家計簿節約隊の節約術で貯金を増やそう!
家計費を節約するための節約術を通して預金の増やし方をお教えします。

老後に必要な資金は3000万円、それとも1600万円(節約術→貯金)

以前このブログでも記事にさせていただきましたが、生命保険文化センターがおこなった「生活保障に関する調査」(平成28年度)によると、ゆとりある老後の必要資金は34.9万円であった。



仮に90歳まで老後の生活があると仮定し、その前提で計算するとこのようになる。

35万円(一ヶ月の生活費)×12ヶ月=420万円(1年間に必要なゆとりある老後生活資金)420万円×26年間(65歳から90歳まで)=1億920万円(老後必要なゆとりある生活資金)

もう皆さんご承知のように、これは支出だけ並べているだけで、収入が一切考慮されていません。

ゆとりある老後を送るには月々約35万円必要だと言うが、えっと思われている方が多いのではないか?

手取り35万円で、教育費やローンを抱えながら、立派に家計を成り立たせているご家庭は5万といるはずです。

では夫婦2人で最低必要な生活費はいくらなのでしょう?

同じく生命保険文化センターの調査では22万円とあります。

この金額だと頷けます。

この場合、22万円×12ヶ月=264万円 264万円×26年間=6864万円となります。



次に収入の年金です。

厚生労働省の「国民生活基礎調査」(2015年)によると、平均総所得は年間297.3万円となっていますが、年金収入は67.6%の200.6万円のみだということです。

200.6万円×26年間=5216万円

すなわち、収入5216万円ー支出6864万円=必要資金1648円

以上の前提のご家庭では、老後のための必要資金は約1600万円となります。

いかがですか、漠然と不安を抱くより、あなたもご自分を例にとりこのようにシミュレーションしてはいかがですか?

節約過ぎて万一の時の備えまで削ってたりしないだろうか

昨日の朝日新聞のコラムに節約系の記事が掲載されていた。




このご時世何かと節約にはいらなくてはいけないと思うが、走り過ぎて万一の時の備えまで削ってたりしていないだろうかという投げかけであった。

万一の備えとは言うまでもなく保険である。

備えとして種類を3つに分けている。

即ち、体、もの、賠償である。

体に対する保険としては、生命保険、医療保険、傷害保険等がある。
バックナンバー:生命保険
バックナンバー:医療保険
バックナンバー:がん保険


ものに対する保険としては、火災保険、地震保険等がある。
バックナンバー:火災保険
バックナンバー:地震保険


賠償に対する保険としては、そのままズバリ賠償責任保険がある。
バックナンバー:個人賠償責任保険

勿論、保険を無条件に掛けろと言っているのではなく、公的支援と合わせて考えた方がいいとアドバイスを送っている。

体に対する公的支援は、特に厚生年金に加入している人にはかなり厚い。

それに引き換え、ものに対する公的支援はかなり薄い。

それ故、ものに対する保険はしっかりと入っておいた方がいい。

火災保険、地震保険等である。

特に家が燃えてしまった場合、公的支援はほとんど期待出来ない。

今の時代、損害賠償保険も不可欠である。

この種のものに対する公的支援はないに等しい。

節約過ぎて、万一の時に泣かないようにしましょうということ。

今日のmsnマネーの記事 「1000万円貯めている人」はむやみに怒らない」について

この記事を読んで思いついたのが「金持ち喧嘩せず」という言葉です。




金持ちは心に余裕があるから起こることも少なく、それゆえ他人と喧嘩する必要がないということだと思います。

このmsnマネーでは、比較的若い女性たちをインタビューした時に感じたことを書かれていますが、貯蓄がしっかりあり、余裕があるから笑顔なのか、それとも心が落ち着いていて笑顔が多いから、ストレスがたまらずにお金が貯まるのか……。

まるで“鶏と卵”の関係のようではありますが、貯蓄と笑顔は密接につながっているよう。

“あまり怒らずに笑顔でいること”は、お金が貯まる要因になると筆者は感じています。

とまとめられています。

少しこじつけている感も否めませんが、まさしく「笑う門には福きたる」ですね。



ここからは少し話を変えて、何故お金があるといいのかをあらためて考えていきたいと思います。

それは、お金があると人生の選択肢が広がるからです。

住まいの選択を例に挙げます。

①現役時代は賃貸暮らしで老後は実家へ

②一生賃貸で暮らし続ける

③現役時代にローンで家を買う

④現役時代は賃貸、老後に全額現金で家を一括購入

⑤現役時代は実家、老後に全額現金で家を一括購入

人生、上の5つのケースに分けられると思います。

それぞれメリット、デメリットがあると思いますが、お金があると当たり前ながら、どのケースにも対応出来ます。

勿論、お勧めはというと、④の「現役時代は賃貸、老後に全額現金で一括購入」です。

②の「一生賃貸」はお金があっても、家が借りにくくなるリスクがあり③の「現役時代にローンで家を買う」は家庭の事情、特にライフスタイルの変化で増改築や住み替えが必要になるリスクを伴うからです。

その点④は、老後のライフスタイルが確定した段階で、それまで貯めたお金で現金一括購入すれば、住居費0の理想の老後生活が送れることになります。

これもお金があって出来ることなのです。

是非、若い時から節約くせを付けることをお勧めします。

因みに、60歳で2,000万円の家を購入するとしたら、30歳~毎月6万円、35歳~7万円、40歳~8万円の貯金が必要になります。

若い時はいざ知らず、年老いてからは笑顔で暮らしたいものです。




中村獅童が肺線がんであることを告白した がん保険は必要か?




俳優で歌舞伎役者の中村獅童が肺線がんであることを告白した。

幸運にも初期であったとのことで、手術で治るとのこと。結構なことである。

肺線がんとは耳慣れないがんであるが、何でも4つに分類される肺がん一種で、最も一般的なタイプのがんであり、血液が酸素取り込む肺胞に出来る。

タバコを吸わない人でも出来るというからやっかいである。

中村獅童氏も人間ドックで発見されたとのこと、40代以上の方は気をつけないといけない。

因みに、話題の新薬オプジーボは効果絶大とのことだが、半額になるとは言え、2千万円近くするというのであるから、一般人には手が届かない。

それでは、一般のがん保険はどうであろう。

がん保険の魅力は何と言ってもがん診断給付金だ。

がんと診断されたなら、一時金として100万円単位で支給される。

その他、手術給付金と入院給付金がセットになっているケースがほとんどだ。

保険料は20代に加入すれば月額2000円から3000円で済むが、年齢を重ねるにつれ保険料は高くなり、60を過ぎれば月額10000円を越してしまうので、入るなら若いうちということになる。

2人に1人ががんになると言われる時代にあって、がんがますます身近になってきた。

もう少しがん保険について知りたいと思う方は下記をクリックしてください。
バックナンバー:がん保険は若い時から入った方がいい


夏のボーナスの使い方 住宅ローンの繰り上げ返済へ(節約術→貯金)




ちょっと気が早いですが、夏のボーナスの使い方です。

ブログで自分の家の家計簿を紹介している人達が多くいらっしゃいますが、やはり住宅ローンは家計費の中でもかなりのウエイトを占め、金額も50,000円~80,000円といった具合に高額です。

住宅ローンの節約術としては2つの方法があります。
繰り上げ返済とローンの借り換えです。

今度のボーナスでの繰り上げ返済をお勧めします。

1.繰り上げ返済
繰上げ返済とは毎月の返済とは別に元金の一部を返済することです。
これにより返済した元金に当たる分の利息を節約出来ます。
繰り上げ返済には、返済期間を短縮する「期間短縮型」と毎月の返済額を減らす「返済額軽減型」がありますが、利息を減らす効果は「期間短縮型」の方が高いです。

ではどの位効果があるか見てみましょう。

借入金3,000万円 当初の返済期間35年 金利2% ボーナス時の返済無しの場合です。
10年後に300万円繰り上げ返済すると、「期間短縮型」で返済期間を4年短縮出来、総利息額は約170万円の節約となり 「返済額軽減型」では毎月返済額を12,000円ほど減らせ、総利息額は約80万円の節約となります。

もうひとつ大切な事として、繰り上げ返済は早くこまめにすることがお得です。
10年後に300万円より、5年後150万円で10年後150万円の方が20万円ほどお得になります。



夏のボーナスには繰り上げ返済をお勧めしますが、参考まで借り換えについても触れておきます。
2.借り換え
借り換えのメリットは上述の繰り上げ返済には及ばないまでも、繰り入れ返済資金
のない人には有効な方法です。

上記と同じ3,000万円の借入金で金利差0.5%、残りの借入期間25年とした場合
180万円近く利息額が浮くことになります。
但し、登記の手数料等が60万円ほどかかりますので、
ネットで120万円とこでしょう。
月額4,000円の削減になります。


それでは借り換えを行うのに最適な金融機関はどこでしょう。
次の3点を考慮に入れて選んで下さい。

①保証料がかからない。
保証料を金利に置き換えると0.2%位になります。
保証料のかからない金融機関をお選びください。

②繰り上げ返済をするのに金額等の制限がない。
ネットからでもいくらからでも返済が出来、どこのATMからも手数料
がかからない金融機関がいいですね。

③フラット35への借り換え
今話題のフラット35ですが、これは「団信」が0,3%位かかるので、
下手をすると金利差を打ち消してはしまうので注意を要します。
ネットで「住宅ローン借り換えランキング」が掲載されているので

以上の点に御注意され参照してください。

この節約術で出来たお金を貯金に回しましょう!




プロフィール

長年企業のコストダウンの旗振り役を担い、ミスターコストダウンと呼ばれた経験と知識を家庭の節約術に応用し、節約出来たお金を貯金に回せるようにしたい。

スコーピオンZ

Author:スコーピオンZ
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム