれば安くなります。

すなわち0~20㎥のガス使用量の単位料金は161.17円

20㎥をこえ80㎥のガス使用量の単位料金は147.52円

です。





ガス料金も電気料金と同じように各自のご家庭にあったプラン

を用意しています。

東京ガスではホームページでシミュレーションが出来るので

最適プランをご自分で選ぶことが出来ます。

是非ご自分でやってみてください。

最適プランが見つかると思います。


ガス器具も電気器具と同じく日常のお手入れが大事です。

熱効率を妨げるのは汚れです。

電気器具と一緒にお手入れしちゃいましょう。


一般家庭で最もガス代が掛かるのがお風呂だと思いますが

湯船の上に保温シートをかけて、お湯が冷めるのを遅く

している家庭があると聞いたので、百均で買って来て

試したところ、効果大でしたので、皆さんも是非お試し下さい。

後、風呂釜の掃除、月2回はやってください。

やるのとやらないでは、お風呂が沸く時間に差が出ます。

家計簿節約隊の節約術で出来たお金を貯金に回しましょう!








食料品の節約術(家計簿節約術→貯金)


前回まで電気料金の節約術を説明させていただきましたが

その総仕上げとして、契約アンペアを10アンペア下げて基本料金を

安くしましょう。




30アンペアを20アンペアにすることにより、(東京電力では)

基本料金を819円から546円に落とすことが出来ます。

これで月額273円の節約です。

待機電力の節減、照明器具のLED化、

冷蔵庫やエアコンの使用方法の改善
家庭に合ったプランの変更と合わせると
月額1,000円以上の節約が出来るはずです。
%とで言ったらどうでしょう?

目標の10%は優に超えていると思います。


次に食費の節約術を解説します。

これも企業での話しですが

製造業の現場ではジャストインタイムと言って

必要なものを必要な時に必要な分だけ造るのが

コストダウンの王道です。

また、裏方でそれを支える調達部門では

モノを購入する時、必ず行うのが「相見積もり」をとる

ということです。

そして在庫になってはいけないモノは出来れば毎日

少なくとも1週間単位で納品させることが出来るように

発注をかけていく

そのかわり、多少は長く在庫していいものは

ロット買い等して単価を安くさせる。

他にも様々な取り組みがありますが

とにかく不必要な在庫を持たないこと。

このことを念頭に

食料品の購入にはこの3つの方法を当てはめて考えていきたい

と思います。




生産計画が献立、部材の在庫が食料品の在庫とみなします。

そうすると私なりの結論は以下になります。

勿論皆様既にやられていると思いますが、食料品の購入先として

業務用スーパー、大手スーパー、ローカルスーパーの3つを

持っていただきたい。

それを前提にして

①生鮮食料品以外の購入は週1回とする。

②冷蔵庫の棚卸表を見て、1週間の献立を決める。

③それに従い必要な食料品の購入リストを作成する。

④購入場所は業務用スーパーと普通のスーパー2ヵ所にする。

⑤先に業務用スーパーで必要なものを買い揃える。

⑥次に業務用スーパーで揃えられなかったものだけ普通のスーパーで買う
*ここで忘れてはならないのが、1週間分しか買わない
  ということです。
  目玉商品だからと言って余分に買い過ぎないことです。

⑦冷蔵庫に入れる必要のない日持ちするものに限り
  お得な場合に限り多めに買ってもいいでしょう。

⑧生鮮食料品の買い物は鮮度があるので、その都度
  購入するが、必要な量しか買わない。
  その時、他のお買い得商品があったとしても買わない。

要は献立に必要なものしか買わないということです.

そんなこと当たり前じゃない。

そうです。当たり前です。

その当たり前が出来ていれば冷蔵庫の中はキレイに片付いているはずです。


冷蔵庫の中は1週間単位で全て入れ替わる。

冷蔵庫に入れる必要のない食料品も出来るだけ在庫しない。

勿論、献立の変更もあると思いますが、冷蔵庫の棚卸表

と相談して、その場合でも出来るだけその日で使い切る量のみ購入

するようにしてください。


企業は在庫減らしに躍起になります。

在庫=現金という考え方が根付いているからです。

在庫が半分になれば、その分現金が増えるからです。

家庭でも同じです。

必要なモノを必要な時に必要な量だけ購入する。

この方法で目標の10%の節約は確実に達成出来ると思います。

家計簿節約隊の節約術で出来たお金を貯金に回しましょう!




プラグをこまめに抜いて待機電力削減へ(家計簿節約術→貯金)


皆さんは「待機電力」という言葉を聞いたことがおありですか?

電気製品をOFFにしていても、プラグをコンセントから抜いて

いないと電気代が掛かっているのです。

ある調査では家庭の電気代の10%に当たると説明されています。





パソコン、テレビ、電子レンジ、見渡せばまだまだ一杯ありますね。

長時間使わない時はコンセントからプラグを抜いて下さい。


これも前回話させてもらった3Sと関係するのですが、冷蔵庫の

上にはモノを置かないこと、上にモノがあると電気代がかさみます。


それに、電気製品をよく掃除することです。

汚れていると熱効率が悪くなるので、電気代が余計にかかって

しまいます。


次にエアコン等の設定温度についてです。

月に2度フィルターを掃除し、設定温度を通常より1℃下げた場合

月270円電気代が下がると東京電力が発表しています。





トイレの便座も同じで中を弱にした場合、月150円の電気代

節約になるそうです。


皆さん塵も積もればです。

企業ではビス1本何銭のコストダウンに取り組み続けています。

それからみれば、随分美味しい話だと思いませんか?


最後にテレビですが、今発売されているものは全て「省エネモード」

仕様になっています。

購入される場合、電気代のことも考慮されるのでしたら、販売員に

その点もよく訊かれたらいいと思います。

全ての機種が同じという訳ではないので。

家計簿節約隊の節約術で出来たお金を貯金に回しましょう!


電気製品の使用方法節約術(家計簿節約術→貯金)


今各家庭では電気製品が氾濫していると思います。

前回までで取り上げた照明器具、冷蔵庫をはじめエアコン

洗濯機、テレビ、電子レンジ、ドライアー、掃除機等

ざっと見渡してもこれぐらいあげることが出来ます。





このブログを書きはじめてつくづく思うのが、企業も家庭も

節約=効率という意味では同じだということです。

企業では、生産効率と品質の向上を目的として3S活動

5S活動なるものを行います。

3Sとは整理・整頓・清掃のことで、5Sとはそれに清潔

と躾を加えたものです。


何社も工場見学に行かせて貰いましたが、優れた

企業は間違いなくこの3Sなり、5Sが出来ていました。

私も経験がありますが、このことが習慣化・日常化するのに

どれだけの努力と時間を要したか、頭が下がります。





家庭も同じだと思います。

手法やテクニックを実践するのも必要ですが、3Sや5Sが

日常化すれば、その効果も倍増すると思います。

今「断捨離」という言葉がちょっとしたブームになっていますが

これから大掃除の季節です。

不要のものを思い切って処分しましょう。


冷蔵庫の節電のところでもお話しましたが、冷蔵庫の中の

整理・整頓・清掃が行き届けば、無駄な電気も使わなくなります。

整理・整頓・清掃が家庭内に行き届けば電気代の節約につながり

ますし、何より気持ちの良い生活が送れます。


大きな企業でも何年・何十年と取り組み続けています。

あなたも今日から取り組み始めてみませんか?

家計簿節約隊の節約術で出来たお金を貯金に回しましょう!




プロフィール

長年企業のコストダウンの旗振り役を担い、ミスターコストダウンと呼ばれた経験と知識を家庭の節約術に応用し、節約出来たお金を貯金に回せるようにしたい。

スコーピオンZ

Author:スコーピオンZ
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム