家計簿節約隊の節約術で貯金を増やそう!
家計費を節約するための節約術を通して預金の増やし方をお教えします。

ポケモンGOと個人賠償責任保険(節約術→貯金)/家計を助ける節約サイト




「ポケモンGO」が日本に上陸し
熱中のあまり人にぶつかる事故が
各地で起っているいるようですが
皆さんは「個人賠償責任保険」という
保険をご存知ですか?


ある保険会社のパンフレットに書かれて
いる説明文を引用させていただくと

「記名被保険者やその家族等が国内外での
以下のような事故により、他人のケガ等を
させたり、他人の財物を壊して法律上の損害賠償責任
を負う場合に、1事故について保険金額を限度に
保険金をお支払いいたします。

とあります。

・日常生活に起因する偶然な事故

または

・記名被保険者が居住に使用する住宅の所有
使用または管理に起因する 偶然な事故

が原因で賠償責任が生じた場合に支払われる
保険ということです。




この保険は、今はこの保険単独では加入することが
出来なく、火災保険や自動車保険の特約として入る
ことが出来ます。

保険料も保険金額無制限でも年額2,000円弱と
お安くなっています。




何故この話をしているかと言えば、「ポケモンGO}
ではありませんが、以前この保険に入っていて
良かったという、身近な事例が起こったからです。


友人の子供が、自転車で公道を走っていて
対向の自転車を避けようとしてハンドルを切り損ね
歩行者に接触してしまいケガを負わせてしまいました。

そして、ケガをされた方から、治療代等を請求されて
しまいました。

友人はマンション住まいなので
階下への水漏れ事故を心配して火災保険に
特約として「個人賠償責任保険」を付けていたので
全額その保険でカバーすることが出来
大変助かったと言ってました。



因みに子供もケガをし、その治療代は
自動車保険の人身傷害保険を使うことが
出来たそうです。

人身傷害保険も「搭乗中のみ」とか制限を加えず
交通事故全般にしておくと上記の事故の場合も
使うことが出来ます。


話を「個人賠償責任保険」に戻しますが

この特約は、事故で自分とその家族が他人から
損害賠償を請求された場合に支払われる保険です。

自動車事故だけではなく、日常生活に起因する
事故を補償してくれますので補償範囲は存外広い
ですので、検討の価値はあると思います。

家計簿節約隊の節約術で節約出来たお金を貯金に回しましょう!

家計を助ける節約サイト

認知症の方の個人賠償責任保険(家計簿節約術→貯金)家計を助ける節約サイト


先日、認知症の方の監督責任の有無が問われた裁判の判決が

話題になりましたが、他人事とは思えないと感じた方も大勢いた

のではないでしょうか?


このブログでも取り上げましたが、民法上の賠償責任を負った時

頼りになるのが「個人賠償責任保険」です。

月額200円弱で「火災保険」等に特約として付けることが出来る

保険で、自分ないし同居の家族が民法上の損害賠償を負い

被害者の身体や財産に損害を生じさせた場合に保険金が

支払われるものです。

自転車による事故などもこれでカバーすることが出来ます。



先の認知症の方のケースは鉄道会社から請求された賠償金の内容が

振替輸送費や人件費といった増分費用であったため、誰の

身体も財産も損害を生じさせていないので、「個人賠償責任保険」

は使えません。

念のため「個人賠償責任保険」が認知症の家族にも適用されるかは

保険会社に確認された方がいいと思います。

勉強になると思います。↓リンクを貼っておきます。
バックナンバー:個人賠償責任保険

家計簿節約隊の節約術で節約出来たお金を貯金に回しましょう!

家計を助ける節約サイト







自転車のマナー違反罰則強化(家計簿節約術→貯金)家計を助ける節約サイト


自転車のマナー違反?に対する罰則が6月1日(月)より強化されます。

そのことを伝えていたテレビの報道番組を見て、ここ数年自転車の事故

が増えていることに、あらためて気づかされました。





自転車に乗っている皆さん!

ちゃんと自転車保険ないし「個人賠償責任保険」に入っていますか?

この保険、まさかの時に必ず役に立ちます。

「個人賠償責任保険」は火災保険ないし自動車保険の特約として

入ることが出来ます。

それに、家族全員が対象になり、保険料が月200円程度です。

無駄な出費に備えるのも家計簿の節約には大切なことだと思います。

この後、私のブログの自転車事故のおさらいです。


「個人賠償責任保険」の活用事例


会社の同僚の奥さんが、自転車で商店街から公道に出ようとしたところ

右側から徐行してきた自動車とぶつかってしまいました。

車はすぐに停車しましたが、自転車は前輪を軽くぶつけられ、その調子に

奥さんは自転車とともに車にぶつかるように倒れてしまいました。

幸い、奥さんのケガは擦り傷程度でたいしたことはなく、自転車も修理出来る

程度の損傷で済みました。

ところが、倒れた調子に相手の自動車を少しだけ傷つけてしまいました。


この場合奥さんの過失割合は発生するのでしょうか ?




答えは発生する場合があります。

勿論、相手は自動車保険に入っているので、奥さんへの補償と自転車の修理費用

について過失割合分の保険を使えます。

それでは奥さんはどうでしょう?

旦那さんの自動車保険を使えるでしょうか?

残念ながら答えはNOです。

旦那さんの自動車保険の人身傷害は「自動車搭乗中のみ」にしているので

この場合、奥さんのケガは補償されません。

それでは、相手の自動車の修理代はどうでしょう?

相手の車の修理代は旦那さんの自動車保険ではなく、特約

で入っていた 「個人賠償責任保険」で補償されます。


この特約は、事故で自分とその家族が他人から損害賠償を請求された場合に

支払われる保険です。

自動車事故だけではなく、日常生活に起因する事故を補償してくれますので

是非加入をおすすめします。


同僚曰く「個人賠償責任保険に入っていて、本当に助かったよ。

今度保険を見直しをして、人身傷害保険の「自動車搭乗中のみ」を外したよ。

家内だけではなく、子供も結構自転車を使うのでね」

家計簿節約隊の節約術で出来たお金を貯金に回しましょう!


家計を助ける節約サイト



個人賠償責任の実例(家計簿節約術→貯金)




このブログで以前説明した「個人賠償責任保険」の活用事例

が出てきたので、あらためてこの特約の必要性を強調させてもらいます。


会社の同僚の奥さんが、自転車で商店街から公道に出ようとしたところ

右側から徐行してきた自動車とぶつかってしまいました。

車はすぐに停車しましたが、自転車は前輪を軽くぶつけられ、その調子に

奥さんは自転車とともに車にぶつかるように倒れてしまいました。

幸い、奥さんのケガは擦り傷程度でたいしたことはなく、自転車も修理出来る

程度の損傷で済みました。

ところが、倒れた調子に相手の自動車を少しだけ傷つけてしまいました。


この場合奥さんの過失割合は発生するのでしょうか ?

答えは発生する場合があります。

勿論、相手は自動車保険に入っているので、奥さんへの補償と自転車の修理費用

について過失割合分の保険を使えます。

それでは奥さんはどうでしょう?

旦那さんの自動車保険を使えるでしょうか?

残念ながら答えはNOです。

旦那さんの自動車保険の人身傷害は「自動車搭乗中のみ」にしているので

この場合、奥さんのケガは補償されません。

それでは、相手の自動車の修理代はどうでしょう?

相手の車の修理代は旦那さんの自動車保険ではなく、特約

で入っていた 「個人賠償責任保険」で補償されます。




この特約は、事故で自分とその家族が他人から損害賠償を請求された場合に

支払われる保険です。

自動車事故だけではなく、日常生活に起因する事故を補償してくれますので

是非加入をおすすめします。

保険料も月額150円位なので入り易いと思います。


同僚曰く「個人賠償責任保険に入っていて、本当に助かったよ。

今度保険を見直しをして、人身傷害保険の「自動車搭乗中のみ」を外したよ。

家内だけではなく、子供も結構自転車を使うのでね」


皆さんも参考にしてください。

家計簿節約隊の節約術で出来たお金を貯金に回しましょう!



個人賠償責任保険が役立った(家計簿節約術→貯金)



皆さんは「個人賠償責任保険」という保険をご存知ですか?





ある保険会社のパンフレットに書かれている説明文を引用させていただくと

「記名被保険者やその家族等が国内外での以下のような事故により、

他人のケガ等をさせたり、他人の財物を壊して法律上の損害賠償責任

を負う場合に、1事故について保険金額を限度に保険金をお支払いいたします。

・日常生活に起因する偶然な事故

・記名被保険者が居住に使用する住宅の所有、使用または管理に起因する

 偶然な事故」

とあります。


この保険は、今はこの保険単独では加入することが出来なく、火災保険や

自動車保険の特約として入ることが出来ます。

保険料も保険金額無制限でも年額2,000円弱とお安くなっています。

何故この話をしているかと言えば、つい最近この保険に入っていて良かった

という、身近な事例が起こったからです。


友人の子供が、自転車で公道を走っていて、対向の自転車を避けようとして

ハンドルを切り損ね、歩行者に接触してしまいケガを負わせてしまいました。

そして、ケガをされた方から、治療代等を請求されてしまいました。

友人はマンション住まいなので、階下への水漏れ事故を心配して火災保険に

特約として「個人賠償責任保険」を付けていたので、全額その保険でカバー

することが出来、大変助かったと言ってました。




因みに子供もケガをし、その治療代は自動車保険の人身傷害保険を使うことが

出来たそうです。

人身傷害保険も「搭乗中のみ」とか制限を加えず、交通事故全般にしておくと

上記の事故の場合も使うことが出来ます。


話を「個人賠償責任保険」に戻しますが

この特約は、事故で自分とその家族が他人から損害賠償を請求された場合に

支払われる保険です。

自動車事故だけではなく、日常生活に起因する事故を補償してくれますので

補償範囲は存外広いですので、検討の価値はあると思います。

家計簿節約隊の節約術で出来たお金を貯金に回しましょう!



プロフィール

長年企業のコストダウンの旗振り役を担い、ミスターコストダウンと呼ばれた経験と知識を家庭の節約術に応用し、節約出来たお金を貯金に回せるようにしたい。

スコーピオンZ

Author:スコーピオンZ
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム