家計簿節約隊の節約術で貯金を増やそう!
家計費を節約するための節約術を通して預金の増やし方をお教えします。

自動車保険の見直しのお勧め(家計簿節約術→貯金)/家計を助ける節約サイト




15日のブログで固定費を削減しましょう
と書かせていただき、その節約術のひとつ
に自動車保険を取り上げましたが、今日は
もう少し踏み込んで、自動車保険の節約
について説明したいと思います。

自動車保険の節約術として、私は通販型
自動車保険への切り替えをお勧めして
きました。

切り替えに当たって注意する点としての
通販型自動車保険のひな型についても
説明させていただきましたが、今日は
再度その点にスポットを当てたいと思い
ます。

「節約」という視点で自動車保険を捉えた時
何と言っても 「車両保険」をつけるかつけないかで
保険料が大きく違って きます。

一般的に、対人・対物は無制限
人身傷害は3,000万円から 5,000万円
で設定しています。
この点はほとんど全てのひとに当てはまるでしょう。

そして、通販型自動車保険で気を付けなくては
いけない点として、 車両保険のモデルケース(標準版)が
車対車A、免責金額5-10 になっている会社が
多いということです。



車対車Aでは自損事故は補償され ませんし
保険期間中1回目の事故時5万円
2回目の事故時 に10万円が自己負担になるということです。

これを一般条件に変えたり
1回目の事故時の自己負担を0 に変えた場合
保険料はそれなりに上がってしまいます。

それでも同じ条件なら2割以上
通販型自動車保険の方が安いことは
立証されています。

それではどこの通販型自動車保険を選んだら
いいかということですが

いろいろご自分で当たってみることを
お勧めします。

自分自身の勉強にもなり、案外面白い
かもしれません。

バックナンバー:自動車保険の仕組み


家計簿節約隊の節約術で節約出来たお金を貯金に回しましょう!


家計を助ける節約サイト
>


固定費の削減で節約効果バツグン(節約術→貯金)/家計を助ける節約サイト




節約術を大きく分けると
1回ないし定期的に見直し
を行うことにより効果が
上がるものと、毎日ないし
毎週きめ細かな実践を通して
効果が得られるものがあります。

前者の例を挙げると、保険・
住宅ローン・通信費等です。

後者の例としては、食料品費・
被服費・水道光熱費等です。

別な言い方をすれば前者を
固定費、後者を変動費とも
言います。

おさらいになりますが
今日は前者の保険・住宅
ローン・通信費、いわゆる
固定費についての節約術を
説明したいと思います。

何故なら、一度集中して
見直せば、その節約効果が
大きいからです。

私もこのブログで口酸っぱく
固定費の見直しを唱えて
来ました。


それでは個々の節約術について
このブログのバックナンバーを
参照しながら説明していきます。

1.保険
私は火災保険を除き保険は全て
通販でいいと思っています。
是非、参考までにお見積もりを
とってみたください。
バックナンバー:保険の見直し
バックナンバー:生命保険
バックナンバー:医療保険
バックナンバー:がん保険
バックナンバー:通販型自動車保険



2.住宅ローンの見直し
マイナス金利今、住宅ローンの見直しを
お勧めします。
バックナンバー:住宅ローンの見直し

3.通信費の削減
携帯・スマホの普及で家計費に占める
通信費の割合が昔よりも桁外れに高く
なっています。
バックナンバー:格安スマホ

効果があるのは間違いありません。
じっくりと立ち向かってはいかがですか。

家計簿節約隊の節約術で節約出来たお金を貯金に回しましょう!


家計を助ける節約サイト











ボーナスは住宅ローンの繰り上げ返済へ(家計簿節約術→貯金)/家計を助ける節約サイト





ボーナスが出て、ウハウハのご家庭
も多くいらっしゃると思います。

使い道をあらかじめ決めていらっしゃる
ご家庭もあると思いますが、使い道
として最強の方法をお話しします。

それは「住宅ローンを減らす」使い道
です。

なあんだ、また住宅ローン?

そうです。
3日前にアップした「住宅ローンの
見直し」の続きです。

今日は「繰り上げ返済」について
詳しく考えて行きたいと思います。

繰り上げ返済とは毎回の返済とは別に
先々の返済分を前倒して返済すること
です。

当然、繰り上げ返済した分は元金の
返済に回るので借入金は減少し、かつ
利息も連動して減ります。

考えてみる価値は十分あると思います。



繰り上げ返済には2種類あります。

「返済期間短縮型」と「返済額軽減型」
です。

返済期間短縮型は繰り上げ返済した
分、毎回の返済額は変わらず、返済
期間が短くなり、返済額軽減型は
返済期間は変わらず、毎回の返済額
が少なくなります。

節約効果としては返済期間短縮型
の方が返済額軽減型より大きい
のは前述した通りです。

但し、どちらを選ぶかは各家庭の
経済状況等に応じて選んだ方が
好ましいです。

諸々の事情で返済が苦しくなるのが
分かっているなら、返済額軽減型を
選べれた方がいいに決まっています。

勿論、手元資金の厳しい人は
貯金に回した方がいいのは言う
までもありません。

バックナンバー:住宅ローンの見直し


家計簿節約隊の節約術で節約出来たお金を貯金に回しましょう!

家計を助ける節約サイト

家族全員参加で節約術の実践を!(家計簿節約術→貯金)家計を助ける節約サイト



ゴールデンウイークもいよいよ終盤に入って来ました。

このゴールデンウイークの間、皆さんの財布のひもはいかがでしたか?

緩みっぱなしということはなかったですか?

さあ、月曜日から節約術を駆使し、また貯金作りに精を出しましょう。

節約が進む方策のひとつとして、家族全員に協力してもらうということを

以前述べましたが、今日はそことについて、より詳しく説明したいと思います。

このことも、企業でよく言う「全員参加型経営」という手法に通じます。

企業では会社の目標を達成させるために従業員の協力が不可欠です。

そこで、会社は会社との一体感を従業員に持ってもらうため、会社の計画

から従業員が参加出来るシステムを構築し、社員の動機付けに役立てています。

それにより、一部の経営者のみが会社の現状を知っている会社に比べ

従業員の働き方もより前向きになり、目標達成が容易になるということです。

これを家庭に応用することが出来たなら、節約術もはかどり、より大きな成果

を上げることが出来るのではないでしょうか。

実際に家族会議では、企業でやっていることと同じPLAN・DO・SEEのサイクル

に従って運営を行います。





1.PLAN
諸々の節約術をこのブログをもとに実践計画を立てます。
①この計画を実行・実践する責任者と実践メンバーを決めます。
例えば、保険の見直しはお父さんとお母さん、水道光熱費の節約は責任者は
お母さんで実践者は家族全員といった具合です。
②節約の目標金額を決めます。
金額が年間で定まるものは年間金額。月単位で定まるものは月毎に決めます。

2.DO
計画に従い各節約術を実践します。

3.SEE
月単位で家族会議を開き、ここまで実践してきた節約術の成果を具体的な金額で
確認し、次のステップに進むための提案等を行います。

こういう風に書くと、何だ随分堅苦しいと思われる人もいると思いますが、一度

ご家族を集めてやってみてはいかがでしょうか。

節約術は目的ではなく、あくまでも手段です。

節約術で生み出したお金も手段です。

目的は家族の幸せです。

家族全員が不幸せな思いをしないために節約術があるのです。

家計簿節約隊の節約術で節約出来たお金を貯金に回しましょう!


家計を助ける節約サイト


家計のキャッシュフロー表(家計簿節約術→貯金)家計を助ける節約サイト



皆さんはキャッシュフロー表ってご存知ですか?

会社に勤めている方または会社に勤めたことのある方なら

ご存知だとおもいます。

簡単に言いますと、現金ベースで収入や支出を記載し、お金

の流れを見るものです。

これを家計にも応用してみては?というのが今日の節約術の

テーマです。

このブログでも度々紹介しましたが、、各年代別に見て見ても

意外と貯金の出来てない方がいらっしゃいます。

家計のキャッシュフロー表を作ることで、貯金の必要性に気付いて

欲しいです。

このキャッシュフロー表の使い道は2つあります。

1つは、ご主人ないし奥さんが65歳になるまでの長期(1年単位)

のもの、もうひとつは1年毎の予実(予算と実績)対比です。






以下がキャッシュフロー表の項目です。

・収入  夫の手取り年収+妻の手取り年収+その他の年収
・支出  生活費+住居費+教育費+冠婚葬祭費
*生活費は食費、日用品費、通信費、交通費等わかる範囲で細分化
してください。
・貯蓄  収入-支出

です。

これを作ることにより、いつまとまったお金が必要になるか、具体

的にわかるので、長期に亘りそれに備えることが出来ます。

それと、これを作っている最中に自分の家の家計の問題点が把握

出来るようになり、節約ポイントを捉えることが出来ます。

例えば住居費が高すぎるとか。

私自信の経験によると、50歳までの間に1度だけ赤字に陥りました。

次女の大学入学時です。

長女がまだ大学生だったので、正直しんどかったです。

我が家もそういう経緯を経て節約術を真剣に実践するようになりました。

いかがですか、皆さんも早速キャッシュフロー表を作ってみてはいかが

ですか?

家計簿節約隊の節約術で節約出来たお金を貯金に回しましょう!


家計を助ける節約サイト




プロフィール

長年企業のコストダウンの旗振り役を担い、ミスターコストダウンと呼ばれた経験と知識を家庭の節約術に応用し、節約出来たお金を貯金に回せるようにしたい。

スコーピオンZ

Author:スコーピオンZ
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム